斎藤工、山田裕貴、清水尋也、本木雅弘、ダークトーンコーデで一層男らしく!【ファッションチェック】

黒やネイビーなどの暗い色でまとめたダークトーンコーデは、重厚感があるうえ上品な印象を与え、芸能界のイケメンたちをより男前に見せる。そこで、ダークトーンでまとめた4人のスタイルをチェックしてみよう。

山田裕貴 首周りのスタイリングに注目

山田裕貴

山田裕貴は、ネイビーのツーピースを華麗に着こなした。

山田裕貴

光沢感があるベルベット素材のツーピースは、とてもラグジュアリー。上下ともにあえてオーバーサイズにすることで、存在感もアップしていた。中に合わせた白シャツで明るいトーンも加えているため、野暮ったく見えないのもポイントだ。シャツを一番上まで留めつつもノータイにして、首周りはスッキリ。ジャケットもノーカラーだ。

山田裕貴、奈緒

山田、奈緒(左から)

山田は、奈緒らとともに「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーに出席。「ニューウェーブアワード」を受賞した。(9月18日)

→ノータイでカジュアルにまとめた伊藤健太郎はコチラ

清水尋也 カッチリとアクティブがキレイに融合

清水尋也

清水尋也は、濃淡の異なるネイビーでコーディネート。

清水尋也

上半身は黒地の柄シャツの上から濃いネイビーのウールジャケットを羽織り、少しかっちりと。ボトムはワントーン明るいネイビーのワークパンツを合わせ、アクティブに見せた。一見アンバランスな組み合わせだが、色を揃えることでごちゃごちゃせずシックな印象になっている。

清水尋也

映画『甘いお酒でうがい』(公開中)の舞台挨拶に登壇した清水。松雪泰子演じる主人公・川嶋佳子が思いを寄せる年下男子・岡本くんを演じた。(9月26日)

→柄シャツをインナーにした吉沢亮はコチラ

本木雅弘 考え抜かれたバランスがキモ

本木雅弘

深い紫のスリーピースで登場した本木雅弘。

本木雅弘

比較的珍しい色合いで着こなしが難しそうだが、本木がまとうとバッチリ決まる。ネクタイの柄にも紫を入れ、さり気なく統一感を出しているのもニクい。また、ワンボタンのジャケットだから胸元のVラインが大きく開き、中のジレがちゃんと露出。細部のバランスも考え抜かれたコーデになっていた。

本木雅弘

「JR東海」の新CM発表会に出席した本木。「筋書きのない撮影だったので、できるだけ自然にリアクションしました」とCM撮影の裏側を語った。(9月25日)

→ダークブラウンのスリーピースを着た岩田剛典はコチラ

斎藤工 個性派シルエットのシャツがコーデの主役

斎藤工

頭から爪先まで黒1色でまとめた斎藤工。

斎藤工

胸元を飾る花以外は、帽子、靴、ピアス、入退場時につけていたマスクに至るまですべて黒というスタイル。主役となったロング丈のシャツは、左サイドだけが長く垂れ下がっているアシンメトリーなデザインで、チムニーカラーも印象的。個性的なシルエットに仕上げていた。大きなベレーも存在感大。

斎藤工

“映画監督・齊藤工”として「第42回ぴあフィルムフェスティバル」の最終審査員を務める彼。この日は「PFFアワード2020」表彰式に出席し、監督たちにエールを送った。(9月25日)

→センス炸裂! 斎藤工の個性派コーデ集はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、平野哲郎、浅野剛、小彼英一

関連記事