仕込みチーク、化粧直しに幅広く活躍!3色セットのカラーコンシーラー【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、チークやコンシーラーに使える3色セットのカラーコンシーラーを教えてくれました。

3色カラーパレットを手にした山本浩未さん

化粧直しにも使える優秀パレット!

* * *

頬に薄く広く「ムードカラー」を仕込んで血色感と立体感をプラス

1950年代頃まで、頬紅は頰全体に薄く塗っていました。いまも和装の花嫁さんメイクに、ちょっとその名残がありますよね。実は肌がくすんできた大人は、頬紅を広く入れると血色がよく見えるんです。顔色がパッと明るくなるし、顔立ちに立体感もプラスされます。

いわゆるチークの入れ方とは違って、ベースメイクの下にさりげなく忍ばせておくといいのですが、濃すぎると野暮ったくなっちゃうし、薄いと効果が出ない。テクニックが必要なので、なかなかおすすめはできなかったんです。そうしたら最近、これが簡単にできるアイテムが登場! セルヴォークの『ムード パレット』です。

赤っぽいムードカラーとライトファンデーション、ハイカバーコンシーラーがセットになったパレットで、ポイントは透明感や血色感を仕込んでくれるムードカラー。いわゆるチークって色がはっきりしてますが、ムードカラーは、まさに血色の「ムード」をかもし出してくれるんです。

素材にツヤ感のあるオイルや、頬が上気したように染まる色材を使用。この質感や色みもイマドキ。ピンク系とパープル系のふたつの色みがあって、リアル大人の方におすすめなのはくすみをカバーし、透明感の出るパープルです。

指の腹で広めにつけるだけでほどよい血色とツヤ感が

つけ方は、頰に指先でトントントンといつもより広めにつけるだけ。ブラシもセットされていますが、広めにつけたいので、ぜひ指の腹で! いい意味ではっきり色がつかないから「ここにこう入れなきゃ」というルールや「忍ばせる」っていうテクなしで、まるで仕込んだように発色してくれるんです。

ライトファンデーションは、ムードカラーの輪郭に薄く重ねると肌の血色や仕込みチークが絶妙に活きる、薄づきのファンデーション。ツヤ感があって、日中のメイク直しにも便利。小鼻の周りなどにくすみや赤みが出てきたら、これで簡単に直せます。

ハイカバーコンシーラーは、グロスなどに使われる高密着オイルを配合。抜群のカバー力と肌なじみで、シミやニキビ痕もしっかりカバーしてくれます。朝のメイクで活躍するのはもちろん、このパレットが1つあるとメイク直しで清潔感がすぐに取り戻せる点も優秀です。

きっちりきれいにするというより、きれいな雰囲気を出してくれるのもいまっぽい。程よくツヤがあって、乾いた肌にもフィットしやすいテクスチャーと、大人の「欲しい」が詰まっているから、ポーチに入れておくとすごく便利! あるようでなかったおすすめのアイテムです。

『ムード パレット』の使い方

3色カラーパレットを手にした山本浩未さん

【1】メイクができたところにいちばん下のチークをつかう。

頬にチークを叩きこむ山本さん

【2】黒目の下、小鼻の横からつけ始めて、指でトントンと放射状に広げていく。

【3】目の下の陰には真ん中のファンデーションを丸筆で隠す。最後に、いちばん上のコンシーラーでシミをカバー。

詳しいやり方はコチラの動画をチェック!

ムードを仕込む3色セットのカラーコンシーラー

セルヴォーク ムード パレット 02

上からムードカラー、ライトファンデーション、ハイカバーコンシーラーをセット。浩未さんおすすめの色みは、くすみをカバーしやすいパープル系の02番。ムード パレット 02 4000円/セルヴォーク 電話:03-3261-2892

※女性セブン2020年10月8日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『たるみはメイクでなくせます!「3本の線」で顔を建て直す』(小学館)も好評。

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事