佳子さま、リモートファッションで選ばれた鮮やか「ロイヤルブルー」

秋篠宮家の次女佳子さまが鮮やかなブルーのファッションをお見せになられた。9月27日、赤坂御用地の宮邸で、鳥取県で開催された第7回「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」をオンラインで視聴された。この大会に例年、出席されている佳子さまも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、インターネットでのご参加となった。

開会式では、佳子さまが寄せたビデオメッセージが流された。佳子さまは、新型コロナによる影響に触れ「さまざまな工夫をこらし、新しい形の手話パフォーマンス甲子園に向けて尽力された皆さまに、深く敬意を表します」と手話を交えて挨拶された。

洗練されたロイヤルブルーのスーツ

9月27日、赤坂御用地の宮邸で、鳥取県で開催された第7回「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」をオンラインで視聴された佳子さま

佳子さまがお召しになったのはロイヤルブルーのスーツ。胸元から同じブルーのインナーがのぞくことから、ツーピースのようだ。ロイヤルブルーは、簡単に言えば濃い青で、わずかに紫みを帯びていることもあり、まとうだけでどこか高貴な雰囲気を漂う。

→眞子さま佳子さまのキュートな帽子スタイルはコチラ

秋色トップスではなく“映えトップス”でリモートワークに

9月27日、赤坂御用地の宮邸で、鳥取県で開催された第7回「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」をオンラインで視聴された佳子さま

季節はすっかり秋だが、リモートファッションはブラウンなどのこっくりカラーよりも“映えトップス”がおしゃれをアピールするカギとなる。品よく、華やかなロイヤルブルーのジャケットは、まさしくリモートワークファッションとして好感度高めと言える。

→【写真5枚】アナ雪をイメージ?眞子さま、佳子さまの“リンクコーデ”はコチラ

パールアクセで艶っぽく

9月27日、赤坂御用地の宮邸で、鳥取県で開催された第7回「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」をオンラインで視聴された佳子さま

アクセサリーには、ロイヤルブルーと相性バツグンのパールアクセをセレクト。リモートワークでもきちんと存在感のあるアクセサリーをつけることで、気持ちも姿勢も緩まず美しいたたずまいになることがわかる。

→佳子さまの可憐で清楚な“白”の着こなし術はコチラ

ハーフアップで顔の輪郭をくっきりシャープに

9月27日、赤坂御用地の宮邸で、鳥取県で開催された第7回「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」をオンラインで視聴された佳子さま

ヘアスタイルにも注目してみよう。まず目に留まるのは、そのツヤ。随所にツヤが見て取れ、美髪だということがわかる。さらには、ハーフアップにすることで、画面越しでも表情が陰ることなく、かつおろした髪のおかげで、フェイスラインがくっきりとシャープに見える。

→【写真8枚】眞子さま、佳子さまのノーブル&ラブリーファッション競艶はコチラ

写真提供/宮内庁

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピース

→眞子さま、佳子さまの貴重なカジュアルファッション集はコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

関連記事