63歳オバ記者、仕えている代議士が副大臣に!野菜マシマシ料理にもつながった出会いを振り返る

ここ最近の当連載では毎朝ゆで卵3個食べるダイエットについてお伝えしてきたが、今回は菅内閣に関する話を少しだけ。なぜオバ記者が新内閣と関係あるのかというと…連載214回目となる今回は、”ひょんな出会い”について。

* * *

「私の人生、”ひょんな出会い”だらけ」

オバ記者

「オバってさ、“ひょんな出会い”が多くない? しかも、その“ひょん”がでかい」と言ったのはライターの氏家裕子さん(35才)。以前、『女性セブン』の企画で、“オバコバセブン”というコンビを組んで、お笑い芸人の登竜門『キングオブコント』に挑戦したことがあって、そのときの相方だ。彼女はライターになる前は、ホリプロ所属の芸人をしていたので、その経歴にのっかったわけ。

そういわわれてみれば、私の人生、“ひょん”だらけかも。中でもいちばんデカい“ひょん”が今のアルバイトだ。今回はその話。

政治家のパーティーへのお誘いがきっかけ

国会議事堂
私の古くからの男友達にI氏(72才)というパーティーピーポーがいる。年に数回、朝早くから「ぼんじゅーる、ぼんじゅーる、まどもあぜーる」とふざけた電話がかかってきて、ここ数年の用事はたいがい、政治家のパーティーに同行しないかということ。

政治に特別な興味はないけど、どんな人が何をしているのかは興味がある。それに会場が有名ホテルなら、美味しいものが出るかも。それで何回か誘われるがまま、ごちそうになっていた。

あれは、一昨年の春のこと。例によって早朝の電話で、「今日さ、私の誕生日パーティーを帝国ホテルでするので会計担当、お願い。ヒロコちゃんも会費、払ってね」だって。出たぁ~、さすがI氏。怪しいと思っていたんだよねー。断りにくい状況をちゃんと作っているんだ。で、しぶしぶ出かけたんだけど人生、何があるかわかんないね。この誕生日会が、“ひょん”の始まりだったの。

茨城なまりで話しかけてきた人は…

オバ記者

オバ記者の地元の農場

誕生日会が始まってすぐ「今日は国会議員が来て、政治情勢を話してくれることになってんのよ」とI氏が言い終わらないうちに、「こんばんは~」。どこかで聞き覚えのあるイントネーションだ。

「あ、そういえば田所さんは茨城の水戸でしたよね?」とI氏。「水戸なら藩が違います。私は”佐竹藩”ですから」と私がいうと、「茨城はどこですか?」。「桜川市です」を答えると「桜川はどこですか?」。なまったった言葉で畳みかけてくるではないの。

いやいや、こんなビックリしたことはないね。田所嘉徳氏(66才)は、うちの実家がある茨城1区の代議士で、しかも、学校は違うけど私と同じ農業高校卒だっていうんだもの。共通の知り合いの名前が次から次に出てくる。

「私にお手伝いできることがあれば」

オバ記者
ちなみに東京生まれのパーティーピーポーI氏と田所氏が知り合ったのは数か月前の政治家のパーティーだそう。衆議院議員は465人、参議院議員は245人で、国会議員と呼ばれる人は710人いるんだよ。それが、よりにもよって、お江戸のど真ん中、帝国ホテルで、私の前に現れた。国会議員にインタビューをしたことはあるけど、プライベートで話したのは田所氏が初めてだ。

「珍しいこともあるもんだね~」と田所氏。「運命ですよね~。私、お手伝いできること、きっとあると思う」とまあ、私から売り込んだわけ。

それから、ライター仕事の合間に衆議院議員会館に通って雑務をこなすようになったのだけど、政治の世界の面白いこと。何が? その話はおいおいするけど、何より3才年上の田所氏のお人柄だね。立場を超えて茨城弁で話せるんだわ。

「代議士」「はいよ」「代議士の家のほうは、蕎麦作ってんの?」「作ってっと。常陸蕎麦、うまいがんね~」

支援者からの季節の野菜で野菜料理が増えた

部屋に置かれた胡蝶蘭

茨城の支援者から折々に季節の野菜が届いて、それを分けてもらえるのも私にとってはうれしい限り。おかげで野菜本来の味を思い出して、野菜料理が格段に増えたのよ。

田所氏は、市議会議員から県会議員になり、国会議員になってからも大学院に通い、法務博士の学位をとった苦労人だ。2015年から翌年まで法務政務官、そして今回の菅内閣では法務副大臣に就任した。

その知らせを受けた日のこと、「代議士、すごいね~」と言うと、「おがげさまでね~」と、これまでとまったく変わらない茨城弁が返ってくる。これからどんな“ひょん”が起こるのか。わくわく、ドキドキよ。え? ダイエットはどこにいったかって? ちゃんとやってますよ。その報告はまた改めて。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【214】原付バイクで銀座の人気寿司店へ!1時間待ったのに15分で店を出たワケ
●【213】毎朝ゆで卵3個ダイエット継続中!「飽きない?」への答え
●【211】「ゆで卵3個ダイエット」で体に変化!“野菜愛”が強まる!?
●【210】「2か月で6kg減」を宣言!ゆで卵3個ダイエットはうまくいっているのか!?
●【209】2週間で3kg減!実践した「ゆで卵3個ダイエット」とは?
●【208】改心!?痩せるため“野菜マシマシ料理”に目覚める
●【207】ワンプレート料理にハマるも医師から「痩せる気あるの?」
●【206】原付バイクで爆走!埼玉のIKEAにGo To中にトラブル発生!?
●【205】92歳の母ちゃんが倒れた!原付バイクで実家の茨城に向かった
●【204】浅草ウォーキングの後にダウン!復活のきっけかは「爆走」!?
●【203】「片付けとダイエットは同じ」と確信!ウエストシェイプへ固い決意
●【202】“坂道ダイエット”開始!都内のおすすめ坂をリポート
●【201】4か月ぶりに地元・茨城へ──あじさい見学で階段にギブアップ!
●【200】自作マスク「オバノマスク」を渡すためにカレのもとへ!

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ロボタン より:

    凄く幸運の強い人ですわね。
    人望は幸運を呼び込むというか、幸運が寄って来るというか。
    あの干し上げられた石破派にあって衆院3回で副大臣とは、
    あの『ボディーだよ』の三原 じゅん子もやっとなれた副大臣、これ抜擢です。
    宮崎にも石破派幹部の古川 禎久(6回)がいるけど、くさっております。
    田所さんはぜんぜん威張らない人ですね。
    威張る人の大嫌いなあなたが一緒にやってるということは。

    16+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事