【採寸・測定アプリ】体や部屋のサイズを超簡単に!洋服やインテリアの失敗を防ぐ“測るアプリ”5選

コロナ禍で、ファッションもインテリアもネットで買う派が増えているはず。そこで、今回は、洋服やインテリアの買い物に失敗しないための採寸・測定アプリを提案。実際に商品が手に取れなくても、アプリでしっかり測定しておけば、失敗は最小限に。アプリを使って賢く買い物しよう

【Bodyglam】サクッ!と撮影して今のボディサイズがすぐにわかる

採寸アプリ「Bodyglam」のトップ画面

性別、年齢、身長、体重を登録したら、正面と側面の全身写真を撮影するだけで、総丈をはじめ、バスト、ウエスト、ヒップなど、全24項目のボディサイズを測定することができる。協力者がいる場合には写真撮影を頼んだ方がスムーズだが、セルフモードなら1人で撮影可能で、人目を気にせず薄着でも撮影できるから、より正確なボディサイズを測定できるという利点も。体型が気になる人には、ボディサイズの記録用アプリとしても活用できそう。

すべて無料。

採寸アプリ「Bodyglam」の使用中画面

<おすすめポイント>

・洋服を着たまま撮影できるから、手軽。友人や家族にも頼みやすい。

・サイズ測定用の写真撮影は、協力者がいない場合にはセルフモードでも撮影可能だから、一人暮らしなどで頼れる人がいなくても利用できる。

・全24項目の測定部位は、ヘルプをタップすれば図解で確認できるからわかりやすい。

<ここが惜しい!>

画像データを含むサイズの測定データは、すべてアプリ内に保存されて削除ができない。不要なデータを削除できるようになると、体型記録用アプリとしてもますます重宝しそう。

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【magicplan】スマホで部屋をスキャン!簡単間取り図作成

はかるアプリ「magicplan」のトップ画面

「秋冬用カーテンの新調と同時に、思いきって模様替えをしたい」と考えている人におすすめのアプリ。アプリ内のカメラで部屋を測量するだけで、簡単に間取り図を作成。さまざまなタイプのソファやテーブルといったインテリアがオブジェクトとして登録されているから、模様替えの際のシミュレーションがますます楽しくなるかも。測量機能はメジャー代わりにも利用できるから、大きなインテリアの購入をネットショップで検討しているときにも活躍してくれそう。

有料コンテンツあり。月間プラン1100円~(税込・以下同)。

はかるアプリ「magicplan」の使用中画面

<おすすめポイント>

・作成した間取り図は、3D画像でも確認することができるから、部屋の模様替えの際にイメージを膨らませやすい。

・無料プランで作成できるプロジェクトは2つまでだが、1プロジェクトで複数の部屋の間取り図を作成できるから満足度も高い!

・作成した間取り図は、PDF化して保存可能できるので、インテリア購入の際に店舗にプリントアウトしても持っていくこともできる。また、PDFファイルとして保存した間取り図は、アプリを通じて他の人と共有することも。

<ここが惜しい!>

今利用している部屋を測定する際、大きな家具などが配置されていると正確なサイズを測定できないケースも。手入力での修正がやや面倒。

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【mysizeis】体のサイズを測定するだけで体に合う服までわかる&買える!

はかるアプリ「mysizeis」のトップ画面

年齢、性別、身長、体重を入力し、正面と側面の2パターンの写真を撮影すると、それらのデータをもとにジャストサイズのおすすめアイテムを紹介。細かいボディサイズは写真撮影後に自分で調整ができるので、誤差も少なく、正確なサイズを確認することができそう。撮影には協力者が必要だが、サイズ測定自体は撮影データをもとに後からでも行えるので、誰かに撮影をお願いできるときに撮影だけ済ませておくことをおすすめ。パートナーや家族の採寸用写真を保存しておけば、洋服をプレゼントしたいときに役立ちそう。

すべて無料。

はかるアプリ「mysizeis」の使用中の画面

<おすすめポイント>

・測定したい箇所はリストをチェックして決められる。最大で9項目を同時に測定可能。

・「ウェストとパンツウェストの違いがわからない」など、どこを測定していいのかわからない場合も、ガイドに沿って測定できるから、間違いがなく安心。

・測定したサイズをもとに、提携ECサイトでのジャストサイズとおすすめアイテムを表示。そのまま購入することもできる。

<ここが惜しい!>

体に合った洋服をおすすめしてくれるのは魅力的だが、提携サイトは今のところ1つなので、今後増えていくことに期待!

<おすすめ度>

★★★☆☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【グリッド線撮影アプリ】わずかな変化もチェックして美スタイルに近づけよう

はかるアプリ「グリッド線撮影アプリ」のトップ画面

「食欲の秋で食べすぎちゃって心配」と、ダイエットを始めようとしている人は、まずはこのアプリで今の自分を撮影しておこう。2枚の写真をビフォーアフターとして並べたり、重ねて比較することができるから、成果が上がらないと感じていても、写真で比較して結果が確認できれば、つらいダイエットも続けていけそう。また、グリッド線を利用すれば、キレイな姿勢で写真を撮ることも可能なので、SNSのプロフィール画像などにも役立ちそう。

すべて無料。

はかるアプリ「グリッド線撮影アプリ」の使用中の画面

<おすすめポイント>

・格子状に表示されるグリッド線や角度測定の機能を利用して、正しい姿勢や美しいスタイルを目指せる。

・アプリでの撮影写真だけでなく、スマホに保存された写真データでも比較画像が作成できる。

・前回の撮影画像が薄くガイド表示される「自画像ガイド」機能を利用すれば、過去と全く同じ構図の写真を再度撮影することが可能。

<ここが惜しい!>

ダイエット中の体型は、あまり人には見られたくないもの。タイマーで自分で撮影ができるようになると、誰にも見られずに変化を確認できるから、さらに便利!

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【DIYツール】使いやすいシンプルさも魅力!場所を取らない測定ツール

はかるアプリ「DIYツール」のトップ画面

5つの測定機能のほかに、拡大鏡やライト、撮影した写真に文字を書き込めるカメラメモ機能などを搭載したこのアプリは、ネーミング通りDIYお助けツールとして活躍! 1mm単位を測定できる定規機能付きだから、大きなものだけでなく、小物作りでも重宝しそう。高さを測りたいときにもスマホが測定器代わりになるから、部屋の模様替え時にもおすすめ。

すべて無料。

はかるアプリ「DIYツール」の使用中の画面

<おすすめポイント>

・「このサイズを知りたい」というときに、手早く起動して測れるから便利。

・例えば定規機能の場合は、最初に実際の定規に合わせて1cm幅を登録しておけるなど、自分で微調整ができるので正確に測定できそう。

・さまざまな計測機能を搭載しているけれど、仕組みはいたってシンプルで使いやすい。

<ここが惜しい!>

アプリで撮影した写真に文字を書き込める「カメラメモ」機能利用時の、写真の保存先がわかりにくいかも。自分で保存先を指定できるようになると、ますます使いやすくなりそう。

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版なし

Android版ダウンロード先

取材・文/須田瑞穂

●【天気アプリ】天気に合わせた服装やスキンケアやファッション、メイクが丸わかりで雨の日も余裕顔!おすすめ便利なアプリ5選
●【家計簿アプリ】ムダ買いなくして家計も体もダイエット!?お手軽家計簿アプリ5選
●【瞑想アプリ5選】美と健康を目指すなら健康体を目指すならまずは心をリフレッシュ!初心者でも瞑想(マインドフルネス)が簡単に!
●【メモアプリ】トレーニングや食事をメモしてダイエット意識向上!便利アプリ5選
●【インテリアアプリ】お部屋の模様替えやレイアウトを簡単シミュレーション!おすすめ5選

【アプリ】記事をもっと読みたい方はこちら

関連記事