紀子さま、白肌際立つ秋のホワイトコーデをご披露

秋篠宮妃紀子さまは9月11日、54歳の誕生日を迎えられた。それに合わせて公開された写真で、秋の雰囲気を感じさせるファッションをお見せになった。

白のセットアップで際立つ白肌

紀子さまがソファに腰掛け窓の外をご覧になっていることろ

紀子さまといえば、透き通るような白い肌。その美しい色白肌は54歳を迎えられても健在で、いっそう顔を明るく見せてくれるような白のセットアップをお召しになった。

ほんのりストライプ模様がポイント

紀子さまが空を眺めていらっしゃるところ

セットアップは秋らしい雰囲気の素材で、よく見ると、細いストライプ模様になっている。ストライプ柄は、数ある柄の中でも大人っぽく見える柄の代表格。そして、紀子さまが今回選ばれたような細いストライプは、明確な意思もありながら、デリケートさも感じさせる柄と表現される。

→サングラス姿も!眞子さまの美しきファッションはコチラ

ウエストマークでメリハリを

秋篠宮殿下と紀子さまが散歩されている様子

フレアスカートの緩やかなラインに対して、トップスは、しっかり細ベルトでウエストをマーク。スカートがフレアなぶん、よりウエストが引き締まって見え、スタイルアップにつながっている。

→佳子さま、眞子さまのカジュアルファッションはコチラ

アクセサリーは服の色を拾ってセレクト

秋篠宮殿下と紀子さまがソファに腰掛け本を見ているところ

お召しになったアクセサリーは、白のモチーフがついたイヤリングや、腕時計など。イヤリングは、セットアップの色に合わせられ、シンプルながら存在感たっぷり。足元はグレージュカラーのパンプスで、ほんのり秋の訪れを感じさせている。

→佳子さまのキュートすぎるファッションはコチラ

秋篠宮殿下と紀子さまがソファに腰掛け本を見ているところ

寄せられた文書の中で紀子さまは、この1年を振り返り、即位の礼と関連する行事や秋篠宮さまとともに開会式などに臨んだラグビーワールドカップ日本大会に触れられた。また、感染が拡大した新型コロナウイルスについては、医療現場の困難に加え、経済や社会にも多大な影響を与えているとしたうえで、「感染症と向き合ってきた医療従事者や、災害対応の関係者、社会を支えるさまざまな仕事に従事する人々に、深く感謝しております。早く感染症の状況が落ち着いて、人々が安心して集い、働き、学び、おだやかに暮らせる日の来ることを願っております」と記された。

秋篠宮殿下と紀子さまがソファに腰掛け本を見ているところ

そして、日々の活動の中で利用する機会が増えたオンラインについて、「コミュニケーションの可能性を広げていると感じます」と語るとともに、「直接会うことの良さは多くありますので、状況に応じた豊かなコミュニケーションのあり方について、今後も考えていきたいと思います」と綴られた。

→紀子さま、眞子さま佳子さまの帽子スタイル12選はコチラ

写真提供/宮内庁

→紀子さまに学ぶ着物の着こなしはコチラ

→紀子さまの旬のセットアップスタイルはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

関連記事