吉沢亮、伊藤健太郎、岡山天音、要潤がくすみカラーアイテムで魅せる柔らかコーデ【ファッションチェック】

「何色」とは言いづらい曖昧な色合い全般を指す「くすみカラー」が、根強い人気! 芸能界のイケメンたちもさすがのセンスで取り入れ、コーデを柔らかな雰囲気にしていた。4人の”くすみカラーファッション”をチェックしてみよう。

伊藤健太郎 シルエットを操り男らしい逆三角コーデに

伊藤健太郎

伊藤健太郎は、ジャケットの下に着たシャツをくすみカラーに。

伊藤健太郎

シャツインせず、ショート丈ジャケットの下からチラ見せして、存在感を引き出した。ボタンをひとつ外した着こなしも、ラフでクール。全体的にオーバーサイズシルエットだが、中でもジャケットの存在感が大きめ。ワイドな印象になりやすいダブルジャケットが、自然な逆三角コーデを完成させていた。

伊藤健太郎

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』(公開中)の初日舞台挨拶に登壇した伊藤。主人公・つばめ(清原果耶)が思いを寄せる大学生の亨を演じている。(9月4日)

→伊藤健太郎のネイビー系ダブルスーツはコチラ

要潤 バンドカラーのシャツでさわやかに

要潤

要潤も、くすみカラーのシャツをチョイス。

要潤

リネンのような涼しげな素材のシャツで、バンドカラーになっているのが特徴的。首周りをスッキリさせて、さわやかさを演出した。そのぶん、ボトムはずっしりと。ストレートパンツとシューズを黒にして、シンプルで安定感のあるコーディネートにしていた。

要潤

「#みんなの国勢調査キックオフイベント」に、川栄李奈らと登壇した要。「また同じメンバーでこのCMオファーをもらいたい」と早くも次回に期待していた。(9月1日)

→幅広のバンドカラーで気品あふれる鈴木拡樹はコチラ

岡山天音 グリーン×ブラウンがハイセンス

岡山天音

ジャケット&スラックスをグリーン系のくすみカラーで統一した岡山天音。

岡山天音

シャツやチーフはブラウンでまとめて「グリーン×ブラウン」の秋色コーデを披露した。ダブルスーツは2つボタンだから、合わせ部分がスッキリして見えスタイリッシュ。さらに、ネクタイはペイズリー柄。ツヤのある素材だからか、胸元で存在感を放っていた。

岡山天音

映画『青くて痛くて脆い』(公開中)の初日舞台挨拶に出席した岡山。吉沢亮との共演について「眼力が半端ない。今もチラ見してちょっと緊張しました」と笑わせた。(8月28日)

→ペイズリーなどがはいった個性派ジャケットの濱田岳はコチラ

吉沢亮 黒の中でアニマル柄が映える

吉沢亮

吉沢亮は、インパクトのある柄シャツで登場。

吉沢亮

これまで「黒1色コーデ」を披露することもあった吉沢。この日も黒にシューズのソールまで黒でまとめたうえで、くすみカラーをベースにしたアニマル柄のシャツを合わせた。これ1着で、シンプルなツーピースが華やかに見える。映画『青くて痛くて脆い』の舞台挨拶だったことからか、“青”のポケットチーフも。

吉沢亮

同舞台挨拶では、「今までに演じたことがないような闇の抱え方をしている」と自身の役柄を説明。「ここまで嫌われそうな役は初めてです」と語った。(8月28日)

→黒1色も収めた吉沢亮のコーデ集はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/平野哲郎、小彼英一

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事