菅田将暉、斎藤工、GACKT、犬飼貴丈がカジュアルに着る魅惑のジャケットスタイル!【ファッションチェック】

“ジャケット”は、シャツなどの上に羽織る上着の総称。メンズのコーディネートには必要不可欠ともいえるアイテムだ。芸能界のイケメンたちも、さまざまなおしゃれジャケットを着こなしていた。さっそくチェック!

犬飼貴丈 引き立て役に回る全身黒コーデ

犬飼貴丈

犬飼貴丈は、黒のジャケット。

犬飼貴丈

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト BEST35お披露目記者会見」に、先輩として登場したからか、黒1色でまとめて後輩たちを引き立てた。インナーはプルオーバーのカットソー、シューズは靴紐が特徴的なウイングチップシューズと、カジュアル寄りのジャケットスタイルだった。

犬飼貴丈

「ジュノンボーイ」候補者35人のうち、31人が集ったお披露目会見。8年前にグランプリを受賞した犬飼は、「気持ちの強いメンツが集まっていると思う」と太鼓判を押した。(8月23日)

→ジュノンボーイ小池徹平のやんちゃ丈コーデはコチラ

GACKT ライダースジャケットでアクティブに

GACKT

ジャケットはジャケットでも、ライダースを着こなしたGACKT。

GACKT

まるでオーダーメイドのように体のラインにフィットしたレザージャケットは、鍛え抜かれた彼のスタイルのよさをますます際立てた。アクティブな印象を与えるテーパードパンツとブーツを組み合わせ、まさにライダーのように軽快な印象だ。パンツの赤いラインと、ブーツの総ラメがアクセント。

GACKT

クリストファー・ノーラン監督の最新映画『TENET テネット』(9月18日公開)のライブ配信イベントに出席したGACKT。LiLiCoとともに同作をアピールした。(8月31日)

→テーパードパンツでタイトに決めた吉沢亮はコチラ

斎藤工 さり気なく超個性派なタクミルック

斎藤工

今回ファッションチェックをする4人の中では、最もフォーマルチックな斎藤工。

斎藤工

一見落ち着いた装いだけど、キャメルの下に白のジャケットを重ねているかのようなコーディネートは超個性派。シングルよりもワイドに見えるダブルスーツだから、存在感もアップしている。さらに、ポケットにはダリアがプリントされたチーフを選び、細部に至るまで“タクミ色”に染めていた。

斎藤工

映画『糸』(公開中)の初日舞台挨拶に登壇した斎藤。小松菜奈との海のシーンで初共演したと言い「海沿いにいらっしゃる姿は絵のようでした」と独特の言い回しで絶賛していた。(8月21日)

→キャメルカラーのコートで奇抜に飾った片寄涼太はコチラ

菅田将暉 コートだけどジャケットのように

菅田将暉

菅田将暉はファッショニスタらしいスタイリング。

菅田将暉

膝丈の“コート”をシャツの上に直に羽織り、ジャケットのように扱うテクを披露した。黒いコートで首周り以外のインナーを覆い隠していたが、歩いたり腕を動かしたりするたびに、合わせの間からビビッドな青が見えてハッとする。動くことまで計算された上級コーデなのかも。

菅田将暉

菅田も、映画『糸』の舞台挨拶に登壇。役作りのため1週間で7~8kgの減量をしたという榮倉奈々について「ちゃんとコントロールして痩せるなんて本当にすごい!」と舌を巻いた。

→グリーンのジャケットが爽やかな菅田将暉はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、矢口和也、浅野剛

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事