キャサリン妃、マスク姿で見せたワンピコーデで圧巻のおしゃれ度!

おしゃれプリンセスとしてどこに行くにもファッションが注目される、英王室のキャサリン妃。今回は、今やスマホと同レベルに欠かせなくなったマスク姿を初お披露目。抜かりない、マスクとのおしゃれコーディネートに注目してみよう!

初マスク姿は“ロンドンづくし”!

8月4日(現地時間)イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問したときのキャサリン妃

写真/Getty Images

キャサリン妃が、6月以降の対面の公務で初めてマスクを着用して登場。8月4日(現地時間)、イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問。ソーシャル・ディスタンスを保ちつつ、ボランティア職員たちと対面し、イギリス国内のブランドと小売業19社から同団体に寄付された約1万点の物資の整理を手伝った。

8月4日(現地時間)イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問したときのキャサリン妃

写真/Getty Images

キャサリン妃が着用したマスクは、ロンドン生まれの子供服ブランド「Amaia(アマイア)」のもの。このブランドは、花柄の生地に代表される、ロンドンの老舗百貨店リバティ社製の生地「リバティプリント」を使った上質な子供服などを取り扱う。実はこの「Amaia」のアイテム、長女シャーロット王女もこれまで何度も着用している姿がキャッチされている。母娘そろってこのブランドを愛用しているようだ。

→海外セレブ6人の変わり種マスク姿はコチラ

クラシカルとフェミニンがキーワード

イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問したマスク姿のキャサリン妃

写真/Getty Images

この日は、ロンドン発ブランド「Suzannah(スザンナ)」のシャツワンピースで登場したキャサリン妃。胸元のVラインとほんのりパフスリーブ、ウエストがベルトで高めに設定された、スタイルアップ度抜群のシャツワンピースは、白地に黒ボタンが映えクラシカルな雰囲気。ピンク系の淡い色合いの花柄マスクと相まって、フェミニンで優しい雰囲気に包まれていた。

→おしゃれ海外セレブのシャツワンピコーデ集はコチラ

高級マスクではなくコスパ良好なマスクをチョイス

8月4日(現地時間)、イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問したときのキャサリン妃

写真/Getty Images

キャサリン妃が着用したマスクは、「ペッパ・ターナ・ローン」と呼ばれる柄の100%コットン素材の生地がベースで、15ポンド(約2080円)で販売されている。洗って繰り返し使える布製のマスクで約2000円となると庶民派。コスパも良好な印象だ。

チャリティ精神も忘れないのがキャサリン妃

イングランド中部の都市・シェイフィールドに拠点を持つ子育て支援組織を訪問したマスク姿のキャサリン妃

写真/Getty Images

同じ柄の子供サイズもあり、親子でおそろいコーデを楽しむこともできる。そして、「Amaia」のマスクの売り上げの30%は、新型コロナウイルス感染症の最前線で闘い続けるイギリス国内の医療従事者たちをサポートするために寄付されるという。おしゃれはもちろん、コスパと、さらにはチャリティにまで配慮したマスクのチョイス。これまでも、自身の影響力を活用し、社会貢献してきたキャサリン妃ならではのアクションだ。

→【衝撃写真】ミランダ・カーと松嶋菜々子の服がかぶっちゃった!はコチラ

ウィリアム王子とマスクでリンク

夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問するキャサリン妃

写真/Getty Images

この日、キャサリン妃は、お色直しをして公務をはしご。夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問し、入居者や職員たちと懇談。ウィリアム王子が着用していたマスクも、キャサリン妃と同じく「Amaia」製。夏らしいリネン素材のジャケットに、涼しげなインディゴブルーの無地のマスクが映えていた。

夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問するキャサリン妃

写真/Getty Images

このときは、キャサリン妃の愛用ブランドのひとつである「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」の可愛らしいフローラル柄シャツワンピに着替えて登場。マスクは先ほどと同じくシャーロット王女の愛用ブランド「Amaia」のリバティ柄を引き続き着用した。

→海外セレブの母娘ファッション集はコチラ

ヌーディなレースアップサンダルで脚長を強調

夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問するキャサリン妃

写真/Getty Images

足元は、ヌーディなベージュカラーのレースアップサンダル。肌になじむ色のサンダルを合わせることで、脚がより長く見える。花柄のワンピースにぺたんこ靴だとやや幼く見えてしまうが、ヒールのあるサンダルを合わせることで、ミスマッチ感を全く感じさせない。

→海外セレブ7人のサンダルコーデはコチラ

ゴールドのアクセサリーでモダンなムードをプラス

夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問するキャサリン妃

写真/Getty Images

フェミニンでクラシカルなワンピースとマスクだが、アクセサリーはモダンなものをチョイス。胸元にはゴールドの丸いモチーフのついたネックレス、耳元はスクエアのゴールドピアスをつけることで、古びることなく今っぽい雰囲気にまとまっていた。

ブランドロゴは伏せるのがロイヤルルール

夫・ウィリアム王子とともに、ウェールズ最大の都市カーディフにあるケアホームを訪問するキャサリン妃

写真/Getty Images

ちなみに、ロイヤルファミリーという立場上、露骨にブランドロゴを身に着けないという方針がある。一般に販売されている「Amaia」のマスクには、ロゴがはいったタグが縫い付けられているが、2人が着用していたマスクにこのタグがついていなかったのは、そのためと思われる。

→【仰天競演】有村架純&川栄李奈も…服がかぶっちゃった!はコチラ

→【ビックリ写真】新垣結衣と小松菜奈がまさかの…服がかぶっちゃった!はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事