【美のプロが愛するコンビニ飯】ジャンクフードも清算できる!?デトックス食品など4品

今年は梅雨が長く、かつコロナの影響でのマスク着用などいろいろなことに配慮した行動を取らなければならず、これからやってくる猛暑に体がついていけるか懸念する人も多いはず。そこで、健康志向ながらコンビニ愛用者と自負する医療ジャーナリストに、手軽で健康面にも配慮したおすすめのコンビニフードを聞いた。

ファミマの冷凍ドールいちごとドール完熟マンゴーと理研ビタミンのふえるわかめちゃん三陸わかめとセブン−イレブンの冷凍の焼きなすと冷凍の塩ゆで枝豆

医療ジャーナリストとして活躍する宇山恵子さんが、コンビニを利用するときに、気をつけているのは、体に悪そうだけど食べたい!と思う食品を手に取ったときに、低カロリーでデトックスを促進する食物繊維が豊富なものも一緒に買うことだという。具体的に教えてもらおう。

「ざっくり言ってしまうと、ジャンクフードを買うときには、必ずヘルシーで美容にもいい、デトックス系の食品をカップリングして買うという掟を自分の中で定めています。例えば、アイスクリームを買うときには、冷凍ブルーベリーやラズベリー、大好物のポテチやせんべいを買うときには、スティック野菜やサラダを買います。栄養のバランスを取ることで、罪悪感もおさえられ、健康を維持できると考えています」(宇山さん・以下同)

『7プレミアム 焼きなす』(セブン-イレブン)

セブン−イレブンの焼きなす

『7プレミアム 焼きなす』(セブン-イレブン)178円(税抜)

●夏の定番そうめんに旬の野菜をプラス

なすの食感と甘味が味わえる焼きなす。高温で焼き上げることでなす本来の甘味を最大限に引き出してある。夏は自然解凍で冷たく、冬はレンジ調理で温めて食べるのがおすすめ。40g×2本入りで、19kcal。

「なすの皮を自分でむくのはけっこう面倒だし、ハードルの高い作業。この手間を省いて、旬のなすがおいしく食べられます。自然解凍すれば冷たいまま食べられるし、レンジで温めてもおいしいです。暑いと選びがちなそうめんに、自然解凍の焼きなすをプラスすると、口の中がひんやりしてのど越しもよくおいしいです。お腹にずっしり溜まって、“そうめんだけでは物足りない→デザート食べたい!”という気持ちになりません」

『塩ゆで枝豆 120g』(セブン-イレブン)

セブン−イレブンの冷凍の塩ゆで枝豆

『塩ゆで枝豆 120g』(セブン-イレブン)100円(税抜)

●糖質高な食事での血糖値の上昇を緩やかに

指定農場の枝豆のみを使用し、採れたての風味をそのままに瞬間凍結。甘みと豊かな風味が楽しめる香りのよい枝豆。1包120g入りで、可食部100gあたり、158kcal。たんぱく質は12.9g、糖質は3.2g、食物繊維は7.3g含まれる。

「ポテチなど、スナック菓子をビールや缶チューハイのあてにと思ったときに、スナック菓子を小さめサイズにして、枝豆を購入します。枝豆は食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌のエサにもなりますし、糖質の多いスナック菓子と一緒に食べると血糖値の急上昇を緩やかにしてくれて、肥満を阻止してくれると信じて購入しています」

『Dole 完熟マンゴー』『Dole いちご』(ファミリーマート)

ファミリーマートの冷凍のDole いちごと完熟マンゴー

『Dole 完熟マンゴー』『Dole いちご』(ファミリーマート)各186円(税抜)

●アイスにトッピングして贅沢感を割増!

人気フルーツブランド「Dole」の冷凍フルーツ。濃厚でなめらかな甘みが特徴のフィリピン産完熟マンゴーを使用し、食べやすい一口サイズにカット済み。110g入り70kcal。「いちご」は、豊かな風味と甘みが特徴のセルビア産いちごを使用。110g入りで37kcal。

「アイスクリームやスイーツを食べたくなったら、冷凍のフルーツを一緒に買って、トッピングします。そうすると、見た目がよりリッチになってボリュームもアップ。フルーツは食物繊維が豊富で、量もあるけど、カロリーは低めと好都合。砂糖をいっぱい使った甘いデザートを食べる量をセーブできます。切ったり皮をむく手間もないので、便利です」

『ふえるわかめちゃん 三陸わかめ』(理研ビタミン)

理研ビタミンのふえるわかめちゃん三陸わかめ16g

『ふえるわかめちゃん 三陸わかめ』(理研ビタミン)320円(税抜・編集部調べ)

●カップラーメンにプラスして罪悪感をセーブ

三陸の良質な原料を使用した食感のよいわかめ。原材料は湯通し塩蔵わかめのみ。サラダや汁物など幅広いメニューに使える。好きな分だけ使える便利なチャック付き。みそ汁1杯分に相当する1gあたり、2.13kcal。食物繊維やカルシウム、鉄なども含む。

「カップラーメン、無性に食べたくなるときありませんか? そんなときは、増えるわかめも一緒に購入して、カップラーメンにちょい足ししてお湯を多めに入れて食べます。わかめは超低カロリーですし、食物繊維も豊富なので、デトックス効果を狙います」

医療ジャーナリスト:宇山恵子さん

医療ジャーナリストの宇山恵子さん

大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。オールアバウトガイド、NHK『美と若さの新常識』レギュラー出演中。

撮影・取材・文/竹腰奈生

●【美のプロが愛するコンビニ飯】冷凍野菜やフルーツが美活に好都合な理由とは?
●【美のプロが愛するコンビニ飯】トレーナーの美活スイッチをONにするナッツやスーパーフルーツとは?
●【美のプロが愛するコンビニ飯】有名トレーナーがおやつに柿ピーや干し芋スティックを選ぶワケ
●【美のプロが愛するコンビニ飯】おやつもたんぱく質や食物繊維を摂取してダイエット意識をキープ!
●【美のプロが愛するコンビニ飯】食べすぎをセーブする”満腹おかず”のスープやサラダとは?

過去の【美のプロが愛するコンビニ飯】を読みたい方はこちら

 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事