【メモアプリ】トレーニングや食事をメモしてダイエット意識向上!便利アプリ5選

有名実業家がメモに関する本を出版し、“メモ魔”というワードが話題になり、今、注目が集まっているメモ。メモ帳を持ち歩くのもいいが、アプリにもさまざまな機能を搭載したメモがたくさんある。そこで、人気のメモアプリを5つピックアップ。食事やトレーニング、ダイエット情報を忘れずメモして、自分磨きに役立てて!

【文字数メモ】文字数カウントがSNS用美容コラムなどの原稿作成に!

メモアプリ「文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)」のトップ画面

文章を入力すると文字数をカウントしてくれるという機能が強みのアプリ。いたってシンプルだが、Twitterなど文字数制限のあるSNSで、ダイエット日記などを書くときなど、文章を作成するにあたり文字数が知りたい!というときに便利。入力した文字は、作成した日時のファイル名で保存。29文字までは保存リストに表示されるから、あとから見直したいときにもひと目でわかりやすい。「いろいろな機能が備わりすぎているメモアプリは使いこなせない」という人におすすめ。
すべて無料。

メモアプリ「文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)」の使用例画面

<おすすめポイント>

・アプリ内で文章を入力すると、作成日時のファイル名で自動的に保存してくれる。

・文章内に改行などが含まれている場合は、改行を一文字とカウントした場合の文字数と、文字のみをカウントした場合の文字数を教えてくれる。

・アプリに入力した文章を他のアプリと共有できるので、入力した文章をそのままメールなどで送信することができる。

<ここが惜しい!>

自動改行などの設定ができるようになると、文字数に制限のある文章などを書いているときは、さらに便利に使えそう。

<おすすめ度>

★★★☆☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【付箋todoメモ帳 QuickMemo+】目標も付箋感覚でペタッ!と

メモアプリ「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」のトップ画面

付箋の手軽さに、アプリならではのお知らせ機能と自分で作れる楽しさをプラス。何といってもポイントは付箋の柄の豊富さで2万7000種類以上! スマホ内に保存したお気に入りの画像を利用して、自分でオリジナルの付箋を作れる。ダイエットの目標などは、付箋も文字も大きなサイズで、自分でデザインした付箋に書き込んで張り付ければ、やる気も倍増するかも! 作った付箋のデザインを投稿もできるので、他ユーザーの作成したセンスのよいデザインの付箋なども利用可能。背景も6種類の既存画像以外に、自分の好きな画像を設定できる。「シンプルに使いたいけどデザインにはこだわりたい!」という人におすすめ。
有料コンテンツあり。プレミアムプラン 1か月 150円(税込・以下同)。

メモアプリ「付箋todoメモ帳 QuickMemo+」の使用例画面

<おすすめポイント>

・パスコード機能を搭載しているので、大切なメモも誰にも見られずに保管することができる。

・付箋のサイズや文字の大きさなども自由に設定できるから、重要度に合わせて変更すると見やすそう。

・付箋にアラームを設定すると、付箋に入力した内容を設定時刻に待ち受け画面で知らせてくれるから、大事な予定なども忘れずに済みそう。

<ここが惜しい!>

ホーム画面で付箋の内容を確認できるよう、ウィジェットでの操作が可能になるとさらに使いやすくなりそう。

<おすすめ度>

★★★★★

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【Evernote】“ヘルス”をテーマにしたテンプレートも充実!

メモアプリ「Evernote」のトップ画面

仕事に学校、プライベートの用途にも、マルチに活用できるアプリ。メモ帳として自由に書き込むこともできるが、うれしいのは50種類以上も用意されたテンプレート。ビジネス向けのものから、ダイエットや健康など、ストレスフルな毎日を目指す人が活用できそうなテンプレートが充実。編集も可能だから、用途に合わせたテンプレートを活用すれば、時間の節約にもなりそう。複数デバイスでデータの同期ができるから、出先ではスマホでメモ書きレベルで書き込み、あとからパソコンで編集…といった方法で、作業効率を上げることも。ユーザー同士でノートの共有やチャットも可能だから、友人と楽しくチャットしながらノートを作成することもできる。
有料コンテンツあり。1か月600円、1年 5200円。

メモアプリ「Evernote」の使用例画面

<おすすめポイント>

・書類や名刺、手書きのメモ、スケッチなども、カメラでスキャンして簡単にデータ化することができる。

・音声データもノートとして保存が可能。手が離せないときなどに音声メモとして活用することもできる。

・すべてのノートにファイルサイズが表示されるから、無料の範囲で使いたい人にも安心。

<ここが惜しい!>

漢字で入力した文字を、ひらがなやカタカナで検索すると結果に表示されない。全体的に機能が充実しているだけに、改善されることに期待。

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【colocolomemo】メイクハウトゥなども画像付きでメモすれば便利

メモアプリ「colocolomemo」のトップ画面

簡単なメモやTODOリストだけでなく、文章と一緒に画像データも保存が可能。「このメイクの仕方、画像があったほうがあとから見直したときにわかりやすいかも」といった内容のメモはもちろん、画像付きの日記などを作成してもよさそう。データはすべてクラウド上に保存されていて、複数のデバイスでの編集・管理できるのもうれしい。無料プランでも1か月60MBまでアップロードできるが、高画質な画像を毎日複数保存したい人には、有料プランがおすすめ。
有料コンテンツあり。富士プラン 1か月 960円、鷹プラン 1か月 480円。

メモアプリ「colocolomemo」の使用例画面
<おすすめポイント>

・アプリ内のデータはすべてクラウド保存しているから、バックアップも安心。

・メモ一つ一つの文字・背景・枠線を、好きなカラーに変更できる。カテゴリー分けにも便利で、気分で変えても楽しめそう。

・ホームスクリーンショートカットを作成すれば、よく見るメモなどをホーム画面から直接表示できる。

<ここが惜しい!>

オフラインでは使用できない。Wi-Fiが利用できない場所でのアクセスには気を付けて。

<おすすめ度>

★★★★☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

【Myメモ】とにかくシンプル!頭の中を整理整頓

メモアプリ「Myメモ ~おしゃれなメモ帳~」のトップ画面

とにかく「メモ帳はシンプルが1番!」という人におすすめ。初期設定では3つのタブを用意。用途に合わせてタブを追加することもできるし、最低限のタブ数で収めたいなら、タイトルを変更することも可能。用事が済んだメモなどは、完全削除以外にも、チェックボックスをタップして一時的に消しておくことも。例えば、いつも使っているスキンケアは、ひとまずショッピングリストに入力してチェックを入れておき、購入の時期になったらチェックを外せば、簡単に再表示ができるので、毎回入力する手間が省けてて便利。カラーはパステルを基調とした4パターンを設定できるので、好みや気分で選んでみては?
すべて無料。

メモアプリ「Myメモ ~おしゃれなメモ帳~」の使用例画面

<おすすめポイント>

・複雑な機能などがなく簡単操作が魅力! シンプルなメモアプリを探している人におすすめ。

・タブは用途に応じて追加できるので、プライベートと仕事のメモをこのアプリひとつで一括管理できそう。

・文字サイズを大・中・小から選択できる。使いやすい文字サイズに設定すれば、より自分好みのメモアプリに。

<ここが惜しい!>

・タブ内のメモに優先順位を付けられたり、並べ替えができる機能があると、より使いやすくなりそう。

<おすすめ度>

★★★☆☆

iPhone版ダウンロード先

Android版ダウンロード先

取材・文/須田瑞穂

●【インテリアアプリ】お部屋の模様替えやレイアウトを簡単シミュレーション!おすすめ5選
●【アプリ】視力回復トレ、視力検査などが簡単!疲れ目にレスキューアプリ5選
●【無料ネイルアプリ5選】セルフネイルも楽々!デザイン豊富、ネイルシール作成も
●【睡眠アプリ】音で眠りに誘う、睡眠管理などお助けアプリ5選
●【癒し系アプリ】疲れた心を解きほぐす、見て聞いて癒される5選

【アプリ】記事をもっと読みたい方はこちら

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事