【旬の野菜レシピ】中性脂肪の減少にも役立つ「マッシュルームとほうれん草のツナサラダ」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、「ほうれん草」のレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABCHealthLabo_201701_hourenso001

12月から1月に旬を迎えるほうれん草には、抗酸化作用がある「β-カロテン」が豊富に含まれていて、アンチエイジングや乾燥肌対策に効果が期待できる。β-カロテンは必要に応じて体内で「ビタミンA」に変換されるので、免疫力アップにも◎。

さらに、ほうれん草は「鉄」もたっぷり。鉄は「ビタミンC」と一緒に摂ると吸収率が高まるので、その両方を含むほうれん草は、貧血予防にまさにぴったり。

ツナの原料となっているマグロは、中性脂肪を減らしてくれる「EPA」や血液サラサラに役立つ「DHA」を含み、必須脂肪酸を摂取するには最適。さらに、しなやかな筋肉作りに役立つたんぱく質を摂ることができるのもうれしい。ノンオイルタイプを使うことでカロリーもオフ。

カロリー…108kcal(1人分) 調理時間…10分

材料(2人分)

サラダほうれん草(長さ3、4cm)…30g トレビス(ひと口大)…15g マッシュルーム…2個分 ツナ缶(ノンオイルタイプ)…1/2缶(40g)
【A】レモン汁…小さじ2 エキストラバージンオリーブオイル…小さじ2 塩…小さじ1/8ほど 黒コショウ…少々

下準備

・サラダほうれん草は、根元を除いて、長さ3~4cmに切る。トレビスは、手でひと口大にちぎる。ともに水に浸けておき、盛り付ける直前に水気を除く
・マッシュルームは、ぬらして固く絞ったペーパーで汚れを拭き取る。根元を除き、厚さ2〜3mmの薄切りに ・ツナ缶、汁気を軽く切っておく
・【A】は合わせておく(ドレッシング)

作り方

【1】皿にサラダほうれん草、トレビス、マッシュルーム、ツナを彩りよく盛り付ける
【2】ドレッシングをまわしかける

→作り方を動画でチェック!

【こんなサラダのレシピも】
低カロリーな「大根パスタ風シーザーサラダ」
食物繊維がたっぷり摂れる「ゴボウとひじきのワカメサラダ」
悪玉コレステロールを減らしてくれる「カボチャと落花生のほっくりサラダ」

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→このシリーズの記事をチェック!

【関連する記事をチェック!】
【旬菜】食物繊維とビタミンCが豊富。サツマイモのレシピ6選
【旬菜】デトックスに効果あり。シイタケのレシピ5選
【旬菜】脂肪が付きにくい体に。大根のレシピ6選
【やせおか】165万部突破!シリーズ最新作からダイエットにぴったりの献立例
【野菜ランチ】在来種の野菜×発酵食品「Kouji & ko」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事