雅子皇后のおしゃれ度際立つホワイトファッション7選

皇后雅子さまのファッションには毎回注目が集まるが、度々お見せになるオールホワイトファッションには、特に憧れを持つ人も多いはず。ワントーンコーデの中でもオールホワイトコーデは難度が高いとされているからだ。雅子さまはさっそうと着こなされている。そこで、雅子さまの優雅な白系ファッションを振り返ってみよう。

今の時代にもフィットするビッグシルエット

皇太子妃時代、オランダ王室の招きでオランダでの2週間のご静養の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

皇太子妃時代、オランダ王室の招きでオランダで2週間静養された際の1枚。ややゆったりとしたビッグシルエットの純白パンツスーツに、同系色のパンプスというスタイル。大きめのシルエットながら、パンツにはセンタープレスが施され、スラッとした縦ラインをさりげなく強調している。足元のパンプスが女性らしさを漂わせ、洗練されたオーラを放たれていた。(2006年8月)

→雅子皇后のサスティナブルなファッションの秘密はコチラ

アットホームなニットコーデ

雅子さま51才のお誕生日の提供写真

写真/宮内庁提供

51才のお誕生日の際の提供写真。オフホワイトのニットに合わせられたシャネルのストールで、優しくアットホームな雰囲気を演出されていた。このときもインナーのタートルネックのトップス、ボトムのパンツを白で統一。昔からオールホワイトコーデをお召しだということがわかる。(2014年11月30日)

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

ソフトなホワイトで優しいオーラ満点

2017年に奈良を訪問された雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

2017年に奈良を訪問された際は、オフホワイトのパンツスーツをお召しに。パンツスーツはどちらかといえばマニッシュだが、やわらかいオフホワイトのスーツにソフトな素材のストールを合わせることで、優雅で女性らしいたたずまいにまとまる。(2017年9月2日)

→雅子皇后の優雅すぎるロングドレス姿はコチラ

レースジャケットやゴールドの小物使いが華やか

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領とメラニア夫人を迎えた宮中晩さん会の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領とメラニア夫人を迎えた宮中晩さん会では、ロングドレスにアメリカの国花・バラの刺しゅうを施したシースルーのジャケットを重ねられた雅子さま。ほんのりベージュがかったドレスに、足元はゴールドの靴を合わせ、胸元の装飾とリンク。さりげなくゴージャスな着こなしだった。(2019年5月27日)

→雅子さまの着物からドレスまで色鮮やかな着回しはコチラ

フリルが華やかなアンサンブル姿で

「第39回全国豊かな海づくり大会」初日の夜に催されたレセプションの際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

「第39回全国豊かな海づくり大会」初日の夜に催されたレセプション。華やかな席にふさわしく、フリルに縁取られたオフホワイトのアンサンブル。手にされた手袋でフォーマル感を演出された。(2019年9月7日)

→雅子さまのエレガントなパンツファッションはコチラ

 

透け感のあるストールで縦ラインを強調

「国民文化祭」にご出席のため新潟へ向かう雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

「国民文化祭」にご出席のため、新潟への1泊2日の旅。初日はパンツスーツに、お気に入りのストールを無造作にプラス。164㎝の長身がスッキリと強調されてホントにお似合い!(2019年9月16日)

→雅子さまの着物からドレスまでの着回しファッションはコチラ

へちまカラーが印象的な淡色アンサンブル

天照大神を祀る伊勢神宮への旅の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

皇后になられてから、淡色の装いをチョイスされることの多い雅子さま。皇室の祖であったとされる天照大神を祀る伊勢神宮への旅は、へちまカラーの全身オフホワイトのアンサンブルでスタートされた。(2019年11月21日)

→雅子皇后の優しきリンクコーデはコチラ

→雅子皇后の上品なパンツスーツスタイルはコチラ

→雅子さまの気品あふれる夏ファッションはコチラ

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事