63歳オバ記者、浅草ウォーキングの後にダウン!復活のきっけかは「爆走」!?

ダイエットの目標を高らかに掲げながらも、なかなか腰を上げようとしないオバ記者だったが、下半期にはいってようやく動き出した。

オバ記者

ある日の雨上がりの夕方、「カロリーを燃焼させる!」と意気込んで向かった先は浅草だった。連載204回目となる今回は、浅草ウォーキング、そして、その後の“体調急変”について。

* * *

「痩せるためのたった1つの方法」とは?

いきなりだけど、ダイエット話と幽霊話は、武骨な若い男から聞くといいんだわ。

何が違うって? 無骨な若い男は闘う意欲が違うんだよ。前回、書いたYouTuberピアニストのフォルテくんは23才のひょうきんキャラの若者だけど、100kgの体重を30kgダイエットした人。「ダイエットを続けるには、なぜダイエットをしたいか目的を明確にすること」と言うその顔の真剣なこと!

で、その方法は、摂取カロリーより消費カロリーを増やすこと。要するにカロリーを減らして、動く量を増やせばいいって、基本中の基本。単純明快なダイエット法を、大まじめに実践したの。

結局、痩せるにはこれしかないんだよ。それはわかっている。だけど「いつの間にか、するすると」とか「気がつけばワンサイズダウン」にならないか、その方法を聞かせてと願うのが私を含めた女たちなのよね。でも本当は、急がば回れなんだよね。なんちゃって。

話はそれるけど、もういっぽうの幽霊話も若い男の体験談に限るよ。なぜかって、たいがいの女の話は、「出た!」の次の瞬間、「キャーッ‼」か、または驚いて声も出ないというもの。金縛りで幽霊からHなことをされたというパターンもある。結局、受け身なんだよね。でも若い男は違う。幽霊と闘うんだよ。

「もう何日も何日も亡くなったはずの大家のおばあちゃんが、枕元にペタンと座ってんだよ。最初は怖くて寝たふりしていたけど、そのうち頭にきちゃって、『てめえ、ふざけんなッ』と起き上がって思いっきり蹴飛ばしたら、足にバスッと布のかたまりを蹴飛ばした感覚が残って…」って、その時の描写が、またリアル。ずい分前に元自衛隊員の若者から聞いた、この“幽霊大家さん”とのバトルは、毎年、夏になると思い出すんだわ。

東京スカイツリーが見えてきた

オバ記者

そんなことを思いながら、消費カロリーを減らすべく、雨上がりの夕方、隅田川沿いの遊歩道に散歩へ。浅草橋の近くの家から川沿いにたどりつくまで約10分。しばらく歩くと東京スカイツリーが目の前に見えて、どんどんその距離が近くなる。

こんな日でもジョギングしている人がいるにはいるけど、雨上がりのせいか、遊歩道から人気が消える瞬間があって、思わずパチリ。

いくつかの橋の下をくぐって、浅草の観光名所、観音様にもっとも近い吾妻橋まで4440歩で、約1時間。さて、どうする。そこで、浅草には大きな100均があることを思い出して、ぷらぷらと歩く歩く。帰りは地下鉄でふた駅乗ったけど、なんとこの日は1万1166歩。

茨城からの新鮮野菜でサラダ

サラダ

翌朝は、茨城から送られてきたばかりの野菜で、サラダ。土から離れたばかりの野菜って、なんて美味しいのかしら。特にオカヒジキのシャリシャリした食感と、ほどよい青臭さ。甘いトマトといい、夏の味、きゅうりといい、口に入れるたびに幸せが広がるね。

と、よかったのはここまで。雨に次ぐ雨で低気圧がアラカンの体に襲い掛かってきて、みるみる体調降下。食事が終わったら体が重くてベッドに倒れこんじゃった。茨城の同級生の友だちにそれをいうと、みんな同じことをいう。「私だって朝と夕方、2回昼寝してもまだ眠い。うちの犬だって今日は散歩の足取りが重いよ」だって。

原チャにまたがって行けるところまで

オバ記者

それで2日間、寝込んだら、今度は精神にきた。トイレにたったとき、鏡を見ると見知らずのおばあさんが映っているし。いや、老けるのはいい…ってか、仕方ない。でも「これまで何をしたのか」と思うといてもたってもいられなくてね。寝るに寝られず、起きるに起きられず。

ふとスマホのアプリで天気を見たら、夕方までの数時間は晴れ間が差すと表示されているじゃない。「よし、行くか!」。天気が回復して、いくらか体が軽くなったんだよね。原チャにまたがって行けるところまで行ってみようと、アクセルをふかしたの。

あてずっぽうに走って、ときどき写真を撮って記録を残すのが私流。この日は千葉方面に向かって途中から左折。広い足立区を走りに走る。後から地図を見比たら、もう少しで東京拘置所だったのよね。

さて、次は原チャでもっと遠くまで、今度は食料を持参で走ろうかな。自宅に着いてヘルメットを脱いだら、ふさいでいた気分はどこへやら。その日はぐっすり朝まで目が覚めなかった。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。一昨年、7か月で11kgの減量を達成。

●【203】「片付けとダイエットは同じ」と確信!ウエストシェイプへ固い決意
●【202】“坂道ダイエット”開始!都内のおすすめ坂をリポート
●【201】4か月ぶりに地元・茨城へ──あじさい見学で階段にギブアップ!
●【200】自作マスク「オバノマスク」を渡すためにカレのもとへ!
●【199】気象病から復活!長距離歩くために体に仕込んだ「秘密兵器」とは?
●【198】気象病で「ベッドから起きられない…」その症状とは?
●【197】「オバノマスク」が夏仕様に!耳の痛さを解消するワザも伝授
●【196】ウォーキング中に不倫カップルに遭遇!ニヤリのワケは…
●【195】自粛の東京を歩く!皇居、東京駅で見た意外な光景とは?
●【194】オンライン帰省!93歳母が放ったキョーレツなひと言とは?
●【193】裁縫の達人オバ記者が伝授!簡単「マスクカバー」の作り方
●【192】自粛生活でもできる「腰帯ダイエット」で痩せを確信!?
●【191】コロナ太りを食事で解消!?「オバノマスク」も作り始める

●【190】ダイエットに緊急事態!“霜降り牛肉”をもらって苦悩…

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

→オバ記者の”月曜断食”に関する全記事はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事