免疫力UPのカギは自律神経!整えるための生活習慣、食べ物を解説

私たちの体には本来、ウイルスなどの病原体から体を守るためのシステムがある。「疫(病気)を免れる」システム、つまり免疫である。

写真/アフロ

この免疫力をいかに上げるかが、ウイルスに克つためのカギといえる。『医者が考案した究極のヨーグルト健康術』(宝島社)を著したダイエット専門医の工藤孝文さんが、免疫の正体と、その力を上げる方法を教えてくれた。

免疫とは何か?

マスクをしている女性

写真/ゲッティイメージズ

「免疫とは、味方となる自分と、敵となる自分以外のものを見分けて、敵を排除しようと働きかけることを意味します。この免疫にも大別して2種類あります。”病原体を体に侵入させない防衛部隊”と、”体に侵入してしまった病原体をやっつける攻撃部隊”です。前者の多くは体の外側にある皮膚や粘膜にあり、後者は血中に存在します。いずれも免疫細胞と呼ばれる細胞たちです」(工藤さん・以下同)

この免疫細胞がうまく働く人ほど、疫病に感染しても軽く済むケースが多いという。

◆風邪をひくとくしゃみ、鼻水などの症状が出るワケ

「風邪をひくと、くしゃみ、鼻水が出たり、のどの痛みや発熱症状がみられます。これは免疫がウイルスと戦っている証拠。例えば熱が出るのは、熱に弱いウイルスをやっつけようとしているため、意義があるのです」

ただし、その状態が長引くのも考え物。

「体力がなくなると、免疫も余裕がなくなり、新たな病原体を防ぎきれなくなります。免疫力が低下し、仮にインフルエンザにり患した場合、ウイルスが肺で増殖して肺炎を起こしたり、脳に達して脳炎を起こしたりすることも。そうした事態を防ぐためにも、それぞれの症状を和らげる薬を服薬する方がいいケースがあります。体力を温存して免疫力の低下を防いだ方がいいからです」

一方、風邪をひいても早めに治りやすい人もいれば、そもそも風邪などにかかりにくい人もる。それは、普段の免疫力の違いが原因の1つだ。

「注意すべきは、自分は健康だと思っていても、加齢とともに免疫力が下がっている可能性があること。免疫力は年を経るごとに下がっていくことがわかっています。一般的には20代をピークに下り坂になり、40代の間に半分程度になるとも言われています。普段から、免疫力をいかに高め、流行している病原体にも打ち克つ準備をしておくことが大切です」

免疫力を上げるには自律神経のバランスを保つこと

写真/アフロ

では、免疫力はどうしたら高まるのか。一番は、自律神経を整えることだという。

「自律神経とは、血流や血圧、体温の維持、消化や排せつなど生命活動のすべてにかかわる機能を調節して活動と休息をコントロールしている神経です。この自律神経は、強いストレスなどが原因でバランスが崩れます。

バランスを崩すと、リラックスすべき夜に自律神経が興奮し続けて眠れなくなったり、逆にエンジンをかけるべき日中に活動しなくなったりします。そうして、めまいや肩こり、下痢、便秘、イライラといった不調が出てきます。こうして心身にダメージが及ぶと、病気に対抗する免疫力も低下していくのです」

◆免疫システムの要は白血球の細胞バランス

自律神経が整っているときは、免疫システムの要となる白血球の各細胞のバランスもほどよく保たれるが、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、とたんに白血球中の細胞バランスも崩れてしまうという。

「白血球を構成する1つの細胞が過剰に増えやすくなり、他の細胞は過剰に減少し、白血球中の免疫細胞のバランスも崩れるのです。その結果、免疫力が低下してしまうわけです」

自律神経のバランスを保つための生活習慣、食べ物

写真/アフロ

自律神経のバランスを保つには、「とにかく心身をリラックスさせること」だと工藤さんは強調する。そのリラックスに必要なのは、3つ。手足を温めること、体を脱力させること、そしてリズミカルに動くこと。

「緊張すると手足が冷たくなります。それは、自律神経が乱れると血管が収縮して、手足にある細い抹消の血管に血流が充分に届かなくなるから。そのため、夏のエアコンが効いた部屋では特に、体の末端となる手足や首を温めてほしい。体を温めると血管が拡張して血行がよくなり、リラックスモードになります」

しょうが

写真/アフロ

夏でも入浴は重要だ。毎日湯船に浸かってから就寝する習慣をつけたい。食べ物でいえば、しょうが。体を温めてくれ、食べるときは加熱するとさらに効果的だ。

「しょうがを温めると、胃腸が刺激されて血行をよくすると言われていますので、すりおろしてドリンクに入れるときも、電子レンジなどで温めたしょうがをすりおろすとよいでしょう」

◆リズミカルに動く、ウォーキングも効果的

体の動かし方も意識しよう。

「緊張して体が強張っているときは、力を思いっきり入れてから、ふーっと抜く脱力作業をしてみましょう。例えば、肩にぎゅーっと力を入れて首をすくめてから、ストンと肩を落とす。繰り返していくと、脱力していることが実感できるはずです。

そして、リズミカルに動くこと。自律神経は、脳から分泌されるリラックスホルモンであるセロトニンによって調節されています。セロトニンを出すには、一定のリズムで同じ動きを繰り返す運動が有効。歩くときは一定のリズムで歩いたり腕を振ったりしましょう」

他にも、ウォーキングをすると、リズミカルに動くだけでなく緊張もほぐれていくので自律神経UPにつながる。

「アメリカの研究では、大笑いをしてリラックスすると自律神経のバランスが整い、それによってエンドルフィンという強力な鎮痛作用を持つ神経伝達物質が増えて、痛みを大幅に軽減させたという研究が報告されています。体だけでなく、普段から気持ちをほぐすきっかけを意識的に作ることも大切ですね」

これらの生活習慣を取り入れることで、病気予防に役立つのだ。早速今日から、1つだけでも実践しよう。

この人に聞きました:工藤孝文さん

工藤孝文さん

減量外来・糖尿病内科医。福岡大学医学部卒業後、アイルランドとオーストラリアへの留学を経て、現在は福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。日本内科学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本東洋医学会、日本抗加齢医学会、日本女性医学会、小児慢性特定疾病指定医。『ガッテン!』(NHK総合)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)など、テレビ出演も多数。YouTubeチャンネル『シックスパックのイケメン医師工藤孝文先生のダイエット外来』も配信中。工藤孝文先生のスマホ診療:無料カウンセリングはコチラ

※女性セブン2020年7月2日号

●太りにくいのはどっち?うどんVSそば他ダイエット向きメニュー対決
●若返る食べ方の新常識|スイーツ、ドリンク、外食メニューの選び方は?
●モンブランが太る理由とは?太りにくい食べ方&おすすめケーキも紹介!
●カクテルは太る?ダイエット中におすすめの飲み方&おつまみを解説
●お菓子はダイエットの敵ではない?間食の「悪習慣」5つをチェック

→カリスマ医師・工藤孝文さんおすすめ!その他のダイエット法はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事