いきものがかり吉岡聖恵も注目「ベジたんスープ」から美白に役立つスープレシピ

紫外線に負けず、透明感のある美白肌を目指したいという人は、野菜ソムリエプロのAtsushiさんが考案した「ベジたんスープ」に注目を!

毛穴レスベジたんスープ「豚肉と海苔の酒粕豆乳スープ」

Atsushiさんは、食物繊維豊富、高たんぱく質、低糖質のスープで、40代になってから2か月で6kgのダイエットに成功。以来、健康的に体型をキープしているという。

そんなAtsushiさんの新著『やせる!キレイになる!ベジたんスープ50 野菜+たんぱく質、食べる美容液レシピ』(小学館)が、発売約1か月足らずで2万部が決定するなど話題を集めている。

書籍『やせる!キレイになる!ベジたんスープ50 野菜+たんぱく質、食べる美容液レシピ』(小学館)

7月4日放送のラジオ番組『いきものがかり吉岡聖恵のうたいろRadio』(JFN)では、同書から美白やむくみ解消に役立つスープが紹介され、吉岡さんも興味津々の様子でAtsushiさんの話を聞いていた。

ベジたんスープの「ベジたん」は、野菜(ベジ)+たんぱく質のことで、「ダイエット」と「キレイ」を両立してくれる女性にとってうれしいスープだ。どれも鍋ひとつで10分以内に作ることができ、食材もスーパーで買えるものばかり。味にも妥協していないのが特徴だ。今回は、同書で紹介されている 「美白ベジたんスープ」に注目! おすすめのレシピを公開する

→2か月6kg減のAtsushiが語る「ベジたんスープ」が減量&美肌に導く秘密

肌を美白にするためにとりたい栄養素 &おすすめ食材

Atsushiさん

Atsushiさん

夏も冬も、晴れの日も曇りの日も、紫外線はあちこちから降り注ぐ。紫外線による日焼けは、シミやしわの原因となり、肌の老化を加速させる。

「ビタミンC」、「ビタミンE」、「リコピン」の強力な“抗酸化トリオ”で、体の内側から日々ケアすることが欠かせない。下記の食材をうまく活用して、美白肌を目指そう。

●ビタミンC

シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制し、色素沈着も改善。肌にハリを与える。

食材例/キャベツ、トマト、ゴーヤ、カリフラワー、ピーマン、ブロッコリー、レモンなど

●ビタミンE

抗酸化作用でメラニン色素の沈着を防ぐ。血行を促進して肌の新陳代謝を促し、くすみを予防する。

食材例/パクチー、パプリカ、かぼちゃ、ブロッコリー、ごま、さば、ツナ、アーモンド、オリーブオイル、ごま油など

●リコピン

強力な抗酸化作用で、紫外線によって発生する活性酸素を除去。炎症を抑え、コラーゲンの減少を防ぐ。日焼け後の肌の回復にも。

食材例/トマト、ドライトマト、すいかなど

美白ベジたんスープ「さば缶とパプリカのトマト辛味噌スープ」レシピ

美白ベジたんスープ「さば缶とパプリカのトマト辛味噌スープ」

さばは良質なたんぱく源で、細胞を再生し血液の循環をよくするビタミンB2、健康に欠かせないEPAやDHAもたっぷり。パプリカはビタミンC、トマトはリコピンと“美肌成分”が豊富だ。豆板醬と一味唐辛子の辛さが血行を促進し、透明美肌に導いてくれる。

《材料》(2人分)

美白ベジたんスープ「さば缶とパプリカのトマト辛味噌スープ」材料

さば水煮…1缶(160g) パプリカ…1個(160g) ゴーヤ…1/3本(80g) ミニトマト…10個 水…400ml ごま油…小さじ2 一味唐辛子…適量
【A】[顆粒かつおだしの素…小さじ2 味噌…大さじ1 豆板醬…大さじ1 みりん…大さじ1 すりごま(白)…大さじ2 酒…大さじ1 チューブにんにく…小さじ2 チューブしょうが…小さじ2]

【決まりごと】

・大さじ1=15ml、小さじ1=5ml。
・基本的に、洗う、種や芽、ヘタ、ワタをとるなどの下ごしらえは省略。
・個数や重量は目安。スープの水分が足りなければ、水を適宜足す。
・野菜は特に表記がない限り、すべて皮つきで使用。
・調理時間はおおよその目安。火加減や環境によって多少異なる。

《作り方》

【1】パプリカは3㎝長さの細切り、ゴーヤは縦に4等分にして薄切り、ミニトマトは縦半分に切る。

【2】鍋にごま油を中火で熱し、さば水煮、【1】を入れ、さばを崩しながら炒める。

【3】水を加え、沸騰したらあくを取る。【A】を加え、煮えばなで火を止める。器に盛り、一味唐辛子をふる。

高たんぱく&低糖質&食物繊維豊富なスープで痩せやすい体質に

ATUSHI

最後に、著者のAtsushiさんがスープダイエットでいかに痩せたのかについて紹介する。思春期は顔がぽっちゃりしているのが気になり、高校生の頃から万年ダイエッターで、巷で流行ったダイエットはほとんど試してきたAtsushiさん。

いつも短期間のダイエットで体重を減らし、またゆるやかに体重が戻っていく繰り返しだったが、40代になり、代謝が落ちたのか、痩せにくくなり、そこで奮起。人生で初めて6kg減に成功したときに実践したのが、スープダイエットだったという。

「今もリバウンドしていません。“ベジたんスープ”は、高たんぱく&低糖質で、食物繊維が豊富です。たんぱく質が代謝を上げ、腸をすっきりお掃除してくれる食物繊維の美腸効果で、余計なものを溜めこまない、痩せやすい体質になります」(Atsushiさん・以下同)

ベジたんスープ

2020年に44歳になったAtsushiさんは、今が人生の中で最も健康だそうで、体調も、肌も、体型も、すべてがベストなコンディションだと語る。

「暴飲暴食を繰り返し、頻繁に風邪をひいたり、吹き出物に悩まされていた20代、ヘルシーな食生活を心がけるようになった30代を経て、40代になった今思うのは、食べること=生きること、ということです。栄養バランスのとれた食事をとることで、体が整い、肌が整い、ココロが整い、生活が整います。そして、賢く食べることで細胞から元気になり、どんどん自分を進化させることができたんです。

キレイは自分の努力次第。その成果は確かな自信になります。キレイにリミットはありません。このベジたんスープで、キレイに痩せ体質作りと美肌作りのお手伝いができたらうれしいです」

同書には、「美白スープ」の他に、毛穴を目立たなくするという「毛穴レススープ」、小顔効果が期待できる「むくみ解消スープ」、加齢サインに効かせたい「エイジングケアスープ」、健やかな髪に導く「美髪スープ」、肌の乾燥が気になる人向けの「うるおうペジたんスープ」が掲載。

Atsushiさんのメソッドで、キレイを手に入れて!

教えてくれたのは:Atsushiさん

ATUSHI

あつし。ディーゼル、D&G、ヴェルサーチのPRを経て、フリーランスに。ファッション&ライフスタイルプロデューサーとして、ファッション、美容、食などの分野で幅広く活躍中。野菜ソムリエプロ、漢方養生指導士初級の資格を取得。自然派スキンケアブランド「abotanical」をプロデュース。『#モデルがこっそり飲んでいる 3日で2kgやせる魔法のスープ』(宝島社)など著書多数。

【データ】
『やせる!キレイになる!ベジたんスープ50 野菜(ベジ)+たんぱく質、食べる美容液レシピ』
著者:Atsushi
価格:1375円(税込)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310652

●まさに美容液!? “ぷる肌”目指すベジたんスープ「えびと厚揚げのスープ」レシピ
●毛穴レスに効くスープ!? 美肌成分たっぷり「豚肉と海苔の酒粕豆乳スープ」レシピ
●約300kcal簡単スープレシピ2選|ゆる断食に活用して5日で3kg痩せる!
●ダイエット中に唐揚げもOK!25kgの減量に成功した医師が教える糖質オフスープレシピ2選
●『魔法の即ヤセ低糖質スープ』で2か月で6kg減!ダイエット成功の秘密をレシピ考案者Atsushiが解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事