雅子皇后の透き通るブルーファッション7選|見事な着回しテクもご披露

皇后雅子さまのファッションと言えば、透き通るブルーファッションが多い。今までも度々ブルーが主役のファッションを披露されてきた。そこで、洗練された見事なまでのさわやかブルーファッションをピックアップ。サスティナブルなファッションの多い、雅子さまならではの着回しにも注目してみた。

ロイヤルブルーのスーツはインナーでイメチェン

1996年10月の「全国育樹祭」に出席の雅子さま

1996年10月(撮影/雑誌協会代表取材)

1998年3月のフェリペスペイン皇太子(当時)お出迎えの際の雅子さま

1998年3月(撮影/雑誌協会代表取材)

胸元のカットが印象的なロイヤルブルーのスーツ。初登場は実に24年前、1996年10月の「全国育樹祭」。このときは、白地にスーツと同じロイヤルブルーの水彩タッチのスカーフで目線を上に。それからインナーを替えてイメージチェンジ。

1998年3月のスペイン・フェリペ皇太子(当時)お出迎えの際は、ハイネックの総レースブラウスで華やかな印象に。インナーはあえて襟元が個性的なものをチョイスして、目線を高く持ってくる…というのがポイント。ロイヤルブルーと白のコントラストがさわやかで洗練された印象を強調している。

→雅子さまの着物からドレスまでの着回しファッションはコチラ

スタンドカラーのスーツはボトムで表情激変!

1998年3月、スペイン・フェリペ皇太子(当時)来日歓迎の際の雅子さま

1998年3月(撮影/雑誌協会代表取材)

1998年3月、スペイン・フェリペ皇太子(当時)来日歓迎の際は、ボトムに同色のパンツをチョイス。お見事というほかない着こなし。パキッとしたブルーで、スタンドカラー、しかもパンツとなると、メンズ要素が強めの印象だが、大ぶりのイヤリングやカチューシャといったアクセサリーで女性らしさを添えている。

→雅子皇后の優雅すぎるロングドレス姿はコチラ

2017年11月のコスモス国際賞の際の雅子さま

2017年11月(撮影/雑誌協会代表取材)

2017年11月のコスモス国際賞の際は、ツーピースに“変身”してお出ましに。ボトムがスカートになり、帽子をプラスされ、19年前の装いとはほぼ別物の印象。雅子さまのベストカラーであるロイヤルブルーに目の覚めるようなマジックをかけられた。

→雅子皇后の優しきリンクコーデはコチラ

水色のアンサンブルに大粒パールでみずみずしく

「日本芸術院授賞式」(東京)ご出席の際の雅子さま

2019年6月(撮影/雑誌協会代表取材)

芸術の分野で大きな業績をあげた人々に贈られる「日本芸術院授賞式」(東京)ご出席の際は、水色のアンサンブルをお召しに。胸元と耳元には大粒の真珠が端正に輝き、暑さも吹き飛ぶような、みずみずしい雰囲気を漂わせていた。(2019年6月24日)

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

水色と白のマリンルック

「第39回全国豊かな海づくり大会」式典にご出席された際の雅子さま

2019年9月(撮影/雑誌協会代表取材)

「第39回全国豊かな海づくり大会」式典にご出席された際は、トリミングがアクセントのジャケットを選ばれた雅子さま。水色と白のマリンルック調のスーツがさわやか満点。暑い時期でも涼しげで軽やかな印象を与える色使いだった。(2019年9月8日)

→雅子皇后のサスティナブルなファッションの秘密はコチラ

白×ブルーのバイカラーを随所に!

茨城で開催された「国民体育大会」に出席された際の雅子さま

2019年9月(撮影/雑誌協会代表取材)

茨城で開催された「国民体育大会」に出席された際の雅子さまは、ベストカラーのロイヤルブルーが主役のコーデ。斜めに切り替えたハイヒールの色遣いが装いのポイント。随所にこのロイヤルブルー×白のバイカラーを点在させることで、シャープ&ノーブルをよく表している。(2019年9月28日)

→皇后雅子さまのストールやネックレスの麗らかなコーデ集はコチラ

→雅子皇后の上品なパンツスーツスタイルはコチラ

→平成最後の雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事