雅子さまの清涼感と気品あふれる夏ファッション6選

皇后雅子さまは、これまで季節に合わせたエレガントなコーデを見せられてきた。気温30℃超えの日もあるなど、夏本番の今、雅子さまの夏の装いを振り返ってみたい。清楚で露出が少ないながらも、清涼感と気品を感じさせる雅子さまの夏ファッション。その“魅せワザ”に迫る。

難易度高めのオールホワイトも、圧巻の着こなし

オランダ王室の招きで、2週間同国に滞在された際の天皇陛下と雅子皇后と愛子さま

撮影/雑誌協会代表取材

皇太子妃時代、オランダ王室の招きで、2週間同国に滞在された際の1枚。白のセットアップスーツにインナーも白、靴も白という、オールホワイトスタイルを披露された。夏ということもあり、風通しのいい、あまりタイトではないスーツ。だからこそ、センタープレスが際立ち、美しいたたずまいだ。あえて、足元は、スーツよりも少しベージュに寄せた白を選ぶことで、素材の違いを見せ、メリハリをつけられていた。(2006年8月)

→雅子さまの着物からドレスまでの着回しファッションはコチラ

スキントーンのスーツで軽さを演出

2015年「大アマゾン展」(東京・国立科学博物館)ご鑑賞の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

「大アマゾン展」(東京・国立科学博物館)ご鑑賞の際の雅子さま。明るめのベージュにインナーは白を合わせ、スキントーンで統一することで、初夏のスーツでも重たくなく、軽快な印象に。アクセサリーは、茶色の濃淡のパールをつないで表情を持たせたネックレス。少し長めのレングスが体の動きに合わせて見え隠れするのがチャーミング。(2015年6月10日)

→皇后雅子さまのストールやネックレスの麗らかなコーデ集はコチラ

白の縁取りがさわやかな印象

第70回全国植樹祭(名古屋観光ホテル)にご出席の天皇皇后両陛下

撮影/雑誌協会代表取材

第70回全国植樹祭(名古屋観光ホテル)。新緑の季節にぴったりな色合いのパンツスーツをお召しになっていた。ライトグレーに白の縁取りがさわやかな印象。足元も白と淡いブルーのバイカラーで、メリハリがあり、涼しげな色合い。(2019年6月1日)

→雅子皇后のサスティナブルなファッションの秘密はコチラ

「白×ネイビー」がクール!

『地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019』の開会式に出席された雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

『地球科学・リモートセンシング国際シンポジウム2019』の開会式に出席された雅子さま。お気に入りのとんぼ玉(チャイニーズノット)をアクセントにした白と紺のスーツがさわやか。顔周りは白を多めの配分にすることで、表情をいっそう明るく見せ、ボトムは締め色のネイビーを多めにすることで、引き締まった印象に。(2019年7月29日)

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

白ベースに水色+アップスタイルで夏満喫

天皇ご一家の2019年夏2度目のご静養となる那須御用邸ご滞在のため、JR那須塩原駅に到着された際の写真

撮影/雑誌協会代表取材

天皇ご一家の2019年夏2度目のご静養となる那須御用邸ご滞在のため、JR那須塩原駅に到着された際の1枚。白のインナー、白いパンツ、白バッグと、ベースは白。そこに、ネックレスに合わせた貝ボタンのついたコットンのブレザーを組み合わされた雅子さま。ヘアも涼しげなアップスタイルですっきり。(2019年8月19日)

→雅子皇后の優雅すぎるロングドレス姿はコチラ

涼しい風を感じさせるストールがポイント

三の丸尚蔵館(東京)での「慶びの花々」ご鑑賞の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

三の丸尚蔵館(東京)での「慶びの花々」ご鑑賞の際は、ややグレーがかった全身白スーツがシャープ。フリンジつきのストールには涼やかなブルーの花が描かれていて、暑さを感じさせない、むしろ涼しい風を感じられるさわやかな雰囲気にまとまっていた。(2019年6月19日)

→雅子皇后の優しきリンクコーデはコチラ

→雅子皇后の上品なパンツスーツスタイルはコチラ

→平成最後の雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事