皇后雅子さまのエレガントさ溢れる7つのパンツファッション

皇后雅子さまのファッションといえば、気品のあるスカートスタイルが多いが、パンツスタイルも度々披露されている。メンズライクな印象のあるパンツスタイルを、エレガントに着こなす秘密とは? 雅子さまが皇后になられてから見せられたパンツスタイルを振り返ってみた。

白スーツにブルーのストールでシャープな印象

三の丸尚蔵館(東京)「慶びの花々」ご鑑賞の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

三の丸尚蔵館(東京)「慶びの花々」ご鑑賞の際は、展覧会のテーマに合わせられたのか、全身白のパンツスーツで、シャープな印象。涼やかなブルーの花が描かれているフリンジ付きのストールがより縦のラインを強調し、スタイルのよさが際立っていた。(2019年6月19日)

→雅子さまの着物からドレスまでの着回しファッションはコチラ

白パンツにシースルーのストールで涼しげに

毎夏恒例になっている天皇ご一家の須崎御用邸でのご静養の際の天皇皇后愛子さま

撮影/雑誌協会代表取材

毎夏恒例になっている天皇ご一家の須崎御用邸でのご静養。雅子さまはジャケットに透け感のあるストールを羽織られていた。よく見ると、ワインカラーのジャケットの袖の折り返しがチェックになっていたり、ハワイ調のキルトが施されたバッグ、ローヒールの靴がすべて完璧な色合わせだったことがわかる。インナーの白とパンツの白がつながって、縦のラインが強調され、スタイルアップ。さらに、白を多めにすることで、夏に着るワインカラーも浮いて見えない。(2019年8月1日)

→雅子皇后のサスティナブルなファッションの秘密はコチラ

さわやか配色が陛下とリンク

天皇ご一家のご静養となる那須御用邸ご滞在の際の天皇ご一家

撮影/雑誌協会代表取材

天皇ご一家のご静養となる那須御用邸ご滞在の際、天皇陛下と雅子さまは、それぞれシャツとジャケットを同色で揃えていらした。雅子さまは、白のインナー、白いパンツ、ネックレスに合わせた貝ボタンのついたコットンのブレザーを組み合わされ、ヘアは涼しげなアップスタイル。(2019年8月19日)

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

パンツスーツで海の青、波の白を表現

秋田をご訪問された両陛下。雅子さまは『海づくり大会』にふさわしく、海の青、波の白を表現されたパンツスーツの雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

秋田をご訪問された天皇皇后両陛下。雅子さまは『海づくり大会』にふさわしく、海の青、波の白を表現されたパンツスーツ。バッグ、ツートーンカラーのヒールにもそのイメージを徹底された装いだった。(2019年9月7日)

→皇后雅子さまのストールやネックレスの麗らかなコーデ集はコチラ

グレージュカラーが柔らかな印象

新潟での「国民文化祭」にご出席の際の雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

新潟での「国民文化祭」にご出席の際は、新潟ということで雪国をイメージされたのか、純白を多用された雅子さま。グレージュのパンツスーツで柔らかな印象。パンツスーツに最近お気に入りのストールをプラス。164cmの長身を縦のラインで強調された。(2019年9月16日)

→雅子皇后の優雅すぎるロングドレス姿はコチラ

パーフェクトなワントーンコーデ

茨城で開催された「国民体育大会」に出席された雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

茨城で開催された「国民体育大会」に出席された雅子さまはブルーグレーのパンツスーツ姿。ジャケットの袖口にステッチを効かせてポイントに。バッグと靴もスーツに合わせてパーフェクトな色選びだった。(2019年9月29日)

→雅子皇后の優しきリンクコーデはコチラ

全身ワインカラーがエレガント

「『水と文化』国際シンポジウム―水の遺跡から地域の発展を考える―」に出席された雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

「『水と文化』国際シンポジウム―水の遺跡から地域の発展を考える―」に出席された際は、パンツスーツ、パンプス、バッグなど全身ワインカラーで統一された雅子さま。センタープレスのパンツ、ジャケットの襟元と袖の折り返しが大きく取られたデザインが上品な印象に。(2020年2月3日)

→雅子皇后の上品なパンツスーツスタイルはコチラ

→平成最後の雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事