マスクによる熱中症を予防するには?化粧水で“顔の水分補給”など対策を解説

6月にはいり、気温の高い日が続いている。環境省のホームページでは、「暑さ指数が28℃を超えると熱中症患者が著しく増加する」とある。新型コロナウイルス対策で、マスク着用が推奨されているが、この暑さの中で、マスクを着けることにより熱中症リスクが心配されている。

マスクをつけている女性

写真/ゲッティイメージズ

赤須医院女性専門皮膚科クリニック院長で皮膚科医の赤須玲子さんは、「暑い日に外でマスクを着けっぱなしにすると当然、熱中症のリスクが上がります」と警鐘を鳴らす。そこで、熱中症リスクを下げるマスクの着け方や素材の選び方を指南してもらった。

暑い日のマスクで熱中症リスクが高まる理由

まず、顔面に流れる汗の役割から理解しよう。赤須さんが解説する。

「夏の暑い日、私たちの体は汗をかきます。そのままにすると、汗は自然と蒸発していきます。蒸発する過程で“気化熱”が発生し、体内の熱が奪われます。つまり、汗は上がった体温を“クールダウン”させて体温調節をする役割があるのです」(赤須さん・以下同)

◆マスクで顔を覆うと汗が蒸発しづらい

ところが、マスクを着けていると、その機能が遮断されるという。

「顔の半分程度をマスクで覆っていると、汗をかいてもマスクの中に汗がこもってしまいます。マスクの内側には風が当たらないので、汗が蒸発しづらいんです。すると体内の熱が奪われにくくなり、顔の下半分の温度は上昇する一方。そのままにしておくと、熱中症のリスクが上がるのです」

熱中症を防ぐにはマスクの着け方で工夫

マスク

写真/ゲッティイメージズ

では、どうすれば熱中症を防げるか。答えはシンプル。顔の体温を下げることだ。

「室内では、1時間に1回はマスクを外して放熱し、できれば保冷剤で頬を冷却するとよいでしょう。頬を保冷剤で冷やすことで、頬とその周辺の体温が下がります。また、頸動脈がある首も保冷剤で冷やすとベター。太い血管を冷やせば体温はより下がりやすくなるからです」

◆冷感マスク、化粧水を活用してクールダウン

最近では、保冷剤を入れるポケットがついたマスクや、肌に触れたときに冷たく感じる「接触冷感」をうたったマスクが売られている。外出先では、こうしたマスクで口周りの体温を冷やすとよいだろう。ただし、それが手にはいらない場合は、次の方法もある。

「私がおすすめしているのは、“顔への水分補給”。20~30cc程度の化粧水を入れた小さな携帯用スプレーをカバンに入れて持ち歩き、1時間に1回、マスクを外して顔全体に5 ~6プッシュ噴射するのです。こうすることで皮膚の乾燥も防げますし、つけたときに顔や体の温度が下がり、冷却効果が得られます」

水には保湿成分がはいっていないので、保湿成分入りで、サラっとした化粧水を使うのがポイントだ。

暑さを和らげる素材は綿、ガーゼ、麻

写真/ゲッティイメージズ

熱中症対策も大事だが、少しでも快適に過ごせる“夏マスク”の選び方も気になる。大前提として、ウイルス対策には鼻から顎の下まですっぽり覆えるタイプが基本。そのうえで、暑苦しさを和らげるために、どんな視点でマスクを選ぶべきか。

「これからの時期は、通気性のよさを重視してマスクを選びましょう」と、赤須さん。

◆不織布のマスクは夏に向いている?

「不織布は、フィルターがついている分、抗ウイルス効果は期待できます。ただし化繊でできているため暑苦しさは否めません。一方、綿やガーゼ、麻などの布マスクは、不織布に比べて目が粗いため、着けたときに通気性がよく、息苦しさは多少緩和されるでしょう。ただし隙間が広い分、ウイルスなどのシャットアウト効果は弱くなります。それでも着けないよりはウイルス対策になりますから、今の時期は、通気性を重視して選ぶとよいでしょう」

厚生労働省などは、外で人と十分な距離が確保できる場合は、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外すようすすめている。マスクを着けなければならないときは、冷感作用のあるものや、できるだけ通気性のよいものを選びつつ、こまめに顔をクールダウンさせて“夏マスクバテ”を防ぎたい。

この人に聞きました:皮膚科医・赤須玲子さん

赤須玲子

赤須医院女性専門皮膚科クリニック院長。 皮膚科専門医、医学博士、美容皮膚科学会会員、米国皮膚病理認定医。山梨大学皮膚科教室に11年在職中、1989年より2年間トロント大学(カナダ)病理学教室にリサーチフェローとして勤務。1998年に女性のための美容皮膚科を六本木に開設し現在に至る。日本で最初にレーザー脱毛治療を施術した医師で、確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療に定評があり、テレビ出演や講演なども多数。著書に『2週間でつるつる美肌になる本』、『赤ちゃん肌に変わる顔そりスキンケア』(ともにマキノ出版)がある。

取材・文/桜田容子

●人気の夏用マスク15商品まとめ|暑い日も快適!冷感、抗菌、吸汗速乾、紫外線対策でランニングにも
●【型紙あり】簡単!蒸れにくくて呼吸しやすいプリーツマスクの作り方
●マスク美人の秘訣は額見せ!北川景子、杏ら芸能界屈指の“おでこ美人”写真
●簡単!マスク美人になる方法|眉の”ちょいメイク”だけであとはノーメイクでOK
●超簡単1分!ハンカチとヘアゴムで「マスク」を作る方法を完全解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事