暑い夏でもOK!保冷剤ポケット付き「ひんやりマスク」の作り方【型紙あり】

全国的に緊急事態宣言は解除されたけど、「密」な場面が増えることを考えると、まだまだ手放せないマスク。とはいえこれからの季節はマスクの中が、暑いしムレるからちょっと…という人も多いのではないでしょうか。今回の手作りマスクは、ひんやり冷たい保冷剤が入れられるポケット付きをお届けします。通勤、通学やちょっとしたお出かけくらいの時間を快適に過ごせること間違いなし!

→ハンカチとヘアゴムを使った簡単マスクの作り方

→簡単!蒸れにくいプリーツマスクの作り方

ひんやり涼しく、通勤や通学にもぴったり!

■材料

表地用布、裏地用布、水色の糸、マスク用ゴム2本

表地用布、裏地用布(ダブルガーゼを使用するときはあらかじめ水通し<※>をしておく)、糸、マスク用ゴム(23cm×2本、太い方がよい)、保冷剤(角を丸く切っておく)

■道具

はさみ、布用印ペン、クリップの画像

ミシン、はさみ、チャコペン、アイロン、アイロン台、クリップ、まち針など

■型紙

保冷剤ポケット付きマスクの型紙

上のマスク用型紙は、縦16cm(最大)、横13.7cm(最大)。※右端の縦は10.5cm

※水通しの仕方

裏地用ダブルガーゼが入る大きさの容器に水を張り、ガーゼを30分ほど浸す。軽く絞ってゆがみを整えてから陰干しして、半乾きの状態でアイロンをかける。水に浸さない状態で作ると、生地の目が詰まってサイズが小さくなるので注意。

ポケット付きマスクの作り方

【1】

左右対称に1枚ずつ型紙に合わせて切った花柄布地

表地を左右対称に1枚ずつ型紙に合わせて切る。(柄のある生地は、方向や裁断箇所に気をつける)

【2】

左右対称に1枚ずつ型紙に合わせて切った裏地用白ガーゼ布地

型紙の端(型紙のグレーの地)を1cm折り、裏地を左右対称に1枚ずつその型紙に合わせて切る。

【3】

長方形に切ったポケット用白ガーゼ布地2枚

ポケット用の生地を2枚、型紙に合わせて切る。(この型紙のポケット出来上がりサイズは縦7cm×横6cm)

【4】

ポケット用生地を半分に折り、アイロンをかけている画像

ポケット用生地をそれぞれ中表にして半分に折り、アイロンをかける。

【5】

「わ」になっている方を上にし、下の返し口を約3cm残して縫い代1cm部分を縫い、四つ角をななめにカットした布地

「わ」になっている方を上にし、下の返し口を約3cm残して縫い代1cm部分を縫う。糸を切らないように注意しながら四つ角をななめにカットする。

【6】

ポケット部分の布地の端をアイロンがけしている画像

縫い代を割ってアイロンをかける。

【7】

布地を表に返し、アイロンで形を整えた「ポケット」の画像

返し口から表に返し、アイロンをかけて形を整える。(返し口は閉じなくてよい)

【8】

型紙にのせた裏地用の生地にポケットを重ねてまち針で固定した画像

型紙で位置を確認しながら、裏地用の生地に【7】で作ったポケットを重ねてまち針で固定する。(返し口は下になるように)

【9】

マスクの裏地用生地に縫って固定したポケットに、保冷剤を入れている画像

ポケットを3辺、端から3mmのところを縫って裏地用生地に固定し、保冷剤が入るか一度確認する。もう片方の裏地にもポケットを固定する。

【10】

表用布地と裏地用ガーゼを端から1cm部分を縫い、裏側にして並べた画像

表地と裏地をそれぞれ中表(表地の表側同士、裏地のポケット側同士向き合わせにする)で重ね、端から1cm部分を縫う。

【11】

端に数か所、0.5㎝の切込みを入れ、裏側にして並べた表用布地と裏地用ガーゼ画像

【10】で縫った糸を切らないように切り込みを数か所入れ、0.5cm幅に布を切る。

【12】

表地と裏地を広げ上下クリップで固定したマスク型布地の画像

縫い代を右に倒す(表地の縫い代は左に)

表地と裏地をそれぞれ広げ、中表(表地の表側と裏地のポケットがついている側を向き合わせる)にし縫い目の中心を合わせる。表地の縫い代を左、裏地の縫い代を右にたおし、上下クリップで固定する。

【13】

ポケット付きマスクを裏側にし、上下を1㎝縫った布地の画像

上下1cmの部分を縫う。

【14】

上下1㎝縫った部分を内側にしたポケット付きマスクの内側画像

内側を表に返す(このときポケットが外側に出る)。アイロンをかけ整える。

【15】

ポケット付きマスクの内側を表にし、両端をクリップで留めた画像

両端を1cm内側に折りアイロンをかけ、さらに1.5cm内側に折りアイロンをかけてクリップなどで固定する。

【16】

ポケットの両端にゴムを通し、結んだ状態のマスク画像

【15】で折った内側から3mmの部分を縫って、ゴムを通し長さを調節して結ぶ。(保冷剤の重さがあるので、ゴムは少し短めの方がよい)

【17】

完成したポケット付きマスクの内側画像

ゴムの結び目を通し穴の内側に入れたら完成!!

《保冷剤の注意ポイント》

●保冷剤は冷凍庫で凍らせたものを使用すると凍傷になる可能性があります。凍らないジェルタイプの保冷剤(100円ショップ等に売っている「首元ひんやり! ジェルパッド付」に入っている保冷剤など)か、凍るタイプのものでも冷蔵庫で冷やしたものをお使いください。
●保冷剤と一緒にマスクもジップロックなどに入れて冷蔵庫で冷やすとより効果が持続します。
●保冷剤は角が当たらないように4つの角を丸くカット。切りすぎて保冷剤が出ないように注意。
●保冷剤は縦7cm×横6cmのものまで入ります。
●保冷剤を大きくしたい場合はポケットの大きさを調整してください。
●保冷剤が直接肌に当たらないようにしてください。

撮影/八坂悠司 スタイリスト/木村美希子

※女性セブン2020年6月11日号

●【型紙あり】簡単!蒸れにくくて呼吸しやすいプリーツマスクの作り方
●マスク美人の秘訣は額見せ!北川景子、杏ら芸能界屈指の“おでこ美人”写真
●簡単!マスク美人になる方法|眉の”ちょいメイク”だけであとはノーメイクでOK
●超簡単1分!ハンカチとヘアゴムで「マスク」を作る方法を完全解説
●マスクによる化粧崩れ解消!サラサラ肌になるお助けスプレー【山本浩未さんのメイクのメ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事