パンを最強ダイエットフードで代用!高たんぱく低脂肪の“フレンチトースト”【市橋有里の美レシピ】

自粛生活のゴールはあともう少しか…。自粛生活が終わりを迎えるまでには自粛太りもスッキリ解消したい!とダイエットに励んでいる人も多いのでは。

レシピ考案した「麩レンチトースト」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、高たんぱく、低脂肪でダイエット中でも心おきなく食べられるアイディアレシピを教えてもらうことに。

近頃の夏本番のような陽気にダイエットへの焦りを隠せないライターFが徹底レポートします!

目からウロコ!パンを使わない「麩レンチトースト」

市橋有里がレシピ考案した「麩レンチトースト」

――お麩がこんなにおいしいフレンチトーストになるなんて、にわかには信じがたいです…。

有里:本物のパンにも負けないおいしさですが、正真正銘お麩で作っていますよ。

――このサクっとした食感、ハマりますね!

有里:そうでしょう? 私もすっかり気に入って、現役の頃、他のたんぱく質の代わりにお麩ばかり食べては「お肉を食べなさい!」と怒られたほど。お麩はパンに比べてずっとヘルシーなので、ダイエット中でも安心して食べられますよ。

――ダイエット中もカロリーや脂肪を気にせずに食べられるなんて最高! ぜひ、レシピを知りたいです。

《材料》(2人分)

「麩レンチトースト」の材料

お麩…車麩2個(もしくは小町麩6個) 卵…1個 豆乳…100cc 砂糖…大さじ2 バターもしくはオリーブオイル…適量

《作り方》

【1】 お麩は豆乳を張ったボウルに入れて柔らかくしておく。柔らかくなったら、水分をしっかり絞っておく。

【2】ボウルに卵、砂糖、豆乳(【1】で使ったものを50cc使用)で卵液を作り、【1】を30分ほど漬けておく。

【3】フライパンにバターもしくはオリーブオイルを入れ、両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。

【4】お好みでメープルシロップをかける。

低脂肪でミネラル豊富!お麩は最強のダイエットフード

お麩

――お麩って、洋風にアレンジしてもおいしいのですね。

有里:はい。お麩はそれ自体にあまり味がないので、さまざまな食材・味つけと相性がよく、実はとても使い勝手のいい食材なんです。

――お吸いものに浮かべるイメージでしたけど、こんなふうにメインにもなるなんて驚きです!

有里:この「麩レンチトースト」は、私にとってダイエット中だけど甘いものが食べたい!というときの救世主的存在。低カロリー、低脂肪で植物性たんぱく質を豊富に含むお麩は、ダイエットフードとしても最適なんです。

――今まさにダイエット中なので、お麩の魅力についてもっと知りたいです!

お麩

有里:お麩には、たんぱく質の他にミネラルもたっぷり含まれています。また、プロリンというアミノ酸も含まれていて、このプロリンには美肌効果もあるといわれています。

――意外に栄養もたっぷり含まれているのですね!

有里:そう。太りにくい食材というだけでなく、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質やミネラルを補ってくれるという面でもダイエットに適した食材といえますね。

――フレンチトーストでミネラルを摂れるって、とても魅力的ですね。

免疫力低下の危険も!ダイエット中こそ、しっかりたんぱく質を

卵液をつけたお麩

――ダイエット中は、どうしてもカロリーが低いものをとることに意識が傾いてしまうので、低カロリーなだけでなく栄養バランスもきちんと取れたメニューはとても参考になります。

有里:カロリーが気になる、できるだけカロリーをとりたくないという気持ちはよくわかりますが、ダイエット中は特にたんぱく質が不足しがちなので注意が必要です。

――たんぱく質が不足するとよくないことがあるのでしょうか?

有里:たくさんあります。まず、体内のたんぱく質を不足させてしまうと、基礎代謝量が落ちて、結果的に痩せにくい体質になりやすくなってしまうんです。

――せっかくダイエットを頑張っても、それでは意味がないですね。

有里:そう。それに、肌や髪を美しく健やかに保つために欠かせないコラーゲンもたんぱく質から構成されているので、不足すると肌や髪のトラブルを引き起こしやすくなりますし、たんぱく質不足は免疫力を低下させる危険もあります。

――そんなにいろいろなデメリットが!?

市橋有里がレシピ考案した「麩レンチトースト」

有里:はい。今回ご紹介した「麩フレンチトースト」は、高たんぱくなお麩以外に豆乳、卵とたんぱく質がたっぷり摂れますから、カロリーや脂肪が気になるときだけでなく、たんぱく質不足が気になるときにも作ってみてもらえたらうれしいです。

――はい、たんぱく質をしっかり摂ることを意識しながら、引き続きダイエットに励みたいと思います!

有里:ぜひ! ガーリックトースト風にアレンジしてもおいしいですよ。あと、上手に作るポイントは、お麩を豆乳で戻すことなんです。水で戻すと、水分を絞りきれなくて卵液が中まで味がしみていないという失敗をしがちですが、豆乳なら味がしっかりしみこみます。

――なるほど! ダイエット中でも安心して甘いものを食べられるって本当にうれしいです。お麩ならではの食感もとてもおいしいし、ダイエットメニューの定番になりそう。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

市橋有里がレシピ考案した「麩レンチトースト」

有里:こちらこそ! ダイエット中だって、甘いものが食べたいときもありますよね。お麩を使ったスイーツは、高たんぱく低脂肪でダイエットに最適。

フルーツやヨーグルトクリームなどを添えて、ヘルシーにおうちカフェ気分を味わうのも“アリ”だと思います!

* * *

筋肉や臓器、髪や肌の素となるたんぱく質は、美容と健康を保つために欠かすことのできないもの。効率的にダイエットをしたいなら、たんぱく質をしっかり摂ることが大切です。

小麦粉のたんぱく質であるグルテンを主原料としたお麩は、低カロリー、低脂肪でたんぱく質が豊富。パンよりもさっくりとした食感がクセになる「麩レンチトースト」で、ダイエット中のスイーツ欲を満たしてみてはいかがでしょうか。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●混ぜて焼くだけ!免疫力UPのヘルシースイーツ「水切りヨーグルトケーキ」【市橋有里の美レシピ】
●旬食材でコロナ太り解消!デトックスにも最適な「お豆腐とたけのこのキッシュ」【市橋有里の美レシピ】
●おこもり太り解消&免疫力UPで一石二鳥「カリフラワーのポタージュ お麩クルトンのせ」【市橋有里の美レシピ】
●コロナ太り対策にも!簡単作り置きレシピ14選、ヘルシーメニュー勢揃い
●コロナ太り解消に!「緑茶コーヒー」など“飲むだけダイエット”4種を解説

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事