【やせおか】ダイエット中のランチに!お弁当レシピと役立つテクニック

シリーズ累計165万部を突破した「やせおかシリーズ」。著者の柳澤英子さん(50代)が1年で26kg減に成功し、リバウンドいっさいなしという点も話題のひとつ。

お弁当もやせるおかず 作りおき: 朝つめるだけ、食べて減量! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

今回は、シリーズ第3作目の『お弁当もやせるおかず作りおき』(小学館)から、人気レシピのひとつとお弁当作りに役立つテクニックをご紹介。ダイエット中の人は取り入れて。

お弁当例

yaseoka_beto_A

チーズも痩せるおかずの素材のひとつ。ひき肉のつなぎに使って おいしくいただきます。緑と赤の副菜を合わせて華やかに。1から順にいただくと、“痩せる食べ順”に。

【1】エビとトマトのマリネと仕切りのレタス
【2】ズッキーニの焼きびたし
【3】チーズミート
【4】玄米パン

→レシピをチェック!

ごはんやパンはどんくらい食べてもいい?

yaseoka_beto_colum01_A

お昼はもっとも食べてよい時間帯。ごはんなら100gを目安に。すぐに効果を出したい場合には、もっと減らしても。また、生野菜、野菜、肉か魚、主食の順によく噛んで食べると、満腹を感じやすくなる。

→詳しい説明を読む

野菜サラダとお弁当作りで役立つドレッシング3種類

yaseoka_beto_colum01_A

レタスなどの生野菜の量を多くするときは、糖質が低く無添加のドレッシングを添えて。時間のあるときに用意しておき、生野菜をモリモリ食べて。

→ドレッシングのレシピをチェック!

監修:柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計165万部超の大ヒットシリーズに。最新刊は『超入門! やせるおかず作りおき』(小学館)

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事