おウチにいる今こそ爪を華やかに!キレイが長持ちする塗り方&アイテム【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、プロ並みに美しく仕上がり、“きれい”が長持ちするトップ&ベースコートを教えてくれました。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「”おこもり美容”を楽しんで!」

家にいる時間が長いいまこそ、普段はできない「おこもり美容」を楽しみましょう! 最近、私がやったのはペディキュア。プロ並みにきれいで長持ちする塗り方をご紹介します。

まず、爪切りで長さを整えたら、爪の根元に張りついている甘皮を押し上げます。甘皮が柔らかくなっている入浴中かお風呂上がりなら、タオルでキュッキュッと押すだけ。甘皮を押して表面を滑らかにしておくと、ネイルが塗りやすくなります。私の経験上、塗った後3時間はよれやすいので、ネイルを塗るのは寝る前より翌日にした方がいいですね。

塗るときのポイントは、トップコートとベースコートを塗ること。持ちが全然変わるので、ちょっと手間でも絶対やるべき! 「2つ買うのはちょっと…」と思う人は、マジョリカ マジョルカの『アーティスティックネールズ トップ&ベース』のように、1本で両方に使える便利なものもありますよ。

4度重ねで1か月きれいが長持ち

塗り方は、まず乾きにくい左右の親指を塗ったら、右利きの場合、左足の小指→人差し指、右足の人差し指→小指の順で塗っていくと、塗った部分をうっかり触ってしまう失敗が減らせます。

ベースコートを塗ったら、ネイルカラーを同様に塗っていきます。基本は2度塗り。面倒と思うかもしれませんが、1度で仕上げるよりムラが目立ちにくいし、色や質感がきれいに出ます。仕上げに同じ順番でトップコートをオン。こんな感じで4度重ねることで、1か月くらいは持ちます。

おすすめの『トップ&ベース』はサイズも小さいしお手頃価格なので、おこもり時期のペディキュア専用にして時々重ね塗りすれば、さらにツヤが長持ちします。爪が華やかだと気分もアガるので、普段はネイルを塗らない、という人もこれを機会にぜひ、始めてみてください!

ベースと仕上げが1本でOK

マジョリカ マジョルカ アーティスティックネールズ(トップ&ベース)

仕上がりの美しさ、ツヤ、持ちがアップ。乾きが早いのもうれしい。マジョリカ マジョルカ アーティスティックネールズ(トップ&ベース) 450円/資生堂 電話:0120-81-4710

※女性セブン2020年5月7日・14日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『たるみはメイクでなくせます!「3本の線」で顔を建て直す』(小学館)も好評。

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

関連記事