痩せて見える小物使いテク!黒ピアスを顔の近くに、ネックレスはロングタイプを

ショッピングがままならない今でも、手持ちの洋服もコーデを工夫すれば新たなスタイルに挑戦できちゃいます。着やせして見える黒を取り入れたコーディネートに小物をプラスするだけで細見え&若見え効果はグ~ンとアップ。細見えコーデに定評があるパーソナルスタイリスト・霜鳥まき子さんが小物使いのコツを伝授します。

アクセサリーも洋服の柄と同様に、大振りで目を引くものが「細見え」「若見え」に効果的! アイテムごとに、ポイントを解説。ストールやネックレスは縦長ラインを意識して選ぼう。

ストールの選び方

大柄のストールをつけて細く見える女性と小柄のストールを身につけた女性の比較

冷房などの防寒になり、手軽におしゃれ感も出せる。

「ワントーンのコーディネートに大柄のストールを巻くと華やかさが増し、ストールで縦のラインができるため、やせて見える効果が上がります」(霜鳥さん・以下同)

 ◆ストールの長さも重要なポイント!

大きな柄のストールと小さな柄のストールがならんでいる

ストールを首にかけたとき、裾が少なくとも脚の付け根までくる長さのものを選ぶのがマスト。「胸のあたりまでの長さは、実はいちばん太って見えます」。

膨張して見える細かい柄より、目線をそらす大柄を選ぼう。「細かい柄を選ぶ際は、上写真右のように端に別の色などの縦ラインがあるものを選び、そこを見せて縦ラインを作りましょう」。

ベルトの選び方

ベルトはウエストをマークするためには欠かせないアイテム。

「黒いベルトをつけることで、ウエストを引き締めて見せます。ふんわり広がったシャツと引き締めたベルトとのメリハリも、細く見えるポイントです」

ベルトで細く見える女性とつける前との比較

ネックレスの選び方

黒いワンピースに大ぶりなネックレスで細く見える女性とつける前との比較

地味になりがちな無地の黒服にアクセントをつけてくれるのがネックレス。

「何もないと体が大きく見えてしまいます。それを防ぐためにもボリュームのあるロングネックレスで体にメリハリをつけましょう」

◆ネックレスの色や長さは?

大き目の飾りがついたロングネックレス

大振りでインパクトがある、ロングタイプがおすすめ。「ゴールドよりもシルバーの方が、黒と同じ寒色なので派手すぎず、統一感が出せます」。

◆ピアス選びのポイントは?

さまざまな黒いアクセサリー

黒のピアス(イヤリング)が顔の近くにあると、小顔効果が絶大! 「バングルはロールアップした手首に太めのものをすれば、華奢に見える優れものです」。

教えてくれたのは:パーソナルスタイリスト・霜鳥まき子さん

SPSO(シモトリパーソナルスタイリングオフィス)代表。日本航空国際線の客室乗務員を10年経験後、パーソナルスタイリストに転身。約1万人以上の女性にパーソナルスタイリングを行っている。細見えコーデに定評がある。http://www.spsojapan.com

『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』(小学館 1000円)。黒だからこその「足し算・引き算ファッション」や「着まわしファッション」がたっぷり。知って得するブラックフォーマルのマナーまで、すぐに実践できる黒テク満載!

撮影/森浩司

※女性セブン2020年4月30日号

 

●痩せ見えファッションの厳選アイテム|トップスなどの着こなしテクも紹介!
●着痩せコーデ、4つのルール|色や服(トップス)の選び方で脱ぽっちゃり!
●下半身デブに見せない着痩せコーデ術|秋冬、痩せて見える服はこう選ぶ!
●コーデ提案の無料アプリ4選|スナップ900万点やクローゼット再現でお助けに!
●ぽっちゃり体形3タイプ別、スリムに見せる冬コーディネート術

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事