”痛い靴”を快適な一足に変えるコツ|カリスマシューフィッターの靴診断を体験!

デザインは気に入っているけど、履き心地はイマイチ。そんな靴がシューズボックスに眠っていませんか? ちょっとした工夫をするだけで、ストレスのない極楽シューズに変身しちゃいます。靴選びに悩むライターAが実践しました!

シューフィッターに靴を合わせてもらっている女性

痛い靴をラクに歩ける一足に調整してくれるというシューフィッターの元へ、愛用の5足を持参。勘違いの多さにビックリ! 今回教えてくれたのは、中敷き調整の専門店『シューフィット・神戸屋』の西村克之さん。これまでに5000人以上の足を測定し、合う靴をアドバイスしてきた経験を持つ。

靴選びの勘違い、「大きい靴はラク」はNG

“ヒールの靴は痛いのをガマン、フラットな靴でも足が疲れる”という悩みに対して、西村さんは「大きい靴のほうがゆったりラクというのは勘違いです」と言う。

茶色のローファー

一見、問題なさそうな感じだが…

「大きすぎる靴を履いている人が多い! 靴の中で足が前に滑り、踏ん張っているため痛くなるんです」(西村さん・以下同)

ローファーの甲部分に指を4本入れている

「ピッタリすべき甲部分に指が4本も入るAさんの靴も大きすぎ。足は長さだけでなく、幅(足囲)も重要なんです」

靴を脱いで外反母趾を見せている

さらに、外反母趾が悩みと伝えると、「これは靴が当たることでできたタコ。タコを外反母趾と勘違いしている人も多いんです」。

足が痛くなる靴の特徴とは?

「JIS規格によると、靴には長さと足囲を組み合わせた144通りものサイズがあります。市販の靴は足囲E~EEのものが中心ですが、40~50代の女性の足囲はA~Cともっと細いのが実情です」と、西村さん。

そこで、「痛いけど、お気に入りなので諦められません何とかできますか?」と、筆者愛用の靴をチェックしてもらった。

・サイドがない靴は足を支えられない

サイドがないパンプス

アーチが崩れている年代にサイドのない靴はムリ。足を支えることができない。

・壊れた靴は足を痛めることに

ヒール部分が壊れたパンプス

かかとと底の芯の部分が壊れ、傾いている。履き続けると足を痛める原因に。

・足を支える部分が少なすぎる

足を支える面積が少ないパンプス

長さも足囲も大きすぎ。甲も浅く足を支える部分が少ないので、調整不可能。

痛みをなくして靴を”復活”させる方法

・ソックスカバーで簡単に調整

厚手のソックスカバーを履いている女性

「少し緩いと感じるくらいなら、薄手のソックスカバーを履くだけでフィットすることも多いですよ」

・インソールで「歩けるヒール」に復活!

東明のインソール

厚さ5.5mmのシリコン製インソールを入れて調整。前滑りを防止したら、靴が足にぴったりフィット!

シリコンの中敷きを入れたパンプス

サイズの合った靴を履くことの効果とは?

パンプスが足にぴったりとフィットしている

「サイズの合った靴を履くと足が痛くないだけでなく、足の筋肉がしっかり使えるので、全身の血行が促進。むくみもとれて美脚に」

ぴったり合った靴ならまったくパカパカせず、7cmのヒールでも走れる!? 「骨盤が立って姿勢もキレイに見えますよ!」。

教えてくれたのは:西村克之さん

西村克之さん

2010年に中敷き調整の専門店のシューフィット・神戸屋をオープン。これまでに5000人以上の足を測定し、合う靴をアドバイス。

シューフィット・神戸屋

シューフィット・神戸屋の店舗外観

東京都新宿区新宿2-5-15 小菅ビル1F 電話03-6457-8116

※靴選びアドバイス+靴診断(5足程度、市販のインソールでの調整付き)は、3万3000円~。

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2020年4月23日号

●痛くならない春シューズの選び方|履き方のコツ、おしゃれで快適な最新6選も紹介!
●外反母趾でも痛くならない靴の選び方は?靴にまつわる8つの悩みにプロが回答
●足の冷え性を今すぐ改善!足汗ケア&靴のムレを防ぐ靴の選び方と履き方は?
●簡単!足の臭いを消す方法と原因は?足のケア方法6つと市販の対策グッズ11選
●スニーカーの正しいお手入れ法やコーデ術などをスタイリストが解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事