痛くならない春シューズの選び方|履き方のコツ、おしゃれで快適な最新6選も紹介!

今春の人気は、フラットシューズや柔らかパンプスなど、大人にうれしい快適な履き心地の靴。「足が痛いのは年齢のせい」と諦めていた人も歩き出したくなるような、機能とデザインを兼ね備えた優秀シューズを紹介! まずは、あなたの足のお悩みを解決して、痛くない、疲れない、合わせやすいシューズ選びのポイントを解説します。

靴を正しく履けば足は痛くならない

インソールと足の骨格模型使ってをアーチの説明をしている

足には3つのアーチがあり、体重を分散して体を支えている。アーチの崩れが痛みの原因に。

「外来では、足先の細い靴やヒールの高い靴を履いていたことで足に変形が生じ、痛みを訴える人も多いですね」

と、お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長の銅冶英雄さんは言う。

さらに、もともと扁平足だったり、加齢で足の筋肉や靭帯が弱ってアーチが崩れたりすることも痛みの原因に。足の変形自体を治すことはできないが、痛みを軽減する方法はあるという。

「実は靴を正しく履いていない人がとても多いんです。靴の履き方を変えたり、医療用インソールを入れたりすることで痛みが改善するケースもあります」(銅冶さん)

【足が痛い人必見!】歩きやすい靴のチェックリスト

□靴の中敷きが取り外せる
□靴のつま先部分に足指が自由に動かせる空間がある
□かかと部分が硬く、しっかりと支えられている
□靴の前方部分が軟らかく、足指のつけ根が楽に曲げられる
□ひもやマジックテープで足を固定できる

これが正解!痛みが改善する「ひも靴の履き方」

◆正しい履き方

ひもをほどき、靴べらを使って履く。さらに足首を90度にしてかかとを立てて、ヒールにかかとを収める。

かかとを地面につけてからひもを結んでいる

【OK】ひもを緩めてかかとを合わせる

靴べらをつかって靴を履いている

【OK】

【NG】ひもを結んだまま履く

ひもを結んだま指を使って靴を履いている

【NG】

面倒だからとひもを結んだまま脱ぎ履きするのは×。ひもが緩いと足をしっかりホールドできない。

◆正しいひもの結び方

靴ひもは、下から順にひもを横に引っ張りながら締め、足をホールド。最後はひもをハトメの上に出し、しっかり結ぶ。

靴ひもを下から引っ張りながら履いている

【OK】ハトメの上からひもを出ししっかり結ぶ

ハトメの上からひもを出ししっかり結んでいる

【OK】

【NG】一番上のハトメの下からひもを出している

一番上のハトメの下からひもを出して靴を履いている

【NG】

ハトメの下からひもを出すと、引っ張っても締まりにくく、足に密着しないので×。

◆足にぴったりフィット!

最初は多少窮屈感があっても、痛みや疲れの軽減につながる。見た目もシャープに。

【OK】キュッと結んで足をしっかりホールド

靴ひもをきっちり結んで足をしっかりホールド

【OK】

【NG】ゆとりがあるのは足が痛くなる原因

靴ひもをゆったりと結んで靴を履いている

【NG】

ひもを結んだまま脱ぎ履きできるのは、一見余裕があってラクそうだが、足をしっかりサポートできないのでNG。

ひどい痛みは医療用インソールでケア・治療

足にひどい痛みを抱えている人は、医師の診断を受けて、義肢装具士やシューフィッターのいる専門店に相談してみて。今回は、お茶の水義肢装具で実際の流れを教えてもらいました。

※医師の診断と処方後、医療用インソールを作成。インソール作成代は保険が適用される。

【1】診察

整形外科で足の診療している女性

医師による問診やレントゲン撮影、足底圧力の測定などを行い、足に合わせた医療用インソールを処方。

【2】採型・靴の提案

シューフィッターに相談をする女性

義肢装具士が足の型取りを行う。合わない靴を履いている人には、シューフィッターが最適な靴を提案してくれる施設も。

【3】インソール完成

義肢装具士が型取りを行なったインソール

足に合ったインソールが約2週間で完成。インソールのフィット具合を確認する診察などを行う。

◇お茶の水義肢装具:東京都千代田区神田駿河台4-1-2ステラお茶の水ビル1F(電話)03・5577・9515

だから快適!痛くならない靴、最新6選

「おしゃれな靴は痛い!」を解決する工夫がいっぱいだから、長時間履いてもストレスなし!

◆かかとが硬く、足が靴の中で動かない

ビューフォートの商品写真

3種類のクッションを重ねた構造のインソールで、足にかかる負担を軽減。手縫い製法で足なじみも抜群。1万4900円/ビューフォート(ビューフォート 自由が丘店)

fitfitの商品写真

見た目はスタイリッシュなローファー。足をやさしく包み込み、靴底はスニーカー仕様で歩きやすさを追求。かかと部分が硬く、足をしっかり支えてくれる。インソールはかかとの接地を安定させ、足のアーチを持ち上げる独自の立体構造。1万3900円/fitfit

◆ストラップで甲をしっかり固定

ビューフォートの商品写真

足の骨格に沿った形状の木型を採用し、快適にフィット。履き口がVカットで足がすっきり見える。マジックテープの幅広ベルトで、足の甲をしっかり固定できる。1万4900円/ビューフォート(ビューフォート 自由が丘店)

fitfitの商品写真

前足部に衝撃吸収クッションを内蔵し、履き心地抜群。クッション性と反発性に優れたソールで、長時間歩いても疲れにくい。1万2900円/fitfit

◆バレエシューズは甲深をチョイス

タラントンbyダイアナの商品写真

スクエアトゥで足先がゆったり履けるタイプ。ベージュエナメルは足元が軽やかな印象に。流行のバレエシューズも甲が深いタイプなら、足を包み込んでくれるので履きやすい。1万8000円/タラントンbyダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

ウォーターマッサージの商品写真

水様液が入ったインソールが、歩く際の衝撃を和らげる。歩くたびに足裏をマッサージするような効果も。2万2000円/ウォーターマッサージ(卑弥呼)

教えてくれたのは:鍛冶英雄さん

お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長。千葉大学医学部附属病院などを経て、同クリニックを開院。足部を専門に扱う「足と靴の外来」を開設。

撮影/玉井幹郎、平林直己 スタイリング/福田栄華

※女性セブン2020年4月23日号

●外反母趾でも痛くならない靴の選び方は?靴にまつわる8つの悩みにプロが回答
●スニーカーの正しいお手入れ法やコーデ術などをスタイリストが解説
●芸能人13人のスニーカーコーデ術|石田ゆり子、滝クリ、矢田亜希子らのテクを解説
●最新スニーカー(レディース)17選【2019】|ナイキやアディダスの他、「安い」で選ぶならどれ?
●アリアナ、ガガ、ジェンナー…“コンバースオールスター愛”コーデ8選

関連記事