【旬菜】代謝アップにもプラス!中まで味がしみ込んだ「ぶり大根」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、大根を使ったレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

* * *

ABC_HealthLab_201612_Daikon05

大根は根の部分に「食物繊維」や「カリウム」を含むので、デトックスに効果が期待できる。炭水化物を分解する「ジアスタネーゼ」や脂肪を分解する「リパーゼ」など、さまざまな消化酵素を含む点もダイエットにうれしい。

鰤(ぶり)には、血液をさらさらにしてくれる「オメガ3脂肪酸」や、代謝アップに役立つ「ビタミンB群」が。中まで味がしみ込んだほっこり大根が食欲をそそる。

カロリー…431kcal(1人分) 調理時間…50分

材料(2人分)

鰤(切り身)…200g 塩…小さじ1/2 大根…300g ショウガ(薄切り)…10g
【A】水…200cc 酒…100cc 砂糖…小さじ5 みりん…大さじ2
醤油…小さじ4 ショウガ(針ショウガ)…適量

下準備

・鰤は1枚を3等分のそぎ切りにし、塩をふる。10分ほどなじませて、水気を除いておく
・大根は厚さ2cmの輪切りにし、 皮をむいて面取りして、十文字の隠し包丁を入れておく

作り方

【1】大根は耐熱容器に入れ、水(大さじ1・分量外)を加える。ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(500W)で5分ほど加熱する。
【2】鍋に熱湯を沸かして、鰤を入れ、霜降りして水にとる。ペーパーで水気を除く
【3】鍋に【A】、【1】、【2】、ショウガ(薄切り)を入れて加熱する。沸騰したら弱火にし、アクを除きながら5分ほど煮る
【4】醤油を加え、落としブタをして、15分ほど煮る
【5】落としブタをとり、時々上から煮汁をかけながら5分ほど煮る
【6】鰤を取り出し、煮汁を煮詰め、再び鰤を戻し入れて煮汁をからめる
【7】器に大根と鰤を盛り付け、煮汁をかけ、ショウガ(針ショウガ)を飾る

POINT!

煮汁を煮詰め、大根にしっかり味をしみ込ませた後で鰤を戻すと、鰤の身が硬くならず、煮崩れを防止できる

→作り方を動画でチェック!

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→ABC HEALTH LABO監修の【旬菜レシピ】をもっと見る

【関連する記事をチェック!】
【旬菜】 厚揚げがボリューム感をプラス。お財布にも優しい「大根おろし丼」
【旬菜】主食代わりにいただきたい。低カロリーな「大根パスタ風シーザーサラダ」
【旬菜】デトックスに効果あり。シイタケのレシピ5選
専門家が回答。食物繊維が“大人のダイエット”に必須の理由
体型お悩み別!ジムでもビーチでも映えるスイムウェア3選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事