秋篠宮家のプリンセスたちのペールカラーを楽しむ春ファッション集

秋篠宮妃紀子さまは淡い色合いの和装をお召になることが多く、眞子さま、佳子さまも淡い色、ペールトーンの洋服をよく着こなされている。そこで、春らしさが満点の秋篠宮家の母娘のファッションをチェックしてみよう。

さりげない花柄が奥ゆかしく上品な和装スタイル

「第16回日本学術振興会賞並びに日本学士院学術奨励賞」の授賞式(2月18日)の記念茶会での紀子さま

「第16回日本学術振興会賞並びに日本学士院学術奨励賞」の授賞式の記念茶会(撮影/雑誌協会代表取材)

春の花というと、桜や梅など、どちらかというとかわいらしく大人の女性が着ると幼くなってしまう花柄のイメージが強いが、紀子さまのお召しになったお着物は、柄自体が淡く主張は控えめ。描かれた花は、杜若(かきつばた)か菖蒲(しょうぶ)と思われる。さりげない花柄が、奥ゆかしく上品な印象を強くしている。帯どめのパールと、手元のパールの指輪がキラリと存在感を放ち、ほどよく和洋折衷させているあたりから、おしゃれ度の高さがうかがえる。(2020年2月18日)

→紀子さま、ロイヤルムードなセットアップコーデはコチラ

ペールトーンの春めく着物スタイル

「第60回交通安全国民運動中央大会」に出席された紀子さま

「第60回交通安全国民運動中央大会」(撮影/雑誌協会代表取材)

白に近いがほんのりグリーンがかって見える、ペールトーンの着物は、春の気配を感じるさわやかな配色。以前から、紀子さまは、淡い色合いで、装飾や加工が華美でない、軽やかな印象の着物を好まれるようだ。どちらかというと地味目の着物だが、帯の梅と思われる花柄がポイントになり、春を感じさせていた。花柄自体は大ぶりだが、色味はこちらも控えめで、派手さをセーブ。とはいえ、控えめでも大ぶりの花柄を差し込むことで、可憐な雰囲気が漂う。(2020年1月22日)

→佳子さま、知的で清楚な濃紺スーツスタイルはコチラ

母娘2人で淡色の着物でリンク

佳子さまは母・紀子さまとともに国際非政府組織(NGO)『セーブ・ザ・チルドレン』設立100年を記念するチャリティーディナーにご出席

『セーブ・ザ・チルドレン』設立100年を記念するチャリティーディナー(撮影/雑誌協会代表取材)

紀子さまは佳子さまとともに国際非政府組織(NGO)『セーブ・ザ・チルドレン』設立100年を記念するチャリティーディナーにご出席。同じ淡いペールトーンの着物で揃えられた。紀子さまは、大人っぽい扇柄、佳子さまはかわいらしい花柄でちょっぴり差をつけられたようだ。(2019年5月13日)

→アナ雪をイメージ?眞子さま、佳子さまのリンクコーデはコチラ

麗らかなペールトーンのスーツ姿で統一

『千葉県少年少女オーケストラ東京公演』に出席された眞子さまと佳子さま

『千葉県少年少女オーケストラ東京公演』(撮影/雑誌協会代表取材)

『千葉県少年少女オーケストラ東京公演』に出席された眞子さまと佳子さま。眞子さまは淡いピンク、佳子さまはミントブルーのスーツ姿で。同じような着丈でやさしい色合いのもので揃えている。素材やデザインが違っていても、統一感のあるコーディネートに仲のよさがうかがえる。(2019年3月24日)

→眞子さま、佳子さまのファッション競艶はコチラ

春満開の和装はほぼお揃い!

天皇陛下の『即位30周年記念雅楽の演奏会』にご出席された、眞子さまと佳子さま

天皇陛下『即位30周年記念雅楽の演奏会』(撮影/雑誌協会代表取材)

天皇陛下(現・上皇陛下)の『即位30周年記念雅楽の演奏会』に出席された、眞子さまと佳子さま。春らしい淡色の振袖姿のお2人。お揃いの総絞りの帯揚げが目を引く。春らしいお振袖に合わせて、ヘアスタイルもすっきりまとめられて、寄り添い、心通わせているご様子が伝わるような装いでいらした。(2019年3月18日)

→眞子さま佳子さま姉妹の愛らしい和服コレクションはコチラ

淡いグリーンで清らかに

ご両親から受け継がれた『みどりの感謝祭』の式典にご出された眞子さま

『みどりの感謝祭』の式典(撮影/雑誌協会代表取材)

眞子さまはご両親からひき継がれた『みどりの感謝祭』の式典にご出席。緑化運動の功労者たちを表彰するイベントにふさわしく、淡い緑色のシンプルなワンピース姿でお言葉を述べられた。膝下丈のワンピースは、ウエストの両サイドにギャザー加工が施されていて、腰位置を高く見せてくれている。靴やバッグはオフホワイト、ネックレスやイヤリングはパールと、小物は白で統一することで、上品な印象に。(2019年5月11日)

→眞子さまの大人シックなグリーンコーデはコチラ

春めくフレアワンピで花咲く展覧会へ

「第69回関東東海花の展覧会」に出席された佳子さま

「第69回関東東海花の展覧会」(撮影/雑誌協会代表取材)

この日、佳子さまがお召しになったワンピースは、ツイード素材。佳子さまがご公務でよくお選びになる素材だが、色は春を感じさせるライトなベージュや白が織り込まれている。膝丈のフレアなスカートは、脚が細く見える効果が。さらに、ウエストに切り替えがはいっているため、脚長効果も生まれ、1枚でスタイルアップが可能なワンピースといえる。小物もベージュで統一し、白ベースのツイードワンピと合わせたワントーンコーデで、明るく軽やかな印象に。(2020年1月31日)

→佳子さまの純白スーツの着こなしはコチラ

→女性皇族の令和2年を祝う優雅なファッションはコチラ

→雅子さまのサスティナブルなファッションの秘密はコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事