冬物の収納ルール5|衣装ケースにラベル、ハンガーで「見える化」等

衣替えはおっくうなもの。そんな概念をくつがえす、楽しくなる整理術を収納のプロが教えます。たった5つのルールを実践するだけで、見違えるほど見やすくてスッキリとした収納スペースに変身。

実際に整理整頓が苦手な人のクローゼットを例に、使いやすくてしまいやすい収納スペースへと導くポイントも紹介します!

→冬物、「捨てる・捨てない」の見極め術は?

→ニット等のしまい方&たたみ方は?

ひとめで把握&管理できる収納に 5つのルール

クローゼットに整然と洋服が収納されている

収納はダイエットと同じで、仕組みを頭に入れて続けられることが大事。把握できて片付けやすい収納に導く5つのルールを、整理収納アドバイザーの大木聖美さんが伝授してくれました。

【ルール1】どこにしまったかわかるように衣装ケースや引き出しはラベリング

収納ケースにマスキングテープを張って何が入っているか書いている

冬物はしばらく使わないので、どこにしまったか忘れがち。「探す」手間を増やさないために、ラベリングは必須。マスキングテープなら、跡が残りにくい。

【ルール2】どデカ衣装ケースは、できれば「引き出しケース」にチェンジ

深型の大きな収納ケース

【NG!】下の物は永久に出せない

衣類は、引き出しタイプに収納したほうがラク。春夏物と秋冬物を同種の引き出しにしまえば、引き出しを差し替えるだけで衣替えに。

半透明の引き出しケースに洋服が入っている

【ルール3】1枚ずつハンガーにかけて「見える化」

連結ハンガーに5枚のボトムスがかかっている

【NG!】下側の服は埋もれていく

服を重ね留めする連結ハンガーは、重なった服が「死蔵」されがち。ブランコハンガーなどを使ってかける場所を増やし、1枚ずつハンガーにかける。

ブランコハンガーに1枚ずつ洋服を掛けている

【ルール4】クローゼットは「風通しよく」詰め込みすぎない

クローゼットにほどよい量の服が掛かっている

ギュウギュウに詰め込むと、服がシワになるうえ、湿気がこもってカビやすくなる。収納するのは7~8割量で、風通しよくしておく。除湿剤を置くという手も!

【ルール5】小物はソフトケースにまとめて高いところへ

ソフトケースに仕切を入れてわかりやすく収納している

仕切を使って見やすくする工夫をすると更にいい!

タイツや冬肌着などはソフトケースにまとめると、上の棚などにのせやすい。万一落ちてきても、軽いものなので安心。

冬物の片付けにぴったり、お助けアイテム

・ブランコハンガー|クローゼットの縦空間を有効活用

ブランコハンガーに服がかけられている

ネジの位置で下のバーの位置が変えられる。幅41~70、長さ101.5cm ブランコハンガーS参考価格3180円(エスエイ企画)

・ソフトボックス|隙間や高い棚にも収納できる

ソフトケースの商品写真

ほどよいサイズで、ベッド下や天袋にも収納可。幅59×奥行39×高さ18cm。ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・衣装ケース 1810円(無印良品 銀座)

リアル×クローゼットを突撃お直し

服の収納が大の苦手なライターKの自宅を、収納のプロの大木さんが改革。床にまではみ出してカオスになっている押し入れ&クローゼット、果たして収まりきるのか!? いざ、実践。

【Before】カオスなクローゼットと押し入れをチェック&整理

・クローゼットと押入れの役割を決める

かたづけ前のクローゼットと押し入れ

【NG】(左写真・クローゼット、右写真押し入れ)使わないものや重なって見えない洋服などがぎっしり。クローゼットは今使うもの、押し入れはしまっておきたいものを入れて

「本来の使い方が、逆。押し入れにはしまっておくものを、クローゼットは、いま使うものを中心に」(大木さん)

・アウターを減らしてケアして収納

1つのハンガーに2枚のアウターがかけられている

【NG!】2枚がけで春物が取れない。必要かどうかすらわからない

一度全部出してみた結果、アウターは6着! 3着処分して詰め込み解消。

コートにカバーをかけて収納している

とっておきたいものには、カバーがけを

来季も着る服にはカバーを。

・どデカ衣装ケースは廃止し、引き出しケースに移動

大きな収納ケースに入った洋服がぎっしり入っている

【NG!】1年以上出していない服ばかり。一度、中身を整理してから見やすい場所へ移動させて

押し入れ奥の、普段は見えない場所に収納されていた衣装ケースの中身を整理し、保管する衣類は手前の引き出しケースへ移動。

・ニット&ボトムは厳選して収納できる数に

ゆかにニットが24枚ならんでいる

【NG!】ニットだけで24枚も! 着るものを残して

トップス10枚とボトム5本を、押し入れの引き出しケースに。ボトムは仕切りを使って立てて入れると、見やすくなる。

収納ケースにトップスとボトムスがわかりやすく入っている

見やすい収納にすれば、洋服選びも楽しくなる

・出しっぱブーツは箱に入れて押し入れへ

玄関に置きっぱなしのブーツは、ケアしてから箱に入れて、押し入れの空きスペースへ。クローゼットの下などでもOK。

ブーツが箱に入っている

【After】使いやすくなったクローゼットと押し入れで快適!

整理された押し入れとクローゼット

クローゼットに引き出しを置き、春夏物と下着などを収納。オフシーズン物は押し入れへ。すべてを把握できる美収納に!

教えてくれたのは

整理収納アドバイザー・大木聖美さん/シンプルに快適に美しくをモットーに暮らしやすい空間作りを提案。ブログ「我が道ライフ」http://wagamichilife.jp/

撮影/国井美奈子、小澤晶子

※女性セブン2020年4月9日号

●冬物衣類のスマート整理術|「捨てる服」の見極めポイントは?
●1日5分!簡単衣替え7つのコツ|衣類を”見える化”する収納でラクラク
●”こんまり”が全米で渡辺謙より有名になったワケと片付けメソッドをおさらい
●化粧品、いつまで使える?化粧水や香水などの消費期限を知り肌トラブルを防ぐ!
●お掃除エクササイズでダイエット|部屋が片付くと痩せる!お腹、背中、二の腕に効く

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事