広瀬すずはロッカー風!美女4人の春ワンピ”競演”【ファッションチェック】

暖かくなり、軽やかな“春ワンピ”を着たくなる時季。芸能界でも、世代の異なる女優陣がワンピースをチョイスし華やかに魅せていた。素材もデザインもさまざまだが、どれも“春”を感じられる。

黒木華 ピンクをハンサムにまとめる

黒木華

黒木華は、さわやかなピンクのシャツワンピース。

黒木華

一見フェミニンだが、横に広がりすぎないボックスプリーツやスタンドカラー風の襟からはカッチリとした雰囲気が漂う。襟や袖はパイピング入りで、淡い色合いを引き締めていた。前髪を上げたヘアスタイルや、シルバーのイヤーカフからはどことなくハンサムな印象も。

黒木華

映画『甘いお酒でうがい』の大ヒット祈願イベントに出席した黒木。主人公・川嶋佳子(松雪泰子)の同僚、若林ちゃんを演じている。(3月24日)

→イエローのシャツワンピがさわやかな、のんはコチラ

松雪泰子 柄物で統一し華やかに

松雪泰子

総柄ワンピを着こなしたのは、松雪泰子。

松雪泰子

上半身、スカート部分、ボウタイと、それぞれ同じ柄が描かれているがパターンの大小が異なるためメリハリがのあるコーデ。足元も、柄やストーンのついた華やかなパンプスを合わせ、全身華やかだ。ちなみに、以前この【ファッションチェック】で紹介した際も総柄ワンピだった松雪。お気に入りのスタイルのようだ。

松雪泰子

主演作『甘いお酒でうがい』で、派遣社員の佳子役を務める松雪。同僚の若林ちゃんや岡本くんと過ごす日常を丁寧に演じている。(3月24日)

→シフォン素材の総柄ワンピで魅せた松雪泰子はコチラ

木村多江 派手柄ワンピをおしとやかに

木村多江

「ピンク×赤」のワンピを大人っぽく魅せた木村多江。

木村多江

色のみならず、素材も総レースだから比較的派手なのだが、おしとやかな木村にかかれば上品な雰囲気に。腕やデコルテはレース越しにのぞかせ、大人の色気も感じさせる。また、Vラインのサンダルで足元もさり気なく露出。耳には大ぶりのイヤリングをつけて個性ものぞかせた。

木村多江

映画『一度死んでみた』(公開中)の公開初日記念ミサに登壇した木村。劇中では、主人公・野畑七瀬(広瀬すず)の母、百合子を演じた。(3月20日)

→白石麻衣のセクシー黒レースコーデはコチラ

広瀬すず インパクト大のヘビーなコーデ

広瀬すず

広瀬すずは、真っ赤なワンピで存在感を放った。

広瀬すず

裾に行くに連れ、大きく広がっていく“Aライン”のワンピ。ペプラム裾によって一層ボリュームが増していた。足元は、黒ブーツでカッコよく。ソールには赤が入っていてワンピースとも好相性のアイテムだ。また、星型のイヤリングやリングなど、アクセ類をシルバーで統一。ワンピながらロッカー風のヘビーなコーデにまとめていた。

広瀬すず

広瀬も、木村と同じく『一度死んでみた』のイベントに出席。「日本中に笑顔を届けたいです。ぜひ楽しんでください」と呼びかけた。(3月20日)

→ボルドーでシックに決めた広瀬すずはコチラ

→女優やモデルの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、矢口和也

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事