免疫力UPには小松菜!?おウチで簡単「小松菜あんかけ丼」【市橋有里の美レシピ】

いよいよ春本番、満開の桜に心が弾む季節です。気分が明るくなるのはよいことですが、世界中で新型コロナウイルスの影響が深刻さを増している今、体調管理に油断は禁物!

「小松菜あんかけ丼」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、免疫力を高める効果のある成分を含む食材をたっぷり使ったレシピを直撃!

いつもより家の中で過ごすことが多いこの時期、せっかくなら料理のレパートリーを増やしたいライターFが徹底レポートします!

あれこれ応用も!お手軽中華あんを使った「小松菜あんかけ丼」

市橋有里がレシピ考案した、免疫力がUPする「小松菜あんかけ丼」

――あんかけ丼って少し難しいというか、手間がかかるイメージがあるので、上手に作れたらうれしいかも!

有里:実際は難しくないですし、このレシピなら誰でも上手に作れるはず。おウチで過ごす時間が多いこの時期、普段作らない料理にチャレンジしてみるのもおすすめですよ。

――確かに! この機会にレパートリーを増やせたらいいですね。

「小松菜あんかけ丼」をフライパンで作っている

有里:今回は丼ものを作りますが、中華あんの作り方を覚えておくと、いろいろ応用がきいて重宝します。カリカリに揚げ焼きした麺の上にのせても、豆腐にかけてもおいしいですよ!

―あんかけ焼きそばも魅力的だし、ご飯を豆腐に代えればダイエットメニューにもよさそうだし、いろいろなアレンジができるのはいいですね。

有里:はい。もちろん具材もアレンジ自在ですが、今回はウイルス対策や、寒暖差による風邪予防の意味もこめて、免疫力を高めるのに効果的な食材をたっぷり使って作りたいと思います。

――楽しみです!

《材料》(2人分)

「小松菜あんかけ丼」の材料

小松菜…2株 豚肉…100g 干しいたけ…4個 にんじん…1/4本 長ねぎ…1/2本 ご飯…2人分 片栗粉…大さじ1と1/2 水…大さじ1と1/2
【A】ごま油…大さじ1 酒…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 オイスターソース…大さじ1 砂糖…小さじ1/2 鶏ガラスープの素…小さじ1/2

《作り方》

【1】 ボウルに水を入れ、干しいたけを戻してから、細切りにする。その他の具材は、食べやすい大きさに切っておく。小松菜はレンジで1分加熱する。※できれば干しいたけは一晩かけて戻し、戻し汁はとっておく。

にんじん、しいたけ、ねぎを切っている

【2】 フライパンにごま油を入れて熱し、豚肉をサッと炒め、小松菜以外の具材をすべて加えて炒める。全体に火が通ったら、しいたけの戻し汁(500ml前後)を加え、【A】を入れて沸騰させる。

「小松菜あんかけ丼」をフライパンで作っている

【3】 片栗粉を水で溶き、【2】にとろみをつける、小松菜と一緒にご飯を入れた器に盛り付ける。

免疫細胞を増やし、そのはたらきを高める小松菜パワー

小松菜

写真/アフロ

――おひたしもいいけど、小松菜は中華にもよく合いますよね!

有里:はい。実は私は現役の頃から中華丼が大好きで、今日は何を作ろうかとメニューに困ったら中華丼!というほど。今回は中華風の味つけがよく合い、免疫力を高める効果が期待できる小松菜をたっぷり使った中華丼を作りました。

――小松菜で免疫力アップとは…知りませんでした!

有里:小松菜は、免疫力がアップする成分の豊富さは野菜の中でトップクラスなんですよ!

――トップクラス!? それはすごいですね。

有里:免疫細胞のはたらきを高めるには、ビタミンEとカロテノイドを摂取することが有効なのですが、小松菜には免疫力を高める野菜として知られるキャベツの9倍のビタミンEと、60倍ものカロテノイドが含まれていると言われています。

小松菜を包丁で切っている

――そんなに! この時期、特に積極的に食べておきたいですね。

有里:はい。また、小松菜には免疫細胞の数を増やすイソチオシアネートという栄養素も含まれているのですが、これはアブラナ科の野菜にだけ含まれている特別なもの。

小松菜は日本特有の野菜なので、世界的にはあまり免疫力を高める野菜として認知されていないのですが、とっても優れた野菜といえますね。

――日本では手軽に小松菜が手にはいることに感謝して、たくさん食べたいと思います!

まだまだある小松菜の効能!健康維持や美容効果も

市橋有里がレシピ考案した、免疫力がUPする「小松菜あんかけ丼」

有里:小松菜がいかに免疫力アップに有効な栄養を含んだ野菜かを知ってもらえたかと思いますが、実は小松菜にはもっといろいろな栄養素が含まれています。

――どんな栄養ですか?

有里:特に含有量が多いのはカルシウムで、牛乳と同レベルと言われています。その他、ビタミンCやカリウム、鉄などのミネラルも豊富です。

――いろいろな栄養がバランス含まれているんですね。

有里:その通り。骨や歯の形成に不可欠なカルシウムや酸素を体中に運ぶヘモグロビンのもととなる鉄などは健康維持に欠かせない栄養素です。それに、シミやそばかすを防ぐはたらきのあるビタミンCや、むくみ防止に役立つカリウムなど、美容効果のある栄養素も豊富に含まれています。

――最近、晴れの日は紫外線が気になるので、ビタミンCも豊富なのはうれしいです。

「小松菜あんかけ丼」をフライパンで作っている

有里:1つの食材でさまざまな栄養が摂れるのは魅力的ですよね。この中華あんは、甘みのある味付けとシャキシャキした食感で、飽きずにたくさん小松菜を食べられるのがポイント。

子供も好きな味だと思いますので、お子さんのお昼ごはんに困ったときなどに作ってみてほしいと思います。

――焼きそば麺をカリカリに焼いて、あんかけ焼きそばも作ってみたいです。

有里:それもとってもおすすめです! 合わせる具材もいろいろアレンジできますし、もちろん、ご飯にかけずにおかずの一品にするのもアリなので、ぜひトライしてみてくださいね。

――おうちご飯の頻度が高いこの時期に、アレンジのきくレシピは本当に助かります。免疫力アップや美容に役立つメニューならなおさら! 有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

有里:こちらこそ! 小松菜は、おひたしやナムルなど、いろいろな食べ方がありますが、中華風の味つけにすることで量を食べやすくなります。

あんかけ丼にすれば、それ一品で一食として成立しますし、栄養バランスも抜群なので、献立に困ったときのお助けメニューとしても“アリ”だと思います!

市橋有里がレシピ考案した、免疫力がUPする「小松菜あんかけ丼」

* * *

日本特有の野菜である小松菜は、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランスよく含んでいるだけでなく、免疫力という点でも注目。

トロッとした中華あんの中で味わうシャキシャキの小松菜がなんともおいしいあんかけ丼なら、一食でたっぷり栄養をチャージすることができます。しっかり食べて、心も体も元気にこの時期を乗り越えたいですね。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●新型コロナ流行!ダイエットで免疫力低下に注意、サラダ、ヨーグルトばかり食べていると…
●新型コロナが拡大!日々の生活に取り入れたい免疫力アップの方法10選
●新型コロナに克つ!免疫力UPさせる「ごぼうとケールのデトックスサラダ」【市橋有里の美レシピ】
●納豆で花粉症を撃退!?アレルギー抑制&免疫力UPの「ヘルシー納豆餃子」【市橋有里の美レシピ】
●ウイルス蔓延の今だから…「免疫力」を高める温活レシピ8品

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事