糖質オフしたい日の時短レシピ2選|レンジでできる低糖質のお助け料理を紹介

やる気はあっても時間がないと、なかなか続かないダイエットのための自炊。

キッチンで嘆く女性

写真/Getty Images

手早く満足感を得ることができる糖質の多い食事をつい選んでしまう…という人は、少ない材料で簡単に作ることができる時短レシピのレパートリーがあると便利。

そこで、ボディメイカー・JUNさんの著書『ごはんの量を3日サイクルで変えるだけでスッキリ!簡単で低糖質なレシピをまとめた「3ヵ月で-17kg 3日間糖質リセットレシピ」』(宝島社)から、時短レシピをピックアップして紹介する。さらに、時間がないときの白ごはんの食べテクにも注目を。

3ヵ月で-17kg 3日間糖質リセットレシピ (TJMOOK)

糖質を適度に摂りながら、JUNさんが3か月で体重-17kg、体脂肪率-16%を成功させたダイエット法「3Days糖質オフダイエット」にチャレンジしたい人も要チェック!

「サラダチキン鍋」レシピ

サラダチキン鍋

『3ヵ月で-17kg 3日間糖質リセットレシピ』(宝島社)より

糖質が少ないお助け食品の代表選手・サラダチキンが主役の鍋。サラダチキン、鍋の素の味を変えればバリエーションも楽しめる。1食あたりの糖質量7.1g、たんぱく質量32.7g、脂質量8.9g。

《材料》(1人分)

サラダチキン…100g カット野菜…100g 水…100〜150ml 鍋の素…20g 温泉卵…1個

《作り方》

【1】耐熱容器にカット野菜、鍋の素、ほぐしたサラダチキンを入れ、少しずらしてふたをし、電子レンジ(600W)で温まるまで約3分加熱する。
【2】食べる直前に温泉卵をトッピングしてでき上がり。

「さば水煮缶のトマト蒸し」レシピ

さば水煮缶のトマト蒸し

『3ヵ月で-17kg 3日間糖質リセットレシピ』(宝島社)より

さば水煮缶が、魚介のだしと塩でシンプルに味わうアクアパッツァ風に。材料を耐熱容器に入れてレンチンで完成! 1食あたりの糖質量8.6g、たんぱく質量25.5g、脂質量19.9g。

《材料》(1人分)

さば水煮缶…1缶(150g) 玉ねぎ…80g ミニトマト…4個 塩…小さじ1/4 レモン汁(酢でも可)…適量

《作り方》

【1】玉ねぎは薄切りにし、ミニトマトは半分に切る。
【2】耐熱容器に玉ねぎを広げ、さば水煮缶を汁ごと入れる。ミニトマトをのせて塩をふり、ラップをかける。
【3】電子レンジ(600W)で約2分半、玉ねぎがしんなりとなるまで混ぜながら加熱する。
【4】レモン汁または酢をふって食べる。

さば水煮缶1缶(150g)のたんぱく質量は24.3gと、手軽にたんぱく質を補給できるスーパー食材。料理をする余裕がないときは、臭みを軽減してくれるしょうが10gと少量のしょうゆをかけていただくのもおすすめ。

卵かけごはんは白身でコーティング

血糖値の急上昇を防ぐための食べ方として、食物繊維を多く含む食べ物から食べる方法がある。JUNさんも食事の際には海藻やきのこを使ったおかずを先に食べることをおすすめしているけれど、忙しいときはそこまで気が回らないもの。

そこでJUNさんが血糖値の上がりづらいごはんの食べ方として紹介しているのが、「ごはんの卵コーティングテク」。これは卵を白身と黄身に分け、まずは白身だけをごはん100gにふんわりとするまで混ぜてから、黄身をオン。しょうゆを少量かけて、黄身を溶きほぐしながらいただくという食べ方。

この食べ方には下記の3つのメリットがあるそう。

・糖質の消化吸収のスピードを遅らせる
・動物性たんぱく質を確保
・卵がふんわりしてごはんをかさ増し

厳しい糖質制限ダイエットに挫折した経験のある人は、リバウンド知らずのJUNさんがおすすめしている食べ方をぜひ試してみて。

【データ】
宝島社『ごはんの量を3日サイクルで変えるだけでスッキリ!簡単で低糖質なレシピをまとめた「3ヵ月で-17kg 3日間糖質リセットレシピ」』
著者 :JUN

●ごはん我慢は3日に1日だけ!『3日間糖質リセットレシピでスッキリ』から低糖質簡単レシピを紹介
●キツくない糖質制限が成功のコツ!-17kgの著者が教える「3Days糖質オフダイエット」
●3か月で-17kgのボディメイカーJUN、糖質オフを続けるコツは?【美痩せインタビュー】
●脂肪燃焼効果をアップさせるストレッチ3つ|3か月で-17kgのボディメイカー・JUNが伝授!
●ゆりやんも10日で8kg減!ロカボダイエットの正しい方法を麻生れいみさんが解説

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事