マスクつけても化粧が落ちない方法|ヘアメイクが伝授する意外テクとは?

いまや下着のように毎日必ずつけるようになったマスク。それゆえ、これまで感じなかった“不具合”や“トラブル”に気づいた人も少なくない。特に、メイク関係の悩みは尽きないようだ。「メイク崩れを防ぎたい」「マスクの裏にファンデやリップがべったりついてしまう」「いつものメイクで大丈夫?」など、問題がつぎつぎに出てくる。そんな疑問に人気ヘアメイクアップアーティストがQ&A形式で答えます。

マスクを手にして考えている女性

写真/ゲッティイメージズ

Q:外すとファンデーションやリップがべったり。きれいに保ちたいです

A:内側にベビーパウダーを忍ばせて

マスクのおかげでせっかくキメたお化粧が崩れることも。ヘアメイクアップアーティストの船津有史さんが助言する。

「下地をしっかりめに塗ってからリキッドファンデーションを薄めに塗ると、マスクの下でもメイクがヨレません。ノーファンデで下地とパウダーのみにするのもアリ。チークをつける場合は、パウダーではなく、リキッドやクリームにすると肌にフィットして崩れにくい」

裏技はベビーパウダーだ。

「マスクの内側にベビーパウダーをポンポンとつけると、メイクとマスクの間に層ができてお化粧がうつりにくくなります。最後にメイクをキープするスプレーやリップコートでお化粧を保護するのもおすすめです」(船津さん・以下同)

Q:マスクをつけると、顔のパーツがぼんやりし、誰だかわからない状態に

A:アイシャドーをしっかり!

しっかりアイメイクした女性

写真/ゲッティイメージズ

いつものメイクでマスクをすると、リップやチークの色でごまかせないためノーメイクのように見えてしまうという声も多く聞かれる。

「その場合のポイントは目です」と語るのは船津さん。

「目をしっかりメイクするとマスクをしても印象がぼやけません。まぶたがたるんでいるかたはブラウン系でキリっとさせて、まぶたがくぼんでいるかたはピンク系で血色をよく見せましょう。まつげが薄かったり短かったりするかたはマスカラもしっかりめに。また、眉毛を普段よりも濃く描くことも心がけてください」

リップグロスはマスクにつきやすいのでNGだ。

「リップペンシルを輪郭だけでなく唇にも塗り、その上からマットめのリップを塗ると持ちがよくなります」

リップを塗った後のティッシュオフも忘れずに。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

●新型コロナが拡大!日々の生活に取り入れたい免疫力アップの方法10選
●就寝中におすすめの”保湿マスク”は?マスクして寝ることの効果&デメリットも解説
●街で黒マスクがブーム!きっかけはBTSらK-POPアイドル
●ウイルス蔓延の今だから…「免疫力」を高める温活レシピ8品
●40代以上のメイクのやり方|チーク、アイカラーの選び方や眉毛の描き方テクなどをレッスン!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ぱるは より:

    為になった。試してみたい。

    7+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事