天皇陛下と雅子皇后のリンクコーデ4選|令和に示された”愛のファッション”

令和になり、より精力的に公務に励まれている天皇皇后両陛下。その際、たびたびリンクコーデを見せられてきた。お互いのお気遣いがうかがえる“お揃いファッション”をまとめてみた。

雅子皇后のお誕生日は朗らかなオレンジカラーが輝いた

東京・赤坂御所にて、即位行事で配られた菓子器、ボンボニエールなどを眺めながら、天皇陛下とソファに座られる雅子さま

写真提供/宮内庁

2019年12月9日に56才になられた皇后雅子さまのお誕生日写真では、天皇陛下のネクタイの色と雅子さまのオレンジスーツがさりげないペアルックとして話題に。雅子さまの笑顔が一層輝いて見えた。

11月23日に帰京される天皇皇后両陛下

写真提供/宮内庁

雅子さまのお召しになった光沢のあるオレンジカラーのスーツは、「親謁の儀(しんえつのぎ)」(2019年11月23日)に伴い、三重・伊勢市をご訪問し、帰京されるときにお召しになっていたもの。ご自身の誕生日に公開される写真に、初めて披露するお召し物ではなく、以前お召しになったものを着回しされるところに、雅子さまの謙虚なお気持ちがうかがえる。

→雅子さまの着回しコレクションはコチラ

上品なワインカラーでスタイリッシュにリンク

「国立障害者リハビリテーション学院」などご訪問された際の天皇皇后両陛下

撮影/雑誌協会代表取材

1月22日に「国立障害者リハビリテーション学院」などをご訪問された際は、上品なワインカラーでリンク。スーツ姿の陛下はネクタイにワインレッドのピンストライプをセレクト。雅子さまはスカートスーツ、帽子、足元までワインレッドでコーディネートされていた。

ワインカラーのスーツと帽子を身につけられた雅子さま

撮影/雑誌協会代表取材

ウールのスーツに対して、シルク地にステッチで格子を浮き出させたオーダーメードならではのデザインがアクセントになっていた。陛下のネクタイと雅子さまの色合わせが見事にぴったり。

→平成最後の一般参賀、雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

ワインカラーはおふたり揃って好きな色!?

『水と文化』国際シンポジウムの際の天皇皇后両陛下

撮影/雑誌協会代表取材

2月3日の「『水と文化』国際シンポジウム―水の遺跡から地域の発展を考える―」には、またまたワインカラーのお揃いファッションでお出ましに。肩を並べて、学ばれる真摯なおふたりのお召し物は、陛下が身につけられたネクタイと同色でコーディネートされていた。”お揃いファッション“で、おふたりとも笑顔あふれるご公務となった。

→雅子さまのワインカラーで統一したトラベルファッションはコチラ

陛下の還暦のお誕生日はブルーを合わせてさわやかに

天皇陛下のお誕生日の記者会見の際の両陛下

写真提供/宮内庁

2月23日、60才の還暦を迎えられたに陛下。お誕生日に合わせて発表された写真では、水問題に関する本を雅子さまとご覧になっていた。雅子さまのパンツスーツと、陛下のネクタイがさわやかにリンクコーデ。雅子さまはスカーフもパンツスーツもさわやかなブルーでコーディネートされていた。

→可憐!佳子さまの着回しコーデはコチラ

 

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→雅子皇后の令和コレクションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ねえねえ より:

    私は雅子さまと同世代です。先ずはなんと言ってもお手本にしたいのが
    雅子さまのこれまでの努力と限りない全てのものへの愛情だと
    その心が目に見える姿となっておられると
    だからどんな服装でもキラキラと輝いて見えるのだと私なりに思えてなりません。
    頭のなかで行動とりたくても思うように身体と心が先へと進まなかったこれまでの月日一番昌子さまがお辛かっただろうとこんな私ですが胸が痛みます。それでも天皇陛下の何があっても守りますとのお言葉を信じて共に歩まれた事私の事のように嬉しくて。どうかこれからもおこがましいですが天皇皇后陛下に幸多かれと願います。それこそが日本の象徴だと

    96+

  2. ハトエリコ より:

    私は雅子さまと同世代です。先ずはなんと言ってもお手本にしたいのが
    雅子さまのこれまでの努力と限りない全てのものへの愛情だと
    その心が目に見える姿となっておられると
    だからどんな服装でもキラキラと輝いて見えるのだと私なりに思えてなりません。
    頭のなかで行動とりたくても思うように身体と心が先へと進まなかったこれまでの月日一番昌子さまがお辛かっただろうとこんな私ですが胸が痛みます。それでも天皇陛下の何があっても守りますとのお言葉を信じて共に歩まれた事私の事のように嬉しくて。どうかこれからもおこがましいですが天皇皇后陛下に幸多かれと願います。それこそが日本の象徴だと

    53+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事