雅子皇后、鮮やかな着回しコレクション|サスティナブルファッションの秘密

皇室の皆さまのお召しものに関する“質素倹約”は先見の明にあふれている!と思ってしまうのは、昨今の世界のファッション界の流れ。“サスティナブル=持続可能”を合言葉に、物を大切にしようという風潮が生まれてきた。

だが日本の皇室ではそれよりずっと前からお出ましの装いに工夫を重ねていらした。皇后雅子さま(56)のお召しものにもそれが拝見できる。さまざまなご公務で身につけられたスーツも、アレンジを加えられながら着回しされてきた。鮮やかな着こなしテクニックを振り返ってみました。

ロイヤルブルーのスーツ 24年前からご愛用

胸元のカットが印象的なロイヤルブルーのスーツ。初登場は実に24年前。それからインナーを替えてイメージチェンジ。年齢を重ねられても、時代を経ても、新鮮な印象を感じさせる着こなし。インナーはあえて襟元が個性的なものをチョイスして、目線を高く持ってくる…とてもお手本になるコーディネートです。

1996年10月、「全国育樹祭」

1996年10月「全国育樹祭」でロイヤルブルーのスーツをお召しになる雅子さま

1996年10月、「全国育樹祭」

→雅子さま 精力的なご公務での着回しファッションはコチラ

1998年3月、「フェリペスペイン皇太子(当時)お出迎え」

1998年3月「フェリペスペイン皇太子(当時)お出迎え」でロイヤルブルーのスーツをお召しになる雅子さま

1998年3月、「フェリペスペイン皇太子(当時)お出迎え」

→皇后雅子さま、着物やドレスなど着回しコーデ集はコチラ

2018年11月、「全国育樹祭」

2018年11月「全国育樹祭」でロイヤルブルーのスーツをお召しになる雅子さま

2018年11月、「全国育樹祭」

→雅子皇后、56歳の誕生日写真での着回しはコチラ

2020年2月、「世界らん展2020」

世界らん展2020-花と緑の祭典-にご参加された、スーツ姿の天皇陛下とロイヤルブルーのスーツ姿の雅子さま

2020年2月、「世界らん展2020-花と緑の祭典-」

→雅子皇后、上品ブルーグレーのスーツはコチラ

ボルドーのパンツスーツ 元キャリアウーマンらしく颯爽と…

身長164cm、手足の長いスタイルを生かされて、ご公務にもパンツスーツを多用される雅子さま。へちま襟にタックを取ったデザインのパンツスーツは全身ボルドーの鮮やかさ。最新のコーデは色石のロングネックレスをプラスされて…。袖口のブラウスを見せないだけでも、印象を変化させる細かなファッションテクニックが散りばめられている。

2017年11月 、「全国育樹祭」

2017年11月「全国育樹祭」でボルドーのスーツをお召しになる雅子さま

2017年11月、「全国育樹祭」

→雅子皇后、ワインカラーで天皇陛下とリンクコーデはコチラ

2020年2月 、「『水と文化』国際シンポジウム」

2020年2月「世界らん展2020」でボルドーのスーツをお召しになる雅子さま

2020年2月、「世界らん展2020」

→雅子皇后、世界を魅了した華麗なる装いはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2020年3月19日号

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事