広瀬すずはショッキングピンクで魅せた!女優4人の総柄コーデ【ファッションチェック】

春になってくると華やかな“総柄”が着たくなるーー。芸能界の美女たちが思い思いに着こなした総柄コーデを見よ!

のん シャツワンピをレディに見せて

のんはパステルイエローのシャツワンピース。

ブルーのダブルストライプがはいっていて、イエロー単色では出せないさわやかさが引き立った。ちょっとボーイッシュになるシャツワンピースも、ウエストをマークすると体のラインが出て、一気にフェミニン。足元には、メンズライクなレザーシューズを合わせて外していた。

のんは、恋活・婚活マッチングアプリ『Omiai』のアンバサダーに就任。新ウェブCMにも出演し良縁を応援する。(2月20日)

→高畑充希のさわやかシャツワンピはコチラ

小池栄子 女性らしさ引き立つグラデ柄

花柄ワンピがお似合いの、小池栄子。

裾に近づくにつれて、花がだんだんと色づいていく凝ったデザイン。白地に加えフィットアンドフレアというシルエットが、清楚な印象だ。さらに幅のあるプリーツやミモレ丈は上品で、とことん女性らしく着こなした。足元にはヌードカラーのパンプスを合わせることで、可憐なワンピースがさらに際立つ。

映画『グッドバイ~嘘から始まる人生喜劇~』の感謝御礼舞台挨に登壇した小池。本作の舞台挨拶はこの日が最後ということで名残惜しそうだった。(2月23日)

→平手友梨奈のダークな花柄ワンピはコチラ

木村多江 原色でパキッとまとめる

「黒×赤」でカッコよく決めた木村多江。

バンドカラー、デコルテ、袖、スカート部分などそれぞれに異なる柄が配された派手なデザイン。色を抑えることで、うるさくなりすぎず上品にまとまっていた。足元は、ツヤのある黒のエナメルサンダル。耳には大ぶりのイヤリングを揺らし、大人の色気を出していた。

映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の完成披露舞台挨拶に登壇した木村。主人公・野畑七瀬(広瀬すず)の母親・百合子を演じている。(2月24日)

→フェンディの赤ワンピをまとった白石麻衣はコチラ

広瀬すず 激しい柄をジャケットで抑える

広瀬すずは、ショッキングピンクでコーディネート。

中に着たワンピは、ペプラム裾&ミディ丈でかわいらしさが垣間見えるが、ビビッドな色だからか、かなりハードな印象。さらに総柄レースになっているため、存在感が強すぎるが、同色のジャケットを羽織ってコーデをまとめていた。ブーツは黒にして、全身を引き締めているのもポイント。

木村と同じく、『一度死んでみた』の完成披露舞台挨拶に登壇した広瀬。父親(堤真一)のことが大嫌いな反抗期こじらせ娘・七瀬を演じている。(2月24日)

→レースがお好き?広瀬すずのコーデ6選はコチラ

→女優やモデルの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、矢口和也、平野哲郎

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事