ライザップで16kg減!34歳編集者A子のガチダイエット【7】低糖質の食事で役に立った食材たち

日頃の自堕落な生活からおデブ街道を突き進んでいた編集者A子(34歳・独身)が一念発起。10年前のボディを取り戻すべく、RIZAP(ライザップ)への入門を決めた。その結果、5か月で16kgのダイエットに成功!

ライザップ連載イラスト

結果にコミットしたA子の奮闘を、これまでA子の“痩せる痩せる詐欺”に何度もだまされてきたライターFがウォッチング。

ライザップに入会したとき68.8kgだったA子の体重は、筋トレと低糖質の食事を行い、3か月で58.8kg、体脂肪率も38.7%から31%に!

中でも低糖質食事は、糖質を1日50g以内に抑えるという厳しい規制が。甘いものに目がないA子はすぐ挫折するのではと思われたが、意外にも楽しみながら続けられているという。

チョップドサラダ

A子お気に入りのチョップドサラダ

第7回目となる今回は、低糖質の食事を楽しんでいるA子の食生活をのぞき見する。

→連載1回目|カウンセリングで典型的デブ生活卒業を誓う!
→連載2回目|初の低糖質食生活で覚醒!?
→連載3回目|体が硬すぎて基本トレーニングもできず
→連載4回目|減量成功のカギはスクワット

⇒連載5回目|ストレス爆発でトレーナーと大喧嘩!?
⇒連載6回目|メリハリボディは全身バランスよく鍛えよ!

「野菜好き」が功をなす!?

サラダ

基本、毎食サラダを食べていたA子

これまで自堕落な生活を送っていたA子は、食生活も乱れまくりだった。基本、朝ご飯は食べずに昼、夕方、深夜の“3食”という食生活。ライザップ生活を始めてからは、そんな食生活が一変。まさかの朝から自炊に励み、お昼はお弁当を作って職場に持参しているんだとか。

低糖質の弁当

A子が持参していた弁当

⇒ライザップ低糖質の食事ルールはコチラ

「24時に寝るようになって、朝起きれるようになったんです! 最初はつらかったですけど、1か月くらい続けると、朝ご飯を食べないと、体に違和感がでてきちゃって(笑い)」

あれだけ不規則な生活を送っていたA子とは思えない発言…。短期間で人は変われるんだと実感する。

そんなA子のある日の1日のメニューはコチラ。

(朝)キャベツ&わかめのサラダ、サバ缶、納豆、おからヨーグルト

低糖質の食事

(昼)ほうれん草・チーズ・生ハムのサラダ、鶏肉としめじの炒め物、味噌汁

生ハムサラダ

鶏肉としめじの炒め物

鶏肉としめじの炒め物

(夜)レタスとわかめのサラダ、刺身、もずく

低糖質の食事は基本、自炊していたA子だが、よく取り入れていたのは、サバ缶と、ほうれん草や小松菜などの生野菜。

ライザップ神宮前店のカウンセラーで管理栄養士の武田亜美さんいわく、「お野菜は、色が濃いものがおすすめです。また、お肉とお魚、どちらもとったほうがよいですが、より効果を期待するなら、DHAやEPAといった良質の脂が含まれているお魚を意識してとるといいです」とのこと。

たんぱく質が豊富なマグロのお刺身

たんぱく質が豊富なマグロのお刺身

もともと肉中心の食生活を送っていたA子だが、低糖質生活では魚を食べるように。お刺身で食べたり、グリルで焼いたり。味付けもわさびやお塩を少しだけ使うなど、薄味で楽しんでいたら、次第にそれで満たされるようになったそう。濃い味好きのA子からしたら、驚くべき変化だ。

サーモンの塩焼き

サーモンの塩焼き

またサバ缶は、そのまま食べれるので、時間がない朝でもすぐとれるのでありがたかったという。キムチを入れたり、納豆とあえたり、卵と炒めたりと、自己流のアレンジを楽しみ、「意外といろんな調理法があって飽きないんです」と笑顔で明かしていた。

低糖質生活で意外と役に立つのがコンビニ!

コンビニで買える低糖質食品

仕事が忙しく自炊ができないときに、A子が役に立ったと断言するのが、コンビニだ。最近では、ヘルシー志向の人に合わせた低糖質な商品が数多く取り揃えられている。

普段、コンビニで弁当やパスタ、揚げ物などしか買っていなかったA子だが、ライザップトレーナーの星野豊さんから「多忙な中で低糖質生活を成功させるには、コンビニをうまく利用しましょう」とすすめられて、選ぶものを一新。

A子がよく食べていたのが、サラダチキン。最近では、プレーンに加え、ハーブ、スモーク、ガーリック、タンドリーチキン、パクチーなど、各社さまざまなフレーバーのサラダチキンがラインナップされていて、飽きがこないそう。

コンビニのダイエットにオススメ食品

お弁当を持参できないときはコンビニにダッシュ!

また、サーモンなどを使ったサラダフィッシュも増えてきていて、その日の気分によって選択肢が多いこと、時間がない中でもその場でさっと食べられる点も魅力だ。

他にも、サラダや副菜、スープ、ゆで卵、焼き鳥(塩)、アーモンドやチーズなど低糖質なお菓子など、低糖質生活で意外に食べられるものが多いコンビニ。星野さんが言うように、コンビニを賢く活用すればダイエット成功への近道かも!?

ライザップ牛サラダ

ライザップ牛サラダ

あと、A子が外食でお気に入りだったというのが、吉野家のライザップが監修した「ライザップ牛サラダ」。牛肉・鶏肉・豆・玉子・野菜をバランスよく食べられ、ボリューム満点! 手軽に満足感・満腹感を得ることができたので、ちょくちょく通ってたんだとか。

酒飲みのA子、レモン炭酸水で満足できるように!?

レモン炭酸水

九州出身だからなのか、酒飲みのA子。低糖質生活を始める前は、ビールにワイン、日本酒などさなざまな酒を飲みまくっていたが、ライザップ生活で最大限の結果を出すために、“できるだけ”禁酒することを宣言。(いや、そこは完璧にやれよとも思うが…)

そんなA子が、見つけ出した秘策が「レモン炭酸水」だ。炭酸水に生のレモンを絞っていれるだけだが、「レモンサワーを飲んでるみたいなんですよー! ぜひやってみてください」と満面の笑みだ。

そして、しまいには炭酸水メーカーの「ソーダストリーム」を入手する始末。だが、これがかなりの優れもの。一瞬にして強炭酸を作ることができ、それでA子に作ってもらったレモン炭酸水が美味なのだ! 「その場で作るので、居酒屋でサワーを出してもらってる気分になるんですよね(笑い)」というA子だが、確かにお酒を飲んでる感覚になるので、不思議だ。

ちなみに、お酒がどうしても我慢できないときは、糖質の少ないハイボールをチョイスしていたA子。完璧とは言えないつつも、昔の自堕落生活から抜け出し、ライザップ生活3か月で、58.8kgまで減量に成功! 目標まであと5kgだが、ここからが過酷な道のりで…。

●ライザップで体重-47.95kg、ウエスト-58.8cmの女性も!衝撃ビフォーアフター7人
●井上和香、ライザップで9.7kg減量!運動、食事などダイエットに成功した方法を語る

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事