【著者に聞く!】シリコンバレー式の“完全無欠ダイエット”を日本式に転換。お役立ち食材7つって?

17万部を突破するベストセラー、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(ダイヤモンド社)の著者であるデイヴ・アスプリーさんが来日。

DaveAsprey01

デイブ・アスプリーさん

体重140kgだったアスプリーさんは試行錯誤をして編み出した“完全無欠ダイエット”で、50kg以上の減量を達成。自身の経験について尋ねると、「最初の25kgよりも、残りの25kgを減らすほうがつらかった」と話す。

「体重が減っても、食べものへの飢餓感は太った状態のときのまま。だから、ダイエットでリバウンドするのは当然なんです。でも、MCTオイルを摂ると、これに含まれる中鎖脂肪酸がホルモンを痩せた体重に合わせて調整してくれるんです」(アスプリーさん。以下、「」同)

DaveAsprey03

“完全無欠コーヒー”の材料。写真手前から時計周りに、グラスフェッドバター、アスプリーさんが運営する「Bulletproof (ブレットプルーフ)」オリジナルのMCTオイル「ブレインオクタインオイル」、「ブレットプルーフアップグレードコーヒー豆」

ココナッツの抽出液であるMCTオイルは、ほぼ純粋な短鎖・中鎖脂肪酸から成る。これは脳の燃料となるケトン体に、ただちに転換されるのだとか。つまり、MCTオイルとグラスフェッドバターを加えた“完全無欠コーヒー”を飲むことで、厳しい食事制限や計画に従うことなく、いわゆる“ケトン体ダイエット”同様の効果を得ることができるそう。

DaveAsprey05

コーヒー、グラスフェッドバター、ブレインオクタインオイルをミキサーにイン

「“完全無欠コーヒー”は飢餓感を抑えてくれる上、脳の機能を増進させて、ハイパフォーマンスを実現してくれる。忙しくて必要以上のエネルギーをダイエットに費やしたくない人や、僕のような怠け者にぴったりのダイエット方法なんですよ(笑い)」

さらに、MCTオイルは睡眠中の脂肪燃焼も助けてくれる。でも、“完全無欠コーヒー”さえ飲めば大丈夫だと考えたり、これを食欲を抑えてくれる一食置き換えのスムージーのように扱ったりするのは間違い。“完全無欠ダイエット”でもっとも重要なのは「自分の体に健康な食材選びをスタートすること」と、アスプリーさんは言う。

DaveAsprey06

しっかり泡立つまでミックスすれば、「完全無欠コーヒー」のできあがり

「例えば、書籍では“グラスフェッドの牛肉”を完全無欠なたんぱく質として紹介しています。これが手に入ればもちろんベストですが、手に入らないのならオーガニックなど、それに準じる質のものでもOK。ちょっとでも体にいいものを摂ろう、と食材の質を重視して選ぶことが重要なんです」

とはいえ、書籍で紹介されている食材には、そもそも日本ではなかなか手に入れづらいものも。そこで、日本で簡単に入手ができる“完全無欠”な食材と、体にいい食材の判断基準を教えてもらった。

【日本式“完全無欠ダイエット”のオススメ食材6選】

グラスフェッドの牛肉や放牧豚肉をはじめ、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』で“完全無欠”と紹介されている食材の中には、日本では容易に手に入らないものも。そこで日本のスーパーなどで手に入れやすい食材からアスプリーさんにオススメを訊いた。

1)上質の脂肪分はマスト。入手しやすいのは「アボカド」

栄養価が高い動物性脂肪分は、もっともクリーンに燃焼できるエネルギー源。グラスフェッドバターやMCTオイルは少し入手が困難だけれど、通販サイトを利用すれば手に入れることができる。アスプリーさん自身が選んだ「ブレインオクタインオイル」(453g 2928円、907g5728円)も2016年10月から、楽天で販売をスタート。

中鎖脂肪酸の摂取量がMCTオイルには劣るけれども、ココナッツオイルも◎。グラスフェッドバターとどちらかのオイルが手に入れたら、“完全無欠コーヒー”を楽しんで。

いずれの食材もどうしても難しい…という場合には、容易に入手できるアボカドを。ただし炎症を引き起こす可能性がある「オメガ6脂肪酸」を多く含むので、「オメガ3脂肪酸」の摂取量を増やすことで調整を。また、加熱調理はしないように!

2)「緑黄色野菜」をたっぷり。オススメメニューは海藻サラダ

DaveAsprey07

写真/アフロ

アスパラガスやチンゲンサイ、キャベツ、レタス、ホウレンソウなど…緑色の野菜ならなんでも食べるべき。また、ミネラルや食物繊維をたっぷり含んだ海藻は、デトックスにも効果を期待できるから、さらにオススメ。レストランや居酒屋でメニューにあったら、ぜひ海藻サラダを頼もう。

3)「卵」は美容にもパフォーマンスにも◎

卵は、美肌や艶のある髪を作るという点でも、脳の機能をアップするという点でも役立つ食材。“完全無欠な料理法”では、生がいちばん。加熱する場合には、できるだけ軽く済ませて。ポーチドエッグあるいは柔らかいゆで卵がオススメ。

【残り3点と注意点を食材の判断基準をチェック!】

4)玄米よりも「白米」をチョイス!

DaveAsprey08

写真/アフロ

反栄養素や毒素が少ない白米は、実は玄米や黒米よりもヘルシー。良質の脂や抗酸化物質を含む天然物のシーフードと組み合せた鮨は、最高の完全無欠ダイエット食なのだとか。

5)おいしくヘルシーな「サツマイモ」

「サツマイモ」は、低毒素で、食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富。アメリカでは感謝祭のとき以外、なかなか食べない食材だけれど、日本には多様な調理法があるはず。普段の食卓にぜひ取り入れて。

6)大豆よりも「納豆」がベター!

DaveAsprey09

写真/アフロ

高タンパク質の「大豆」は、健康食材として人気。でも、“完全無欠ダイエット”の観点では、植物性イソフラボンがホルモンのバランスを狂わせかねない、とNG。

ただし、ヒスタミンなどの反栄養素が軽減される発酵食品は、摂取しても疲れを感じないようなら、食べてもよい。アスプリーさんがもっとも評価するのは、納豆。ただし、遺伝子組み換えの大豆を使用していないかには、注意を。

“本当に体にいい食材”か、判断する基準と注意点は?

なにかを食べてから飢餓感を2日ほど感じた場合には、その食材は自分にとってはNG。また、見た目がよい食材は、添加剤を加えている場合も少なくない。そうした食材を摂取すると、むしろエネルギーを低下させてしまうので、避けたほうが無難。

DaveAsprey11

Androidは4.0以上、iOSは8.0以上に対応

自分で判断するのが困難…と感じる人は、アスプリーさんが手がけた無料アプリ「Bulletproof Food Detective(完全無欠 フードディテクティブ)」を使ってみて。ウェアラブルデバイスなどで計測した食後1時間半以内の心拍と、食べたものを入力することで、自分に合わない食材をチェックすることができる。

「午後になると体調が悪いな…」「夜になると眠くて、目が開けていられないな」といった状態を自分の体の癖のように考えている人は少なくない。実はこれらも不調を訴える体からのサイン。その場合には、食事と体調の関係性をきちんと把握することから、健康なダイエットをスタートしよう。

写真/相澤裕明

デイヴ・アスプリー(Dave Asprey)

DaveAsprey02

IT起業家、マーケター、投資家、シリコンバレー保健研究所所長。現在はブレットプルーフ・エグゼクティブCEOを務める。シリコンバレーで成功するも肥満と体調不良に。自己実験に30万ドルを投じて心身の能力を向上させる方法を研究した集大成が『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(ダイヤモンド社)。その画期的なアプローチは、数多くのメディアで話題になり、いまやハリウッドスターからトップアスリートまで数々のセレブリティが実践している

関連記事