50代向けお手本のようなファッション!体型カバーなど簡単コーデテク6選

大好きだった服がしっくりこない──。アラフィフ世代に突然訪れる、何を着たらいいの?問題。厚みを増したカラダのせいなのか、ハリがなくなった肌のせいなのか…。この問題は、おしゃれが好きな人ほど、重症化しがちです。そこで、50才を過ぎても素敵な着こなしで話題の“ファッション賢人”を取材。この悩ましい時期をどう乗り越えたか、リアルな体験談&テクニックを聞きました!

おしゃれしたい気持ちが健康にもつながっていく

教えてくれたのは、61才の時、専業主婦から一念発起し、50代・60代の女性向けのファッション通販サイト『Jazz』を立ち上げた大山真沙子さん(67才)。

「“服が似合わない”悲しさって、その服が好き、着たい!という気持ちが残っているのに、諦めようとするからだと思うんです。私は年齢を重ねてもおしゃれしたい気持ちを諦めたくなくて、“何かをプラスしてカバーしよう”と思いました。たとえば外出しない日も、毎日お化粧をして、カラフルなスカーフで顔まわりを明るくする。ほかにもテレビを見ながら爪先立ちをしたりダンスをしたり。好きな服を着こなすための筋力維持を心がけています」

そう言ってチャーミングに笑う大山さんは、67才とは思えない姿勢の良さ。キッチンでは、スリッパがわりに室内専用のハイヒールを履いていたこともあるという。それもこれも、すべて“大好きな服を綺麗に着たい”という思いからだ。

「若い人向けの雑誌も含め、ファッション誌はほぼ全部チェックして、いいなと思ったものは積極的に取り入れています。おしゃれしたい気持ちが私の健康をつくっていると言えるかもしれませんね」(大山さん・以下同)

「メンズライクな着こなし」で女性らしさを際立たせて

ストライプのシャツにニット、スカーフ、デニム、コートを着た女性

下からシャツ見せ、やわらかなスウェード素材、スカーフのあしらい。ベーシックな着こなしに小ワザをきかせて

「メンズライクな着こなしはシュッとした印象と同時に女性らしさが際立ちます。スカーフを中に入れて明るさを出し、カーディガンの下からシャツを出して抜け感を。スウェード素材が入ったロングブーツならハードになりすぎません」

コート/リングヂャケット、シャツ1万2960円/JAZZ、カーディガン/ユナイテッドアローズ、ジーンズ/ユニクロ、ブーツ/ジャーナルスタンダード、スカーフ/マニプリ

※本企画で紹介する商品はすべて私物です。現在取り扱いがあるもののみ、記事内に価格を掲載しています。

ウエストマークできる「巻きスカートで目くらまし」

黒のタートルニット、ハイウエストのキャメルの巻きスカート、ショートブーツを合わせた女性の画像

首年齢をカバーするタートルニットに、大ぶりネックレスでポイントを。

「パンツ好きなかたが多いですが、実はスカートがおすすめです。ハイウエストの巻きスカートは、お腹まわりをカバーし脚長効果も」

ニット2万1800円/JAZZ、スカート/スコットクラブ、ブーツ/NT、ネックレス/グレースコンチネンタル

「ライダースに甘めワンピ」&エレガントなバッグを合わせて

白タートル、ライトグレーの膝丈ワンピースに黒ライダース、スカーフを合わせてバッグを手に持った女性

甘×辛ミックスが洗練見えのコツ。

「ライダースジャケットは強い印象のアイテムですが、ショート丈で上半身をコンパクトに見せる効果が。スカーフと、あえてのエレガントなバッグで堅くなりすぎない工夫を」。

ジャケット/プラステ、ニット・ブーツ/ZARA、ワンピース2万3800円/JAZZ、バッグ/ケイト・スペード ニューヨーク、スカーフ/アルテア

デニムジャケットをシャツがわりに、ボタンは上を留めるのが新鮮!

白パンツにスニーカー、Gジャンに紺のコートを着た女性

「デニムジャケットはシャツ感覚で重ね着。首元は閉め、下を開けるのが◎。コートを脱ぐとちょっと物足りないので、スカーフをプラスして」

コート4万2600円・パンツ1万5660円/JAZZ、デニムジャケット/ユニクロ、スニーカー/アディダス、ストール/アルテア

白パンツにGジャン、首にストールを巻いた女性

コートを脱いだら、スカーフで華やかさをプラス

定番のトレンチコートはこう着こなす!

黒のチェックスカートに白ニット、黒のショートブーツ、トレンチを着た女性

モノトーンコーデを合わせた上品マダム風

白タートルで顔色を明るく。

「かっちりした小物を合わせるとシックな印象に」

コート5万2600円・ニット2万1800円/JAZZ、スカート/トゥモローランド、ブーツ/ZARA、バッグ/ベルメール

大ぶりアクセと鮮やかスカーフで輝き&彩り

小さなイスにのせた複数のスカーフ

最後に、賢人の愛用品をご紹介。小物はブランドや価格問わず、買い揃えている。

「くすみがちな大人の顔まわりを華やかにしてくれる必須アイテム」

暗くなりがちな冬ファッションもキラリと目をひく。

大ぶりチャームのついたネックレス、イヤリング、バングル

 

撮影/平林直己

※女性セブン2020年2月27日号

●5つの金言!50代女性が似合うファッションを選ぶコツをプロが伝授
●50代以上におすすめプチプラコスメ|化粧下地、ファンデーションなど人気の17品
●50代に似合う髪型は?AI髪型診断で600通りのバリエからズバリ判定!
●50歳・武田久美子はなぜいつまでも美しくいられるのか?本人が秘密を公開!【美痩せインタビュー】
●マイナス10歳顔に!50歳“奇跡の美魔女”水谷雅子がフェイスラインをキープするかっさマッサージを紹介

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事