反メーガンで人気急上昇のキャサリン妃、おしゃれで品格あるファッション集

今年にはいってから、揺れに揺れているイギリス王室。ヘンリー王子とメーガン妃の突然すぎる“王室離脱”表明のニュースは世界中を駆け巡った。英国ではメーガン妃に「わがまま」「身勝手」とバッシングの声が広がるが、その一方で、メーガン妃とは対照的に伝統を守りながら夫のウイリアム王子と着実に公務を続けるキャサリン妃の人気が急上昇していると伝えられている。そこで、キャサリン妃の品格あるファッションをチェックしてみよう。

黒が華やかになるレースの魔法

キャサリン妃

写真/PA Images/アフロ

パラディウム劇場で行われたチャリティー公演で着ていたのは、黒レースのドレス。ドレスの一面に模様が描かれているから黒コーデでも十分華やか。スクエアネックも落ち着いた大人の魅力を感じさせた。クラッチバッグも同色で統一。脚や腕は隠しつつ、デコルテと背中を大胆に露出し周囲の視線を独占!(2019年11月18日)

→【仰天写真】メーガン妃とレティシア王妃のスカートかぶっちゃった!はコチラ

季節感を意識して「赤×緑」

キャサリン妃

写真/ロイター/アフロ

キャサリン妃は、季節に合わせてクリスマスカラーでコーディネート。赤のダウンに緑のニットを合わせた。ボトムは、インディゴブルーのデニムパンツ。デニムとはいえ濃い色だから、カジュアルすぎずキレイにまとまっている。タイトなシルエットで品もプラス。(2019年12月4日)

→スケスケも!メーガン妃の炎上ファッションはコチラ

母娘でかわいくお揃いコーデ

キャサリン妃

写真/Splash/アフロ

クリスマス当日は、一家で礼拝。ナポレオン風のグレーコートでお出かけ。首元と袖口のファーがコーデ全体をクラスアップさせている。ポイントは、帽子やクラッチバッグ、パンプスに取り入れたダークグリーン。グレーとの組み合わせで、エレガントに見せた。また、手をつないだシャーロット王女もダークグリーンのコートを着用。母娘のリンクコーデに英国中がほっこり。(2019年12月25日)

→ダイアナ元妃も!英王室のマタニティファッションはコチラ

フィットアンドフレアが定番

キャサリン妃

写真/PA Images/アフロ

2020年初の公務にチョイスしたのは、ミリタリーテイストのコート。シックなグリーンという色合いに加え、タイトなシルエット、スタンドカラーというカッチリコーデだ。ともあれ、ボトムはフレア。裾がプリーツになっていたり、ミディ丈で足首がのぞいていたりとレディ感たっぷりで、しっかり愛らしさを出していた。(1月15日)

→人前でキスも!メーガン妃の数々の”炎上行動”はコチラ

“輝き”を放つホストのコーデ

キャサリン妃

写真:代表撮影/ロイター/アフロ

バッキンガム宮殿で行われた「英国アフリカ投資サミット」の歓迎会では、赤をベースにスタイリング。クラッチバッグやパンプスも同色にして統一感を出した。露出を控えめにしているぶん、ドレスにあしらわれたスパンコールがギラギラと輝き視線を引きつけた。パンプスは光沢のないスエード素材で、派手色ながら脇役に徹するアイテムをチョイス。(1月20日)

→真っ赤なオフショルダードレスを着たキャサリン妃はコチラ

レアなブルーをチョイス

キャサリン妃

写真/Joanne Davidson/Camera Press/アフロ

ロンドン南部のストックウェル・ガーデンズ・ナーサリー(保育所)を訪問した際は、少しアクティブな装い。白ニット&黒スキニーに、黒のショートブーツを合わせ、上から青のチェスターコートを羽織った。今季のキャサリン妃はグリーンや赤がお好みのようだが、青もお似合い。ビビッドな色合いが印象的なコーデに。(1月29日)

→ライトブルーのドレスが清楚なキャサリン妃はコチラ

色だけでなく柄も統一して

キャサリン妃

写真/PA Images/アフロ

「第73回 英国アカデミー賞」では、「白×ゴールド」のドレスに袖を通した。フィットアンドフレアのシルエットとハイショルダーが、華奢なキャサリン妃をスタイルアップさせていた。ゴールドであしらわれた花柄を意識してか、アクセサリーも花をモチーフにしたものをチョイス。クラッチバッグはゴールドに。アイテムを色や柄でリンクさせるテクはお見事!(2月2日)

一足先にバレンタイン

キャサリン妃

写真/PA Images/アフロ

南ウェールズを訪問した際は、「ネイビー×赤」のメリハリカラーでコーディネート。ロングコートからチラッと見えるワンピースの袖や裾も赤で、この日も色の組み合わせはバッチリ。そんなコーデで一際目を引くのは、首に巻いたスカーフ。ハート柄が散りばめられていて一足先にバレンタインデーファッションを楽しんでいた!?(2月4日)

→即完売!メーガン妃が好んだロングコートはコチラ

最近のファッションをチェックしてみると、色を足しすぎず、1〜3色でまとめているのがわかる。これが控えめで上品に見せるポイントと言えそう。露出も多めで、“自分”を前面に出そうとするメーガン妃のコーデとは大違い? また、シチュエーションはもちろん、季節のイベントもしっかり意識しているところからは、ファッションを楽しんでいる様子が伝わってきた。英国でのキャサリン妃の存在感はますます高まりそうだ。

→女優やモデルたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事