低カロリーで楽しむバレンタイン!食べ応えたっぷりの「ビスコッティ」【市橋有里の美レシピ】

ヘルシー志向の高まりとともにグルテンフリーや低糖質の食品が増えた昨今、味や食べ応えなどにイマイチ納得できず、体にいいのはわかっているけど、なんとなく心が満たされない…と感じている人も多いのでは?

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

もっとおいしくて、食べることでよりキレイになれるようなスイーツが知りたい!ということで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、わがままな願いをすべて叶えてくれる、夢のようなヘルシースイーツを聞きました!

食べてキレイになるスイーツで心の底から満たされたいライターFが徹底レポートします。

心まで満たしてくれるできたてヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

――最近はヘルシー系スイーツもたくさん出ていますけど、どうしても“我慢している感”があって、満たされないんですよね。

有里:おいしいものって、糖質や脂質を多く含むものが多いですからね。でも、ヘルシースイーツでもしっかり心を満たす方法がありますよ!

――どんな方法ですか?

有里:それは、手作りすること! 自分で作れば、できたての最高においしい状態を楽しむことができますよね。それに、どんな材料がどれくらい使われているかもわかるし、単においしいものを食べたというだけでなく、丁寧に体と向き合っているという満足感も得られると思います。

「おからビスコッティ」を作っているところ

――確かに、それはあるかも! でも手間がかかるものはなかなか作る気になれなくて…。

有里:大丈夫! とっても簡単に作れます。ちょっと小腹が空いたときやコーヒーのお供にもピッタリなスイーツですよ。

――簡単なものなら私にも作れそう。楽しみです!

《材料》(2人分)

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」材料

生おから…100g メープルシロップ…大さじ2 砂糖…大さじ2 卵…1個 薄力粉…20g オートミール…20g(シリアル20gでもOK) ベーキングパウダー…小さじ1 ※お好みでチョコレート

《作り方》

【1】 ボウルにすべての材料を入れて、よく混ぜておく。

「おからビスコッティ」を作っているところ

【2】 オーブンを180℃に予熱しておき、耐熱皿(オーブンのプレート)にオーブンシートを敷いて【1】をなまこ型に成形して20分ほど焼く。

【3】 【2】が焼き上がったら、あら熱をとり、1cmほどにスライスして160℃で30分焼く。

ただヘルシーなだけじゃない! おからスイーツのメリット

「おからビスコッティ」を作っているところ

――最近は、おからパウダーを取り入れてダイエットに取り組んでいる人も多いですよね。

有里:そうですね。おから=ヘルシーということは、多くの人に認知されていると思います。でも、おからのメリットはヘルシーさだけでなく、栄養が豊富で、食べることでさまざまな効果を期待できることなど、いろいろあるんです。

「おからビスコッティ」を作っているところ

――確かに、おからは栄養価が高そうですね。

有里:豆腐の副産物であるおからは不溶性食物繊維が豊富だから腸内環境を整えてくれるし、老廃物などをしっかりデトックスすることで、美肌効果も期待できますからね。

――デトックスも美肌も、女性にとってすごく魅力的な効果ですよね。

有里:そうですね。それに、たんぱく質が豊富なのも魅力。ダイエット中はどうしてもたんぱく質が不足しがちですが、たんぱく質は体に欠かせないものなので、ヘルシーで高たんぱくな大豆製品はダイエットの必需品と言えます。

「おからビスコッティ」を作っているところ

――それだけいろいろなメリットがあるおからを使って手作りするスイーツなら、心の底から満足できそう!

有里:仕方なくカロリーが低いものを選ぶという姿勢だと楽しくないけれど、キレイになるために体によいものをという前向きなスタンスで選択すれば、より心も満たされるし、美容効果も上がりそうですよね。

――本当にそうですね。どう行動するかだけでなく、どんな気持ちで行動するかもポイントですね。

噛めば噛むほど健康に!? 唾液と免疫力の関係

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

――このビスコッティ、とても食感がよくて、おからのモサモサ感がまるでないですね?

有里:そう! だから食べやすいですよね。今回は生おからとオートミールを使って作りましたが、ドライおから20gと水80ccでも同じように作れます。オートミールもシリアルなどで代用できますが、ブランフレークのような歯ごたえがあるものがおすすめです。

――歯ごたえがあるから、満腹感も得やすいですね。

有里:そうですね。それに、よく噛んで食べることで唾液の分泌が促されると、健康上のメリットもたくさんあるんです。

「おからビスコッティ」を作っているところ

――例えば、どんな?

有里:唾液には、免疫物質や消化酵素などが含まれていて、食べものの消化吸収を助けたり、むし歯や歯周病の予防に役立ったりします。その他、活性酸素や発がん作用を抑える“ペルオキシターゼ”というたんぱく質も含まれているそうですよ。

――噛むことって、とても大切なんですね。

有里:その通りです。食事にかける時間が減ったことや柔らかいものを好むようになったことで、現代人は咀嚼の回数が昔に比べてとても少なくなっています。

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

ダイエットのついででもいいので、たまには咀嚼回数を意識しながら、こうした歯ごたえのあるものを、ゆっくり時間をかけて味わってほしいですね。

――なるほど。材料や調理法だけでなく、食べ方にも美容や健康に効果的な方法があるのですね。これからはよく噛むことをもっと意識していきたいと思います。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

市橋有里がレシピ考案したヘルシースイーツ「おからビスコッティ」

有里:こちらこそ! ちょっとお腹が空いたときや仕事の合間などに手を汚さずに食べられて、美容や健康に効果的な要素がたっぷりのおからビスコッティは、常備菓子にピッタリ! チョコレートが苦手な人へのバレンタインギフトにも“アリ”だと思います。

* * *

チョコレート

この時期にはチョコレートソースを添えて楽しむのもアリ!

ヘルシーなのに食物繊維やたんぱく質が豊富な大豆。材料を混ぜ合わせ、成形して焼くだけで簡単に作れるおからスイーツは、ダイエット中の人はもちろん、手軽に栄養を補いたい人や体にやさしいスイーツで心まで満たされたい人にもピッタリ。

作るのはあっという間でも、食べるときには一口一口じっくりよく噛んで味わいたいですね。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●バレンタインはヘルシーに!糖質・脂質大幅カットの旨すぎるブラウニー【市橋有里の美レシピ】
●ある材料でカロリー大幅減!?食べすぎOKな絶品ティラミスの作り方【市橋有里の美レシピ】
●無敵のダイエット&ビューティースイーツ!グルテンフリーの「さつまいもとりんごのパテ」【市橋有里の美レシピ】
●生理中の不調にお悩みの人に!極旨スイーツ「レアチーズ豆腐」【市橋有里の美レシピ】
●美肌と風邪予防に役立つ秋の最強果物とは?簡単&時短「ブランマンジェ」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事