髪の毛がペタンコになるのを直すには?など「ペタ&パサ老け髪」8つの悩みを解決!

そろそろヘアカットに行きたいけど忙しくて行けない…そのせいか、なんだか髪がペタっとして、パサパサして老けて見える。鏡に映った自分の髪にがっかりしていませんか? わざわざ美容院へ行かなくても、つやうるの髪が復活するテクニックを髪のプロが伝授。お悩み別にQ&A形式でプロがアドバイスします。ほんの少しのケアで若見えヘアスタイルが手にはいっちゃいますよ!

Q:パーマが落ちかけで髪がペタッとなります

A:ハリのある髪に見せる“ひし形シルエット”を作って

ペタっとした髪をアレンジした前後の女性の写真

毛先が広がって頭頂がぺたんこになりがちな伸びかけヘアもひと手間でこんなに若々しく!

髪が伸びてパーマが落ちかけてくると、毛先が広がり、頭頂がぺたんこになり四角いシルエットに。

「パーマが落ちかけたショートヘアは、ひし形のシルエットを作ると、ハリのあるスタイルがよみがえります。毛先をあごの輪郭に向けてタイトにまとめ、頭頂はふっくら高さを出して」(ヘア&メイクアップアーティスト・増永剛大さん)

◆襟足はタイトに、トップは少量をつまんで空気を入れる

【1】バームを1円玉大手にとり、内側から毛先になじませ、襟足を外側から押さえる。

毛先を両手の先で整えている女性

【2】ハチ上の髪を少量持ち上げ、空気を入れながら残りのバームを毛先につける。

両手でハチ上の髪を持ち上げている女性

Q:前髪がぺしゃんこになって分け目が目立ちます

A:カーラーで根元から立ち上げると目立ちにくい

前髪をカーラーで巻いている女性

前髪を真上に引っ張る。毛先から根元に向かってカーラーを巻き、根元にドライヤーをあてる。

「カーラーを使って前髪をふんわりさせることで解決。ポイントは、前髪の根元を立ち上げながらカーラーを巻くことです。前髪に立体感が出ると、分け目が目立たなくなります」(トータルビューティークリエイター・川邉ちがやさん)

Q:パサついた髪を即しっとりさせるには、何をつけたらいい?

A:前日はお風呂でトリートメント、当日はシアバターで油分補給

「外出の前日、お風呂の中で髪に栄養を与える集中トリートメントを行い、当日はシアバターなどで油分を与えて。髪は皮膚と違って自己再生能力がないので、外からのケアが必須です!」(増永さん)

◆トリートメントは髪質によって選ぶ

硬い髪にはクリーム状のヘアマスクが最適。柔らかい髪はヘアオイルを使うと重くなり過ぎずに保湿できる。

・髪が硬い人は…ヘアマスク

・髪が柔らかい人は…ヘアオイル

・天然素材の油性アイテムでうるおいアップ!

外出前は、ハンドクリームにもなるシアバターやオイルなど、天然素材のアイテムで髪に優しく油分をプラス。適量は1円玉大程度。

Q:翌日、髪がうるおうトリートメントのつけ方は?

A:くしでとかしてトリートメントを髪全体にいき渡らせる

トリートメントをくしでとかしている女性

「トリートメントを手にとり髪の生え際から手ぐしで塗布後、大きめのくしでとかしてムラなくなじませます。髪全体に有効成分をいき渡らせることで、うるおいのあるしっとりした髪に」(毛髪診断士・本山典子さん)

Q:髪が伸びたせいか、夕方ペッタリに…

A:リンスをしっかりすすぐこと

シャワーでリンスをしっかり流している女性

「リンスやトリートメントのすすぎが甘いと、髪がペッタリしやすくなります。時間をかけて丁寧にすすぎ、リンスの油分を頭皮に残さないようにしましょう」(本山さん)

Q:髪が伸びると老けて見えるのですが…

A:顔から髪を離すと若々しく

つやのある髪をみせている女性

くせ毛だという川邉さんは、一度ストレートアイロンでツヤを仕込んでから、ヘアアイロンで巻いているそう。「年齢を重ねたら、ひと手間は必要だと思うんです」

「髪が伸びっぱなしだと、顔にかかって、顔色が悪く、老けて見えます。若々しくしたいなら、どの髪型にも共通していえるのが、髪を立ち上がらせて顔から離すこと。元気よく見えますよ」(川邉さん)

Q:髪にツヤを出すには?

A:温冷ドライヤーが効果的!

温冷のドライヤーを交互に当てている女性のイラスト

「髪を乾かす時に、ドライヤーの温風と冷風を交互に使うのがコツ。仕上げに髪に沿わせて冷風をあてると髪のキューティクルが整えられ、髪にツヤが出ます」(本山さん)

Q:髪が伸びて分けグセが目立つのですが…

A:乾かす時に根元から立ち上げるようにドライヤー

「洗髪後のドライ時、毛流れと逆方向に下から上へ乾かすと髪の根元が立ち上がり、分けグセを解消できます。8割ほど乾いたら、ブラシを通しながらドライヤーをあてるとより効果的」(増永さん)

◆サイドは耳の上から頭頂へ向かって

サイドからドライヤーを当てている女性

ドライヤーを髪から10cmほど離し、耳の上から頭頂へブラシでとかしながら根元にドライヤーをあてる。

◆後頭部はぼんのくぼから頭頂に向かって

後頭部からドライヤーを当てている女性

頭を前に軽く倒し、首の後ろのぼんのくぼから頭頂へブラシを通しながら根元にドライヤーをあてる。

【プロの技】加齢臭を防ぐには耳の後ろとぼんのくぼをしっかり乾かす

「ドライヤーで最初に乾かしたいのが耳の後ろとぼんのくぼ。ここが濡れて菌が増殖すると加齢臭の原因に。完全に乾かし、清潔に保つことも大人のエチケット」(川邉さん)

教えてくれたのは

トータルビューティークリエイター・川邉ちがやさん
美容家の母・川邉サチコさんと共に「KAWABE LAB」を運営。ヘアメイク、ファッションのトータルアドバイスを行う。現在56歳。

ヘア&メイクアップアーティスト・増永剛大さん
ヘアサロンUn ami omotesando店長。扱いやすいヘアスタイルや自分でできるスタイリングの指導に定評があり、幅広い世代に人気。

毛髪診断士・本山典子さん
国際毛髪皮膚科学研究所代表理事。独創性に富んだ理論や施術が話題となり、国内外で高評価を得る。美容と社会を繋げる活動に尽力。

撮影/明賀誠、平林直己 イラスト/中村奈々子

※女性セブン2020年2月13日号

●髪がしっとり潤う!プロの仕上がりを再現できる優秀ドライヤー【山本浩未さんのメイクのメ】
●続々カット!佐々木希、北川景子ら美女7人のキュートなヘアスタイル写真
●大人のツヤ髪に仕上げるワザ|おすすめヘアオイルも紹介!【山本浩未さんのメイクのメ】
●高橋真麻が新しい髪型に!イガリシノブ流で“ゆるふわ”、朝のヘアケア時短テクも学ぶ
●正しいヘアケア術|シャンプーとトリートメントの順番、自宅でできる薄毛対策を伝授!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事