サンドイッチ、寿司、寄せ鍋など…意外と太る!食べ合わせ5組

太らないように選んでいるその食事、実は“太る食べ合わせ”かも!? 消化に負担がかからず、代謝を促す食べ合わせを推奨するローフードが美容と健康にいいと人気だが、実は、消化不良を起こして脂肪や老廃物を体に蓄積させてしまう食べ合わせがあるという。そこには、ヘルシーだと思っていた意外なメニューも…。

miyakoda_eriko

海外セレブの間でも大流行のローフード。写真提供/BESTOKYO

そこで、ローフードマイスターの都田恵理子さんが、ダイエットで避けるべき食べ物の組み合わせを解説する。

* * *

ローフードとは、野菜や果物を生で食べて酵素や栄養素を効果的に摂ることで、健康や美容、ダイエットにも効果が出るとされる食事方法。マドンナやテイラー・スウィフト、キャサリン妃ら英米セレブも取り入れていることで話題になった。

「ローフードでいちばん重要と考えられているのが消化です。消化には体の7割のエネルギーが使われていて、食事後に眠くなるのも消化にエネルギーを使っているサインなんです。食べた物はそのまま体に吸収されるわけではなく、消化をして、腸に運んで血液が作られて初めて細胞になりますが、その消化の過程で食べ合わせが重要になるのです。

食べたものを分解するために、体の中に約3000種類あるといわれる酵素が使われます。食べるものによって酵素の使い方が変わってくるので、消化が遅れると体にかなりの負担がかかったり、本来なら排泄と代謝に使われるべきエネルギーをほぼ消化に使ってしまうことで、体重が増えやすくなったり、体に支障が出てきてしまうのです」(都田さん 以下「」内同)

普段、何気なく食べているけれど、実は消化不良や代謝不良を起こす「避けるべき食べ合わせ」は、以下の5つのパターン。メニューを選ぶときにはご注意を!

【1】たんぱく質×でんぷん質

sushi_fotoco

写真/アフロ

食事例:卵サンド・チキンサンド・寿司・カレー・親子丼・牛丼

食べ物を分解して消化していく際に、たんぱく質は酸性の酵素を使い、でんぷん質は弱アルカリ性の酵素を使う。この異なる酵素が混ざることで消化器官に“混乱”が生じ、消化不良が起きる。消化不良のまま腸に送られた食べ物は長時間、未消化物となってしまう。ただし、たんぱく質でも消化に負担をかけない植物性ならOK。

「炭水化物や動物性たんぱく質の食事はみなさん好きだと思いますが、『消化』でみると避けたい組み合わせです。たんぱく質がでんぷんの分解を妨げ、食べ物が消化不良のまま、腸に送られてしまうのです。

通常は3時間程度の消化が進まず、最大72時間、体の中に滞在してしまいます。食べたら早く代謝に向かわせないと、脂肪も老廃物もたまって、便秘にもなります。これを避けるには時間差で食べるか、一緒に生野菜(食物繊維)を摂ると消化がスムーズに進むようになります。

外食が多い方は、さっとおいしく食べてしまいがちな丼ですが、丼物ではなく定食を選ぶといいですね。盲点はお寿司です。ヘルシーと思いきや、これもたんぱく質×でんぷんの食べ合わせ。食べるなら、野菜を巻いたお寿司にしたり、先に野菜を食べてからいただくことをオススメします。また、鶏ならヘルシーと思って選びがちなチキンサンドですが、一緒に野菜がサンドされているものを」

【まだまだある!NGな食べ合わせ】

【2】酸×でんぷん質

BLT_fotoco

写真/アフロ

食事例:BLTサンド・フルーツサンド・ピザ・パンとフレッシュジュース

この組み合わせでは、酸によって酵素が抑制され、でんぷんの消化が妨げられてしまう。まず酸のものを先に食べ、10分ほどあけてからでんぷんのものを食べることで防ぐことができる。でんぷんは野菜と相性がいいので、野菜と食べるのが◎。

「女性は野菜が摂れてヘルシーだとサンドイッチを選ぶ傾向にありますが、トマトは酸になります。まず口の中でトマトの酸によって唾液の酵素が抑えられ、パンのでんぷん質の消化が妨げられてしまいます。胃腸でも同じことが起こるので、消化が進まなくなることに。

コツは、まずトマトを食べた後にパンを食べること。ですから、サンドイッチを選ぶより、サラダを先に食べて、その後にパンを食べるほうがオススメです。

油を分解するから、と酢をかけてラーメンを食べる人がいますが、これも実は逆効果。ビタミンを摂るために果物を取り入れたパン朝食も実はNG。パンやサンドイッチを食べるときには、オレンジジュースなどのフルーツジュースを合わせるのを避けるべき。どうしてもというときは先にジュースを飲んで、間隔をあけてパンを食べましょう」

【3】糖分×でんぷん質

daifuku_fotoco

写真/アフロ

食事例:今川焼き・あんまん・白玉ぜんざい・大福・クリームパン

お菓子に多い、糖分が酵素の分泌を抑えてしまうNGの食べ合わせ。

「これも口の中から消化がはじまる組み合わせ。糖分が入ってくると舌の味覚を感じる神経シグナルが混乱して、酵素の分泌を抑えます。砂糖は消化を遅らせる上に、でんぷん質の影響で糖分自体の消化も遅れてしまうんです。

このように消化が滞ると、体の中で発酵やガスの発生が進んで、ビタミンB群を消耗するので、疲れやすくもなります。どうしても甘いものを食べたいときには、あんパンや大福は控えて、みつ豆や羊羹、チョコレートひとかけらやフルーツを選びましょう」

【4】たんぱく質×糖分

melon_fotoco
食事例:酢豚・生ハムメロン・ステーキの後にデザート・エビチリ・北京ダック・鶏の照り焼き・すき焼き

この食べ合わせでは、胃液の分泌が抑制され、たんぱく質の消化を阻害されてしまう。

「酢豚や生ハムメロン、スクランブルエッグとケチャップなど、こってりしてボリュームのある食事に多いこの組み合わせは、男性が好むもの。でも、糖分が胃液の分泌を抑制するので、お肉などたんぱく質の消化を阻害してしまいます。同様にステーキを食べた後の甘いものも避けましょう。

また、糖質制限でおかずだけを食べている人も少なくありませんが、鶏の照り焼きや北京ダックもこの食べ合わせになるのでご注意を。たっぷりの野菜と食べる生春巻きはOKです」

【5】複数のたんぱく質

buffet_fotoco

写真/アフロ

食事例:寄せ鍋・幕の内弁当・パエリア・BBQ・ビュッフェ

年末になるとイベントも多く、ビュッフェや寄せ鍋など、魚や肉など複数のたんぱく質を摂る機会は増えてくるもの。でも、たんぱく質はその種類によって消化の方法が異なる。そのため、一度の食事で複数のたんぱく質を摂るのは避けて。

「たんぱく質は種類によって消化の仕方が異なるので、肉や魚、卵を一度に食べるときには、野菜を召し上がってからにしましょう。さらに、肉か魚はどちらかひとつに絞ると、消化がスムーズです。つまり複数の料理を食べるときには、順番を考えながら。ベジタブルファーストで、卵も含めてたんぱく質は1種類に絞りましょう」

* * *

「これまではバランスよくたくさんの品目を食べることがいいとされていましたが、現在はそうではなく、体が消化や栄養の吸収をしやすい状態で食べることがいちばんと考えられています。果物、野菜、たんぱく質、炭水化物の順で食べると、消化が早くてスムーズ。この順番で食べてみると体が楽なのを実感できると思います」

これら5パターン全部をいきなり実践するのは難しい。男性なら丼(たんぱく×でんぷん)が多い、女性ならサンドイッチ(酸×でんぷん質)…など、まずは自分が選びやすい組み合わせを意識して変えるところからチャレンジを!

e_miyakdoa

 

監修:都田恵理子(みやこだえりこ)

オーガニックコスメ「do organic」プレス。ローフードマイスター。自身の体質改善のため、美味しさとヘルシーを両立した加熱調理をしない「ローフード」を実践し、1ヶ月で4kgの減量に成功。ローフードマイスターの資格やオーガニック&インナービューティーの知識を活かし、ワークショップや料理教室も開催。madameFIGARO.jp公式ブログ「オーガニックコンシャスな生活」

【関連する記事をチェック!】
高カロリーでも食べたい!罪悪感が減る食べ方のコツQ&A
糖質は摂りかた次第。ベストなダイエット食は「一汁三菜」
実はダイエットの妨げに。いますぐやめたい食の悪習慣7つ
“Bulletproof(完全無欠)”のダイエットレシピ6選
【体験レポ】痩せない理由を「ダイエット遺伝子検査」で解明!

関連記事