佳子さま、春めくフレアワンピで花咲く展覧会へ

秋篠宮家の次女・佳子さまが、咲き誇る花の中、春ファッションをお見せになられた。

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

1月31日、国内最大規模といわれる「第69回関東東海花の展覧会」に、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまとともにご出席。

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

佳子さまは、「何種類くらいの花があるんですか」などと尋ねながら見て回り、金賞を受賞した千葉県の南房総市の農家が2019年の台風19号で被災したことを聞き、「このかたは今どのように生産されているんですか」などと気遣われていた。

ツイードワンピの洗練スタイル

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

この日、佳子さまがお召しになったワンピースは、ツイード素材。佳子さまがご公務でよくお選びになる素材だが、厚みがあり見た目にも暖か。色は春を感じさせるライトなベージュや白が織り込まれていて、まだまだ冬本番だが、春のファッションも話題になるこの時期にぴったりのアイテムと言える。

→佳子さまの鮮烈ダッフルコートコーデはコチラ

1枚でスタイルよく決まるシルエット

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

佳子さまのワンピースは、膝丈のフレアで広がっている。このデザインのワンピースは、脚が細く見える効果が。さらに、ウエストに切り替えがはいっていると、脚長効果も生まれ、1枚でスタイルアップが可能だ。

→アナ雪をイメージ?眞子さま、佳子さまの“リンクコーデ”はコチラ

ツイード素材と控えめな肌見せで大人っぽく

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

フレアワンピースはともすれば幼く見えてしまうアイテム。だが、佳子さまのツイードワンピースはコンサバティブな雰囲気。トラッド感があり、大人の品格が感じられる素材なだけに、フレアワンピースでも落ち着いた印象を受ける。さらに、ジャンパースカートのようなデザインだとガーリーテイストが強めになるが、長袖かつ胸元の開き具合が控えめのデザインを選ぶことで、上品なオーラが漂う。

→佳子さまのベイクドカラーを効かせたコーデはコチラ

ヌーディーなワントーンコーデで軽やかな印象に

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

この日の佳子さまは小物もベージュで統一。白ベースのツイードワンピと合わせたワントーンコーデで、明るく軽やかな印象だ。さらに、肌色に近いベージュのパンプスは、脚をより長く見せてくれる。

第69回関東東海花の展覧会に出席された佳子さま

顔周りに配されたパールのネックレスやイヤリング、ワンピースのレフ板効果もあり、肌も表情までも明るく、佳子さまの白肌と笑顔が一層輝いていた。

→佳子さまのグレンチェックの洗練コーデはコチラ

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピース

→雅子皇后、令和元年のファッションダイアリー

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事