バレンタインはヘルシーに!糖質・脂質大幅カットの旨すぎるブラウニー【市橋有里の美レシピ】

今年もバレンタインシーズンがやってきました。ついつい街中にあふれるチョコレートの誘惑に負けそうになるけれど、体重やボディラインが気になる…という女性も多いはず!

市橋有里がレシピ考案した「おからブラウニー」

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんが、カロリーや糖質・脂質の摂りすぎを気にすることなく食べられて、バレンタインギフトにも最適なヘルシーチョコレートスイーツを伝授!

太るのは嫌だけど、年に一度のチョコレートのイベントをしっかり楽しみたいライターFが徹底レポートします!

おからのイメージを覆す!?しっとり食感の「おからブラウニー」

市橋有里がレシピ考案した「おからブラウニー」

――今年もチョコレートの季節がやってきましたね。

有里:はい。今年のバレンタインデーはどうしようかと考えたり、チョコレートを選んだりしていると、ついつい自分も食べたくなってしまいますよね。

――そうなんです! でも最近、チョコレートを口にする機会が増えたせいか、体重が気になっていて…。

有里:そんな女性はきっと多いでしょうね。そこで今回は、カロリーや糖質・脂質の摂りすぎを気にすることなく楽しめる、ヘルシーなおからを使ったブラウニーをご紹介したいと思います。

――ステキ! でも、おからって口当たりがよくないというか、モソモソしませんか?

有里:大丈夫! おからとは思えないくらい、しっとりした食感に仕上がります。それに、大豆やカカオから美容にうれしい効果のある栄養も摂ることができるので、“ビューティースイーツ”としてもおすすめですよ!

――それはすごい! 楽しみです。

《材料》(2人分)

市橋有里がレシピ考案した「おからブラウニー」材料

生おから…100g 牛乳…100cc 砂糖…60~70g 卵…1個 ココア…50g ベーキングパウダー…小さじ2 はちみつ…大さじ1 塩、くるみ…ひとつまみ

《作り方》

【1】 ボウルにすべての材料を入れ、よく混ぜておく。

「おからブラウニー」をボウルで作っているところ

【2】 オーブンを180℃に予熱しておく。

【3】 クッキングシートをしいた型に【1】を流し入れて表面を整え、オーブンで40分ほど焼いたら、型から出して冷ます。

ヘルシーなのに栄養満点!罪悪感ゼロのおからスイーツ

「おからブラウニー」をおからパウダーで作っているところ

――材料を混ぜて焼くだけで、とても簡単に作れるんですね。

有里:そうなんです。簡単、ヘルシー、そして栄養満点と三拍子揃っているのが、このスイーツの魅力。生おからを使うことで、バターを使わなくてもしっとり焼き上げることができますし、一般的なガトーショコラに比べて、糖質・脂質を大幅にカットしながら大豆の栄養を摂ることができます。

――それなら、罪悪感なく食べられますね!

有里:そう。むしろ、体が喜ぶスイーツになります。それに、おからというとモソモソした食感を連想するかもしれませんが、このレシピなら、しっとりなめらかに仕上がるので、ガマンしているという感覚もなく楽しめると思いますよ。

ボウルでおからパウダーで「おからブラウニー」を作っているところ

――確かに、おからと言われなければわからないかも! ちなみに、生おからが手にはいらないときはどうすればいいですか?

有里:生おからは豆乳を絞ったしぼりかすそのもので、水分が豊富であるがゆえに日持ちしないので、作ろうと思い立ったときに手元にないということもあるかもしれませんね。

そんなときは、ドライタイプのおからで代用できます。ドライのおからを使う際には、おから20gに対して80ccの水を加えてみてください。

おからパウダーとカカオを使って「おからブラウニー」を作っているところ

――ドライタイプのおからも、水で戻せば生おからと同じように使えるのですね。

有里:その通りです。大豆は食物繊維やたんぱく質だけでなく、ミネラルや腸内環境を整える大豆オリゴ糖なども豊富。料理やスイーツにおからを使うことは、カロリーを抑えるというだけでなく、不足しがちな栄養を補うという意味でも、とてもおすすめです。

――ヘルシーなのに栄養満点で一石二鳥ですね!

有里:はい。私も現役の頃から、毎日欠かさず納豆や豆腐などの大豆製品をとるようにしていて、飽きてきたなと思ったら、おからのスイーツを作って食べていました。

――罪悪感なく食べられるのもうれしいし、おからスイーツはいいことづずくめですね。

活性酸素の働きを抑えてキレイに!カカオポリフェノールの美容効果

カカオとおからパウダーを混ぜたもの

有里:チョコレートやココアの原料であるカカオには、美容や健康に効果的な成分が含まれているのを知っていますか?

――チョコレートはポリフェノールが豊富、というのは聞いたことがあります。

有里:そう。カカオにはカカオポリフェノールが豊富に含まれていて、活性酸素の働きを抑制し、肌の老化を防ぐアンチエイジング効果やアレルギー症状改善などの効果が期待できると言われています。

「おからブラウニー」を作っているところ。ナッツを入れている

――ということは、積極的にとったほうがいいということですか?

有里:摂取の仕方がポイントですね。お砂糖やミルクをたっぷり使ったチョコレートではあまり効果がないですし、糖質や脂質過多になってしまいます。美容と健康のためにチョコレートを食べるなら、カカオ70%以上のダークチョコレートがおすすめです。

「おからブラウニー」を作っているところ。型に入れている

――なるほど!

有里:ちなみに、今回のレシピでも無糖のカカオを使用して砂糖の量を控えめにしています。疲れたときなど、たまに甘いチョコレートやチョコレート菓子を楽しむのはアリだと思いますが、日常的に甘いチョコレートを食べるのは美容にも健康にもよいこととは言えないので、気をつけたいですね。

型に入れた「おからブラウニー」

――そうですね。甘いチョコレートやチョコスイーツは、おいしいけどカロリーや糖質が気になって、この時期あまりたくさんいただくと困ってしまうことも。

その点、おからブラウニーのようなヘルシースイーツなら、罪悪感なく食べられていいですね。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

有里:こちらこそ! 最近は男性も女性もヘルシー志向の人が増えているので、バレンタインデーのギフトにもカカオ分の高いチョコレートを選んだり、手作りするなら、このおからブラウニーのようなヘルシースイーツにしたりすると、相手の健康を気遣う気持ちも伝わって喜ばれるかもしれません。自分のためにも、本命にも義理チョコ、友チョコにも “アリ”だと思います!

市橋有里がレシピ考案した「おからブラウニー」

* * *

カカオは本来、ポリフェノール豊富で美容にも健康にも効果的な食品。上手に取り入れれば、さまざまなメリットがあります。

グルテンフリーで糖質・脂質を抑えたおからブラウニーなら、ヘルシーなのに大豆とカカオの栄養をしっかり摂ることができ、体も心も満たしてくれるはず。

バレンタインのギフトに、ちょっと甘いものがほしいときに、作ってみてはいかがでしょうか。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●ある材料でカロリー大幅減!?食べすぎOKな絶品ティラミスの作り方【市橋有里の美レシピ】
●無敵のダイエット&ビューティースイーツ!グルテンフリーの「さつまいもとりんごのパテ」【市橋有里の美レシピ】
●生理中の不調にお悩みの人に!極旨スイーツ「レアチーズ豆腐」【市橋有里の美レシピ】
●美肌と風邪予防に役立つ秋の最強果物とは?簡単&時短「ブランマンジェ」【市橋有里の美レシピ】
●デトックスに効果的な「芋」とは?風邪予防&美肌に”最強ポタージュ”【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事