佳子さま、知的で清楚な濃紺スーツで手話をご披露

秋篠宮家の次女・佳子さまが、披露された手話とともにその清楚な装いで注目を集めた。

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席。2007年から紀子さまが参加しているが、今回は佳子さまが単独で出席された。

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

佳子さまは式典で「長年にわたるご努力に心から敬意を表します」と手話を交えて挨拶をされた。その後、聴覚障害を抱える子供を育てた母親の体験談や全国聾(ろう)学校作文コンクールで入賞した高校生の発表を聞き、拍手を送られていた。

堅実さと高級感を両立させる濃紺スーツ

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

この日、佳子さまがお召しになったスーツの色は、濃紺。ネイビーと言えば、グレーやブラックと並ぶスーツの定番カラーで、その色の持つイメージは、誠実さや堅実さ、清楚感。そして高級感を与えてくれる色でもあり、佳子さまにぴったりの色と言える。

→佳子さまの鮮烈ダッフルコートコーデはコチラ

手話がはっきりと見えるよう配慮された!?

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

ネイビーは、肌の色をきれいに見せてくれる効果もあり、佳子さまの美肌が際立って見えた。さらに、胸元での手話もはっきりと見やすくなり、佳子さまのお心遣いが感じられた。

→アナ雪をイメージ?眞子さま、佳子さまの“リンクコーデ”はコチラ

パールアクセもいつもより控えめに

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

アクセサリーは、皇室ファッションではおなじみの、パールのイヤリングとネックレス。首元からのぞくネックレスは、よく身に着けてらっしゃる一連のパールではなく、1点パールの控えめなものをお召しになっていた。これも、華やかさよりも手話の見えやすさに重点を置いた、佳子さまのご配慮かと思われる。

→佳子さまのベイクドカラーを効かせたコーデはコチラ

“3首出し”がスタイルアップの秘訣

1月27日、東京・千代田区の憲政記念館で行われた「第42回聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」にご出席された秋篠宮家の次女・佳子さま

佳子さまのスーツをよく見ると、袖は折り返され、首元はノーカラーに加えV字に開いている。さらにボトムは、スカートで足首も見えており、体の細い部分である首・手首・足首の3首がきっちり見えることで、全体的にスリムな印象に。そして、佳子さまのポニーテールと胸元のVネックの効果が相まって、“小顔”が際立っていた。

→佳子さま、着映えする「トレンドカラー×素材」スタイルはコチラ!

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピース

→雅子皇后、令和元年のファッションダイアリー

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材、横田紋子

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事