佳子さま、都会的なグレンチェックの洗練コーデ

秋篠宮家の次女・佳子さまは、1月23日開幕した世界各地のキルトの作品を集めた展示会「東京国際キルトフェスティバル」(現在は終了)にご出席。

東京国際キルトフェスティバルに出席された佳子さま

この展示会は、18年前から毎年、東京ドームで開かれているもの。昨年まではお母さまの紀子さまが出席されてきたが、今年は佳子さまお一人で臨まれた。単身でのご出席は今回が初めて。会場には、世界各地のキルトの作品およそ1800点が展示され、佳子さまは式典のあと、関係者とともに作品をご覧になった。

シンプルコーデで洗練モードを盛り上げて

東京国際キルトフェスティバルに出席された佳子さま

グレンチェックジャケットは、タータンチェックなどのチェック柄と違い、シンプルかつ洗練された印象になるのが最大のポイント。だからこそ、シンプルなコーデにグレンチェックジャケットを取り入れると、ぐっと洗練された大人っぽい印象に仕上がる。佳子さまもグレーのスカートに、黒の靴とミニバッグというシックな配色にすることで、グレンチェックのジャケットがきれいに溶け込みこなれた印象に。

→佳子さまの鮮烈ダッフルコートコーデはコチラ

スカートや小物で女性らしさをキープ

東京国際キルトフェスティバルに出席された佳子さま

グレンチェックは都会的な柄だが、メンズライクなテイストでもある。佳子さまはスカートを合わせ、パンプスやミニバッグ、パールアクセで女性らしいアイテムを多用することで、全体的に女性らしさが勝るコーデにまとめられている。

→アナ雪をイメージ?眞子さま、佳子さまの“リンクコーデ”はコチラ

パールアクセでロイヤルムードをオン

東京国際キルトフェスティバルに出席された佳子さま

アクセサリーは、皇室ファッションの常連、パールアクセをお召しに。イヤリングと、ノーカラージャケットの首元からのぞくネックレスが厳かな皇室ムードをしっかりフォローしている。

→佳子さまのベイクドカラーを効かせたコーデはコチラ

黒小物とパイピングでスタイルアップ

東京国際キルトフェスティバルに出席され説j名を受けられた佳子さま

グレンチェックは、チェック柄の中でも線が細く遠目からだとなじんで見えてしまうため、メリハリ感は弱め。その点、佳子さまのジャケットは、中心にグレーのパイピングが施されたデザインで、“Iライン”をきっちり強調。さらに、靴やミニバッグ、皮手袋など小物を黒で揃えることで、引き締まった印象になり、スタイルアップが叶っている。

東京国際キルトフェスティバルに出席された佳子さま

佳子さまは、最優秀の「日本キルト大賞」に選ばれた広島県の永見州樹子さんの作品『慈雨の調べ』をじっくりと鑑賞し、永見さんに「厚みの違う生地を縫うのは大変ではないですか」などと尋ねられていた。

→佳子さま、着映えする「トレンドカラー×素材」スタイルはコチラ!

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピース

→雅子皇后、令和元年のファッションダイアリー

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事