納豆で“見た目年齢”が若返る!?毎日、おいしく食べられる「納豆タンタンスープ」【市橋有里の美レシピ】

新しい年の始まりに、「今年は今までよりもっとキレイになる!」と心に誓った女性は多いはず。でも、お正月ムードがすっかり消え去り、忙しい日々が戻ってくるにつれて、モチベーションが下がってきてはいませんか?

市橋有里がレシピ考案した「納豆タンタンスープ」

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんが、ほんの一手間で栄養価がグッとアップする、お手軽アレンジレシピを伝授! 今年はしっかり美容と健康の底上げをしたいライターFが徹底レポートします!

栄養も食べ応えも“増し増し”!納豆“オン”の魅力「納豆タンタンスープ」

市橋有里がレシピ考案した「納豆タンタンスープ」

――納豆をスープに!? 斬新なメニューですね。

有里:納豆のスープというと奇抜に感じられるかもしれないですが、食べてみると違和感がないどころか、坦々スープとの相性がよくてハマりますよ!

――確かに、ピリ辛の豚肉やねぎとの相性はとってもよさそう。

有里:食べると体の芯からポカポカになるので、体が冷えるこの時期にピッタリの一品です。

市橋有里がレシピ考案した「納豆タンタンスープ」を作っているところ

――でも、どうしてわざわざ納豆をトッピング?

有里:それはもちろん、納豆をのせることで栄養価が大幅にアップするから。どうせ食べるなら、美容や健康に効果的な栄養をしっかり摂りたいですよね。食感や食べ応えも増すので、私は普段からご飯だけでなく、いろいろなものに納豆を“オン”して食べていますよ。

――なるほど! 栄養たっぷり納豆のスープ、楽しみです!

《材料》(2人分)

市橋有里がレシピ考案した「納豆タンタンスープ」材料

豚ひき肉…100g 長ねぎ…1/2本 しめじ…1パック 豆腐…1パック 納豆…1パック 鶏がらスープの素…大さじ1.5 白練りごま…大さじ3~5 豆板醤…大さじ1~2 酒…大さじ2 水…150cc ごま油…大さじ1

《作り方》

【1】 長ねぎはみじん切りにしておく。

【2】 鍋にごま油大さじ1を入れ、【1】の長ねぎと豚ひき肉、しめじを炒める。

【3】 豚ひき肉にサッと火が通ったら、酒、水、鶏がらスープの素、豆板醤、豆腐を加えて2~3分ほど煮込み、火を止めてから白練りごまを加えてよく混ぜる。

【4】 【3】を器に入れて、よく混ぜた納豆をのせる。

乾燥しやすい季節の救世主!納豆パワーで内側からハリと潤いのある肌に

納豆

写真/アフロ

――ヘルシーなイメージの強い納豆ですけど、美容に効果的な栄養も含まれているのですね。

有里:実は納豆は、美容食としても注目が高まりつつあるんです。まず納豆には、肌を若々しく保つために欠かせないたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうちの18種類が含まれていて、”美肌の素”になってくれます。

――アミノ酸がそんなにたくさん!

有里:そう。それに、水分と油分のバランスをコントロールして、肌のコンディションを整えてくれるビタミンEも豊富です。

納豆

写真/アフロ

――内側から美肌に働きかけてくれるということですね。

有里:その通り。他に、健康な皮膚や髪、爪を育むのに欠かせないビタミンB2も豊富に含まれているし、積極的にとってほしい食品ですね。

――納豆ご飯は毎日続けられるか微妙だけど、こうしてスープにしたりすれば、ムリなく納豆を食べる頻度が上げられそうですね。

有里:継続するには、おいしいものを食べる楽しみや喜びが必要なので、飽きずに食べられるメニューをたくさん知っておくといいですよね。

――そうですね。今までスープに納豆をのせようと思ったことがなかったので、新しい食べ方を知って選択肢が広がりました!

豚肉やねぎと一緒に食べることで、疲労や毒素のデトックスにも

豚ひき肉

写真/アフロ

有里:体を健やかに保つためには、納豆のように栄養価の高い食材をとることも大切ですが、不要なものや有害なものをきちんと排出することも大切です。なので、今回のスープには、デトックス効果のある食材もいろいろと使ってみました。

――さすがです!

有里:疲れや有害物質など、体に溜めこみたくないものって、いろいろありますよね。

ねぎを炒めてるところ

――そうそう、それに便秘やむくみは美容の大敵ですしね。

有里:豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が含まれていますし、ねぎには有害なミネラルを無害化する働きがあるといわれています。そして、納豆には新陳代謝を促すカリウムが含まれているので、このスープを食べればデトックス効果も期待できますよ!

豚肉を炒めているところ

――ステキ! 今年は体内に不要なものを溜めこまないことを意識していきたいと思います。

有里:いいですね。汗をかいてさらにスッキリしたいときには、発汗作用のあるしょうがのみじん切りやすりおろしを加えたり、辛いものが苦手でなければ豆板醤の量を増やしてみたりするのもいいと思います。

――お好みで味を変えながら楽しめるのもうれしいですね。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

有里:こちらこそ! 栄養たっぷりで、美肌やアンチエイジングに効果的な美容食としても注目の納豆は、今回のスープはもちろん、焼きそばやお好み焼き、厚揚げなどにオンしてもおいしく食べられておすすめ。ほんの一手間で手軽に栄養を大幅アップできる「納豆のっけ」、“アリ”だと思います!

市橋有里がレシピ考案した「納豆タンタンスープ」

* * *

日々の生活の中で失われていくものと溜まっていくもの。健やかさや美しさを保つには、そのバランスを取ることがとても重要です。だからこそ、栄養をしっかり摂れて、デトックス効果もあるメニューを知っておいて損はなし!

納豆タンタンスープで、不要なものの排出と栄養チャージを上手に両立していきたいですね。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●納豆の美容効果は?「美肌&美髪」に効果的な食べる時間、食べ合わせ
●1品でデトックスと乾燥対策!女子力UPの無敵コンビ「アボカド納豆オムレツ」【市橋有里の美レシピ】
●納豆で花粉症を撃退!?アレルギー抑制&免疫力UPの「ヘルシー納豆餃子」【市橋有里の美レシピ】
●デトックスに効果的な「芋」とは?風邪予防&美肌に”最強ポタージュ”【市橋有里の美レシピ】
●最強のデトックス食材で正月太り撃退!簡単調理&アレンジ自在の「きのこペースト」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事