「ラクやせみそ汁」で2週間で-5.4kgも|「ラクやせダイエット」のやり方とレシピを紹介

減量中でも満足できる食事がしたい。そんな人にぴったりなのが、具だくさんで痩せ効果が期待できるみそ汁を食事に取り入れるだけという、医者考案のダイエット。

豆乳みそのお団子スープ

日本で初めて便秘外来を設立した腸のスペシャリスト・順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが考案した「長生きみそ玉」には、体を健康に導きつつ減量もできるといううれしい効果が詰まっている。80万部を突破した著書『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)に続く第2弾として、ダイエットにフィーチャーした『医者が考案した「ラクやせみそ汁」』(アスコム)が発売された。同書で紹介している「ラクやせダイエット」を実践したモニターには、2週間で-5.4kgという人も。

医者が考案した「ラクやせみそ汁」

そこで、なぜ「長生きみそ玉」を使ったみそ汁を飲むだけで、痩せることができるのかを解説。さらに、「ラクやせダイエット」のやり方も合わせて紹介する。

「長生きみそ玉」で痩せる5つの理由とレシピ

同書に掲載されている「オールインワンみそ汁」は、1品だけなのに物足りなさを感じないほどのボリューム。さらに咀嚼回数を意図的に増やす腹持ち抜群の具材を使っているので、満腹感も得ることができる。なにより、そのベースとなる「長生きみそ玉」の4つの材料、赤みそ、白みそ、玉ねぎ、りんご酢に「5つの痩せるカギ」がある。

長生きみそ玉の材料

【1】早食い、ドカ食い、間食を抑える

「オールインワンみそ汁」は、主食に必要な要素を1杯に凝縮した、いわば“全部入り”。しかも、主食+おかず+みそ汁の食事より炭水化物が少なめ。さらに咀嚼回数が増える調理法をしているので、食べすぎを防いでくれる。

【2】中性脂肪、内臓脂肪が減る

実験の結果、基本として使う「長生きみそ玉」自体に脂肪を分解する効果が認められたそう。また、赤みそに含まれるメラノイジンは、過剰に分泌されると「肥満ホルモン」と呼ばれるインスリンの働きを正してくれる。肌のキメを改善してくれる効果も期待できるので、美肌にも!

【3】太りにくい体質になる

玉ねぎに含まれるオリゴ糖やりんご酢のグルコン酸は、脂肪の吸収を防ぐ短鎖脂肪酸を生む善玉菌のエサに。短鎖脂肪酸が増えることで、腸内環境が改善されたり、腸内の炎症を予防したり、便秘の改善にもつながり、太りにくい体質に。

【4】血糖値の上昇がゆるやかになる

食事の際にまず「オールインワンみそ汁」を口にする、みそ汁ファーストを実践すると、血糖値の上昇がゆるやかに。また、りんご酢に含まれる酢酸も、血糖値の上昇抑制に一役買ってくれる成分。そのため、高血糖を予防したり、脂肪吸収の抑制効果が期待できる。

【5】自律神経のバランスと代謝の改善ができる

白みそには、ストレスを緩和する働きのあるGABA(ギャバ)が含まれている。さらに玉ねぎに含まれるケルセチンは、弾力のあるしなやかな血管にする効果も。ストレスが緩和され、血管が若返ると、自律神経のバランス改善や代謝改善、肌荒れや冷え性解消にも効果が期待できる。

●「長生きみそ玉」の作り方を動画でチェック

《材料》(10杯分)
赤みそ…80g 白みそ…80g 玉ねぎ…150g(約1個) りんご酢…大さじ1

→「ラクやせみそ汁」の素「長生きみそ玉」の作り方を写真で見る

「オールインワンみそ汁」の作り方

「オールインワンみそ汁」はその名の通り、食物繊維、たんぱく質、炭水化物をたった1杯で摂ることができるみそ汁。炭水化物はダイエットには禁物と思いがちだけれど、健康的に痩せるために実は必要な栄養素。「オールインワンみそ汁」のレシピは、一般的な食事でとるよりも少ない適正な量で、その分、食物繊維やたんぱく質を多く摂ることができるように工夫されている。

そんな「オールインワンみそ汁」のベーシックなレシピとして紹介する、「まめまめとろとろ もち麦ライスみそ汁」は、1人分あたり239kcalで、11.3gの食物繊維を摂ることができる。

「まめまめとろとろ もち麦ライスみそ汁」

料理制作/田村つぼみ

《材料》(1人分)

長生きみそ玉…1個 もち麦(乾燥)…大さじ2(26g) スライスベーコン(1cm幅)…1枚 玉ねぎ(1cm角)…1/4個 セロリ(1cm角)…1/2本 ミックスビーンズ(蒸し)…30g トマトジュース(無塩)…200ml 塩…小さじ1/4弱 こしょう…少々

《作り方》

【1】鍋に水400ml(分量外)を入れ、ふたをしてひと煮立ちさせる。スライスベーコン、玉ねぎ、セロリ、もち麦を加え、鍋のふたを少しずらした状態にし、弱めの中火で約15分、もち麦に火が通るまで煮る。
【2】【1】にミックスビーンズ、トマトジュースを加えてひと煮立ちしたら1~2分煮る。火を止め、みそ玉、塩、こしょうを加えて味を調える。好みでドライパセリを振る。

《ポイント》

健康志向の高まりで大人気の食材、もち麦。水溶性の食物繊維が白米の25倍も含まれており、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる。

「ラクやせみそ汁」ダイエットの進め方8か条

「オールインワンみそ汁」を作ったら、ラクやせ効果を高める進め方と心得をチェックして、「ラクやせみそ汁」ダイエットをスタートしよう。

【1】最初の1~2週間は「オールインワンみそ汁」を1食置き換え

【2】みそ汁ファーストを心がけ、血糖値の急上昇を防ぐ

【3】とにかくよく噛んで満腹中枢を刺激する

【4】ストレスを感じないようゆっくり楽しく作る

【5】生活のルーティーンに組み込み1日1杯を習慣にする

【6】夕食は20時までを目標に、なるべく規則正しい時間に食事する

【7】好みの食材でアレンジしてストレスになるのを防ぐ

【8】適度な運動でダイエット効果をさらにアップ

「ラクやせみそ汁」生活を始めたら、まず1日3食のうち1食を「オールインワンみそ汁」に置き換えてダイエットを進める。「オールインワンみそ汁」を1~2週間ほど続けていると、ある一定のところで体重の減り幅が少なくなってくるはず。それを目安に、1食のうち1品を「ラクやせみそ汁」「ラクやせみそおかずレシピ」に変えることで、ダイエットを始める前よりも、満腹感が早く訪れるように。

また、レシピ通りに作らなければという考えがストレスになることもあるので、少しばかりのアレンジは加えてもOKとのこと。

「長生きみそ玉」アレンジレシピ「バンバンジー風」

「長生きみそ玉」アレンジレシピ「バンバンジー風」

料理制作/田村つぼみ

「ラクやせみそ汁」ダイエットを始めて2週間以降のおかずとして活躍してくれる「ラクやせみそおかずレシピ」から、「バンバンジー風」をピックアップ。たんぱく質豊富な鶏むね肉で、筋力アップにも期待できる1品。1人分あたり145kcal、食物繊維量は3.1g。

《材料》(2人分)

長生きみそ玉…1個 サラダチキン(プレーン)…1パック(110g) きゅうり…1本 トマト(厚さ1cmの半月切り)…1個 長ねぎ(みじん切り)…10g しょうが(みじん切り)…1/2かけ
【A】白ねりごま…小さじ2 砂糖…小さじ1/2 酢、しょうゆ…各小さじ1

《作り方》

【1】サラダチキンは手で割いてほぐす。きゅうりは全体をたたいてやわらかくし、食べやすい大きさにちぎる。
【2】タレを作る。耐熱容器にみそ玉を入れ、電子レンジで20~30秒加熱して溶かす。ねぎ、しょうが、【A】を加え、混ぜ合わせる。
【3】器に【1】を盛り、【2】をかける

●金スマで話題!1日1杯“痩せるみそ汁”レシピ|医者が考案した長生きみそ汁で腸活ダイエット
●3.5kg減も!『金スマ』で注目の「長生きみそ汁」から痩せるみそ玉レシピ&みそ汁3選
●超簡単!長生きみそ汁ダイエット|たんぱく質たっぷり”豆乳味噌汁”レシピ
●”長生きみそ汁”でおかず味噌汁ダイエット!乳酸菌豊富「豆腐とキムチのみそ汁」レシピ
●超ズボラでも痩せられるってホント?『1日4ページだけ30日間ダイエット』の著者を直撃!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事